介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

197,368件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

介護療養型医療施設(介護療養病床)とは 特徴と探し方

介護療養型医療施設(介護療養病床)とは、病状が安定しているものの、医学管理下での療養が必要という方を対象に、食事や排せつなど日常生活の介護だけでなく、医療的なケアやリハビリテーションなどのサービスを提供する施設です。介護保険が適用されます。

医療面でのサービスが充実しており、ターミナルケアや看取りにも対応しています。

img_sinfo_intro

目次

介護療養型医療施設の基礎知識
介護療養型医療施設のサービス内容
介護療養型医療施設のサービス費用
介護療養型医療施設のよくある質問

介護療養型医療施設(介護療養病床)の基礎知識

介護療養型医療施設(介護療養病床)、こんなときに!

・長期にわたる療養(医療と介護)が必要
・医学的管理下における介護が必要
・安心できる施設でターミナルケアや看取りをお願いしたい

介護療養型医療施設(介護療養病床)の利用対象者は?

下記の条件に全て当てはまる方が対象となります

・要介護(1~5)と認定された方
40~64歳までの方については、要介護状態となった原因が16種類の特定疾病による場合が認定の対象となります。

・病状が安定期にあるものの、胃ろうやカテーテルなどの医学管理や長期の療養を必要とする方

介護療養型医療施設(介護療養病床)の費用は?

ひと月(30日)あたり、どのくらいかかるの?

要介護3の方が、病院の療養病床(介護療養病床)従来型個室を利用した場合

11

※その他、日用品費や特別なサービスに対する加算などが別途かかることがあります
※居住費や食費は基準額で計算しています
※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)やサービス提供事業者、地域(市区町村)の区分などによって異なります
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある第1号被保険者は、自己負担割合が2割になります。

介護療養型医療施設(介護療養病床)はどうやって利用するの?

介護療養型医療施設(介護療養病床)を利用するまでの流れ

1.まずは利用したい施設を探しましょう

・担当のケアマネジャーに相談する

img_sinfo_step1担当のケアマネジャーに、今の介護状況や困っていること、どんなサービスを 使いたいのかなど細かく伝え、要望に合う施設を探してもらいましょう。サービス内容だけでなく、立地や周辺環境、利用料金などにも注意しましょう。

・自分で探す

ご自身で探す場合は、インターネットでの検索、または市区町村の窓口で 事業者の一覧をもらい、気になる施設に連絡してみましょう。

img_sinfo_step_arrow

2. 見学に行きましょう

img_sinfo_step2条件に合う施設を見つけたら、まずは見学に行き、実際の施設の雰囲気や食事の内容を見たり、実際に利用している方やスタッフさんとお話して、ご利用者さまにとって適した環境であるかどうかを確認することが大切です。

施設によっては体験をさせてくれるところもありますので、迷ったら体験をしてみるのも良いでしょう。

img_sinfo_step_arrow

3. 契約しましょう

img_sinfo_step3見学して気に入った施設を見つけたら、事業者と直接契約を結びます。契約時は「契約する時の注意点」に気をつけ、疑問に思うことは積極的に質問をしましょう。

契約時に必要なもの

  • 契約書
  • 契約者の戸籍抄本
  • 契約者の住民票
  • 契約者の印鑑証明、実印
  • 身元引受人の印鑑証明、実印
  • 契約金振込み証明書
  • 身上書
    (経歴、趣味、健康状態など)

※上記の流れは、サービス提供事業者やご利用者さまの状況によっても異なります 

介護療養型医療施設(介護療養病床)のサービス内容

介護療養型医療施設(介護療養病床)のサービス例

身体介護

食事、排せつ、入浴などのお手伝い
買い物や洗濯などの生活支援サービスについては、手厚いとはいえません

img_sinfo_service01

機能訓練

日常生活動作のリハビリテーション

img_sinfo_service03

医療および医学的管理

img_sinfo_service03

ターミナルケア

痛みの緩和や終末期医療など

img_sinfo_service05

※サービスの内容は、サービス提供事業者によって異なります
 詳しくはご利用になるサービス提供事業者にお問い合わせください

1日の流れ

介護療養型医療施設のサービスについては、重度の方が利用されていることが多いため、レクリエーションなどの娯楽活動は行われていない場合が多いです。

介護療養型医療施設(介護療養病床)のサービス費用

サービス費用  計算式

介護療養型医療施設(介護療養病床)の利用費は、
1日あたり=サービス提供費用+居住費+食費+その他(日用品費、各種加算など)です

img_sinfo_cost_calculations

※サービス提供費用は市区町村やサービス提供事業者によって異なります。上記はあくまでも目安の料金です

サービス提供費用  一覧

サービス提供費用は、施設や部屋のタイプ、要介護によって異なります

要介護度 / 部屋タイプ ごとの費用一覧(病院の療養病床の場合) 

要介護度 自己負担額(部屋のタイプ別)
従来型個室 多床室 ユニット型個室 ユニット型準個室
要介護1 641円/日 745円/日 767円/日 767円/日
要介護2 744円/日 848円/日 870円/日 870円/日
要介護3 967円/日 1,071円/日 1,093円/日 1,093円/日
要介護4 1,062円/日 1,166円/日 1,188円/日 1,188円/日
要介護5 1,147円/日 1,251円/日 1,273円/日 1,273円/日

要介護度 / 部屋タイプ ごとの費用一覧(診療所の療養病床の場合)

要介護度 自己負担額(部屋のタイプ別)
従来型個室 多床室 ユニット型個室 ユニット型準個室
要介護1 623円/日 727円/日 748円/日 748円/日
要介護2 672円/日 775円/日 797円/日 797円/日
要介護3 720円/日 825円/日 845円/日 845円/日
要介護4 768円/日 872円/日 893円/日 893円/日
要介護5 817円/日 921円/日 942円/日 942円/日

