介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

187,364件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

介護保険制度で受けることが出来る介護サービス

imasia_2543751_S

日本では、国民は40歳から被保険者として介護保険に加入します。65歳以上の人は、市区町村から介護が必要だと認定(要介護認定)された場合、いつでも介護保険サービスを受けることが可能です。介護保険制度は、税金と保険料で運営されています。その保険料を収めるのは、被保険者である40歳以上の人です。

介護は、誰もがいずれ必要とする可能性があるものでしょう。その負担をサポートし、高齢者やその家族を社会全体で支えるのが介護保険制度です。運営者である市区町村を「保険者」、介護が必要になった際にサービスを受ける人を「被保険者」と呼びます。

さまざまな介護サービス

介護保険の適用を受けて利用できるサービスは、大きく分けて以下の5つに分類されます。

  • 1.自宅で受けるサービス
  • 2.通所により受けるサービス
  • 3.短期入所により受けるサービス
  • 4.施設入居により受けるサービス
  • 5.介護用具の購入補助や貸与

なお、要支援の認定を受けた人は「予防給付」のサービスを、要介護の認定を受けた人は「介護給付」のサービスを利用可能です。それぞれ具体的にどのようなサービスなのか、その内容についてご紹介しておきましょう

1.自宅で受けるサービス(訪問介護など自宅で利用するサービス)

訪問介護サービスは、自宅で生活する高齢者を訪問して、食事や排せつ、入浴などの介護を行うサービスです。その他にも、掃除や買い物などの生活支援も行います。

2.通所により受けるサービス(デイサービスなど通所利用サービス)

デイサービスの利用は、自宅にこもりがちな利用者(高齢者)の孤独感を解消し、心身機能の維持にも繋がります。また、仕事で忙しい家族の介護負担軽減を目的としており、利用の際には施設からの送迎もあるため、家族の負担を軽減することができるでしょう。

3.短期入所により受けるサービス

ショートステイなどがこれに該当し、利用上限は連続30日間とされています。利用ケースとしては、介護者である家族が病気になったり出張などで家を空けたりする場合や、家族の介護負担軽減を目的としても利用されることがあります。

4.施設入居により受けるサービス

特別養護老人ホームなど、施設へ入居して利用するサービスです。家庭の事情などにより施設への通所が困難な場合には、施設へ入居て介護を受けることになります。施設には「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」などがあり、特別養護老人ホームは食事や排泄、入浴などの介護を受けられます。

5.介護用具の購入補助や貸与

車いすやスロープ、介護ベッドなどのレンタルや、バリアフリー化するための住宅改修費用の補助などがこれにあたります。

尚、介護サービスの利用にあたっては、まずケアマネージャーがケアプランを作成します。このケアプラン作成も、介護保険により提供されているサービスです。