※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)や地域(市区町村)の区分などによって異なります
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある方は自己負担割合が2割になります

 主な加算費用一覧

項目 自己負担額
栄養マネジメント加算 14円/日
口腔衛生管理加算 110円/月
療養食加算 18円/日
在宅復帰支援機能加算 10円/日
サービス提供体制強化加算(Ⅰ) (Ⅰ)イ 18円/日
(Ⅰ)ロ 12円/日

※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)や地域(市区町村)の区分などによって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある方は自己負担割合が2割になります。

 用語の説明

従来型個室   :定員1名の完全個室タイプ
多床室     :1部屋に2名以上の大部屋タイプ
ユニット型個室 :個室+共同スペース
ユニット型準個室:準個室(仕切りなどで区切られた居室)+共同スペース 

初期費用について

介護療養型医療施設(療養病床)では、入居一時金などの初期費用は必要ありません。

廃止が決定している介護療養型医療施設(介護療養病床)

介護療養型医療施設(介護療養病床)は、医療や看護のケアを必要としていない方の入居も多いことや、医療保険の適用される医療療養病床との役割分担を明確にする必要があることなどから、2006年の医療保険制度改革/診療報酬・介護報酬同時改定により廃止が決定されました。

2012年以降、介護療養病床の新設は認められておらず、受け皿となる新しい介護保険施設の設置が求められています。
>>新たな介護保険施設「介護医療院」を創設。介護療養型医療施設の廃止はさらに6年延長へ

受け皿となる施設とは?

介護療養型老人保健施設(新型老健)

2008年の5月には介護療養病床の受け皿として、介護療養型老人保健施設(新型老健)が設置されました。ただし、まだまだ施設数は少なく、転換は十分に進められていません。

介護療養型医療施設(介護療養病床)と介護療養型老人保健施設(新型老健)、そして従来の老健の違いは、以下の通りです。


(クリックで拡大します)

介護療養型医療施設(介護療養病床)と比べると、医師の数は100床当たり1人と通常の老健と同じ割合ですが、1人当たりのスペースが広く、 医学管理を受けながら生活する場となります。

介護医療院

新しい受け皿として「介護医療院」が示されています。

これは
・「生活の場としての機能」を兼ね備えている
・日常的に長期療養のための医療ケアが必要な重介護者を受け入れる
・ターミナルケアや看取りも対応
といった特徴を持つ施設です。

介護報酬や人員配置、設置基準などについては、2017年度末までを目途に審議されます。

転換期限が6年延長へ

2017年度末(2018年3月)に転換期限を迎えるはずだった介護療養型医療施設(介護療養病床)ですが、6年間延長されることとなりました。2011年度に引き続き、2度目の延長です。

介護難民が出ることなく、転換が行われることが期待されています。

介護療養型医療施設(介護療養病床)のよくある質問

Q.メリットとデメリットは?

◎メリット

・介護老人福祉施設(特養)や介護老人保健施設(老健)に比べて、医療面での対応が最も手厚い施設
・重い介護度でも入居でき、ターミナルケアや看取りもお願いできる
・初期費用が必要ない

×デメリット

・医療面の人員配置などが手厚いこともあり、特養や老健に比べると利用料が高い
・ ベッドが空いておらず、入居したくても待機が必要となる場合がある
・生活の場ではなく療養の場であるため、レクリエーションなどがない
・廃止が決定されており、必要に応じて他施設に移る必要がある

Q.どのような退去条件がありますか?

A.施設によって異なりますが、問題行動や認知症症状の悪化などが挙げられます

img_sinfo_qa01介護療養型医療施設の退去条件は、対応できる医療処置の範囲や認知症の方の受け入れ態勢など施設によって異なります。また、問題行動がひどくなり周囲に迷惑をかけてしまうなどした場合、やむなく退去せざるを得ないことなどもあります。
退去の条件については、契約時に必ず施設の担当者に確認しておきましょう。

Q.サービス提供事業者を選ぶときに確認すべき点は?

A.ご利用前に下記のポイントを確認しましょう

立地、施設の雰囲気について

info_check1

・立地条件が希望に合っているかどうか
-家から近い(家族が会いにいきやすい など)
-環境が良い(緑が多い など)
-近くに日用品を購入できるスーパーなどがある

・衛生的な施設かどうか(掃除、消毒など)
・快適に生活できる環境かどうか(明るさ、室温、においなど)
・車いすの移動などに配慮したスペースがあるかどうか
・介護度が上がった場合、施設内転居ができるかどうか
・ご利用者さま同士の共有空間があるかどうか

施設や職員の雰囲気について

・職員の人柄(話し方、対応など)に好感をもてるかどうか
・職員の保有資格、または経験年数がどのくらいあるか
・職員と実際に利用している方のコミュニケーションが良好かどうか

 サービスについて

info_check3・食事について
-食事の内容、味が良いか
-個人に合わせた対応をしてくれるか
(例:糖尿病食、きざみ食、おかゆ など)
-スタッフがどこまでしてくれるのか
(例:自立支援のため、できる範囲はご利用者さま自身で行うなど)

info_check7レクリエーションについて

-ご利用者さまの趣味や嗜好にあったものがあるか
-利用料がかかるのか、かかるとしたらいくらか
-頻度はどのくらいか(定期的に行われているか など)

・病気など状態に変化が起きたときはどのような対応をしてくれるのか
・終末期のケア(ターミナルケア)は対応してくれるのか

 契約について

img_sinfo_step3・サービス内容や料金についての説明があるかどうか
・苦情の受付についての説明があるかどうか
・キャンセルの際の対応や料金の説明があるかどうか
・契約書、重要事項などの説明があるかどうか