介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

187,888件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

訪問看護とは 利用方法と選び方

訪問看護とは、主治医が「訪問看護サービスの利用が必要」と認めた方を対象としたサービスで、看護師や理学療法士など、主治医の指示に合わせて専門家がご自宅を訪問し医学的なお世話や処置を行います。

img_sinfo_intro

目次

訪問看護の基礎知識
訪問看護のサービス内容
訪問看護のサービス費用
訪問看護のよくある質問

訪問看護の基礎知識

訪問看護、こんなときに!

・退院後も自宅での医療管理が必要なとき(栄養剤の点滴が必要 など)
・自宅での療養生活におけるアドバイスがほしいとき

訪問看護の利用対象者は?

下記の条件に全て当てはまる方が対象となります

・要介護(1~5)と認定された方
40~64歳までの方については要介護状態となった原因が、16種類の特定疾病による場合が認定の対象となります。
※要支援(1~2)の方は介護予防訪問看護の対象となります

・医師から「訪問看護指示書」が出されている方

※65歳以上で介護保険の対象外の方のうち、主治医により訪問看護が必要だと判断された場合は医療保険にて訪問看護が受けられます

訪問看護の費用は?

1回あたり、どのくらいかかるの?

要介護(1~5)在宅酸素療法を行っている方が
指定訪問看護ステーションが提供する訪問看護1時間利用した場合

img_sinfo_cost_exam

※各種加算・・・サービス提供体制強化加算、緊急時訪問看護加算、特別管理加算Ⅱ(在宅酸素)
※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)やサービス提供事業者、地域区分などによって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある第1号被保険者は、自己負担割合が2割になります。

訪問看護はどうやって利用するの?

訪問看護を利用するまでの流れ

1. 担当のケアマネジャーにサービスの利用を相談しよう

img_sinfo_step1まずは担当のケアマネジャーに現状困っていることを伝え、訪問看護の利用を検討してもらいましょう。

2. サービスの利用が決まったら、ケアマネジャーがサービス提供事業者へ連絡をし、サービス提供の可否を確認します

連絡を受けたサービス提供事業者は、ご利用者さまの住所や介護状況などからサービスの提供が可能かどうかを確認します

img_sinfo_step2

3. サービスを提供してくれる事業者が決定したら、その事業者からご利用者さまの主治医へ訪問看護指示書の発行が依頼されます

サービスを提供することになった事業者は、ご利用者さまの主治医へ訪問看護指示書を依頼し、依頼を受けた医師は事業所宛に訪問看護指示書を送ります

img_sinfo_step3

4. 担当のケアマネジャー、サービス提供事業者の担当者と一緒にケアプランを作成します

ご利用者さまの状態や介護保険給付の限度額を考慮しながら、利用頻度やサービス内容など、ご利用者さまにとって最適なケアプランを作成します

img_sinfo_step4

5. ケアプランが完成したら、サービス提供事業者と契約し、サービスの利用開始です

info_check4ケアプランができたら、最後は事業者との契約を経てサービス利用開始となります。サービス利用開始日は、担当のケアマネジャーと事業者の担当者と話し合って決定されます
契約時の注意点はこちら

訪問看護のサービス内容

どんな専門家が診てくれるの?

訪問看護サービスは訪問看護師によるサービスだけを指すのではありません。
主に以下の資格をもった医療従事者がサービスを提供します。

・看護師、准看護師
・保健師
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士

具体的なサービス内容

健康状態の管理

img_sinfo_service01・バイタルチェック(血圧、体温、脈拍などのチェック)
・病状の観察
・精神面のケア

 

自宅でのリハビリテーション

img_sinfo_service02・関節の硬化を防ぐ運動
・日常生活動作の訓練(歩行、排せつなど)
・外出、レクリエーション
>>訪問リハビリテーションとは 利用方法と選び方
 

治療促進のための看護

img_sinfo_service03・医療機器や器具の管理
・服薬指導
・主治医の指示による処置や検査

 

相談

img_sinfo_service04・住宅改修や福祉用具導入に関する相談
・介護負担に関する相談
・健康管理、日常生活に関する相談

 

終末期の看護

img_sinfo_service05・痛みの緩和
・本人や家族の精神的な支援
・看取りの体制に関する相談
>>家庭での看取りをサポートする「訪問看護」 

※サービスの内容は、サービス提供事業者によって異なります
詳しくはご利用になるサービス提供事業者にお問い合わせください 

訪問看護のサービス費用

サービス費用  計算式

訪問看護の利用費は、1回あたり=サービス提供費用+その他費用(緊急時の加算など)です

img_sinfo_cost_calculations

※サービス提供費用は市区町村や事業者によって異なります。ここでの計算はあくまでも目安としてご利用ください 

サービス提供費用  一覧

20分未満

  指定訪問看護ステーション 病院・診療所
通常 310円/回 262円/回
夜間・早朝 388円/回 328円/回
深夜 465円/回 393円/回

 

30分未満

  指定訪問看護ステーション 病院・診療所
通常 463円/回 392円/回
夜間・早朝 579円/回 490円/回
深夜 695円/回 588円/回

 

30分~1時間未満

  指定訪問看護ステーション 病院・診療所
通常 814円/回 567円/回
夜間・早朝 1,018円/回 709円/回
深夜 1,221円/回 851円/回

 

1時間~1時間半未満

  指定訪問看護ステーション 病院・診療所
通常 1,117円/回 835円/回
夜間・早朝 1,396円/回 1,044円/回
深夜 1,676円/回 1,253円/回

 

緊急時訪問看護

指定訪問看護ステーション 病院・診療所
540円/月 290円/月

※夜間・早朝は通常の25%割増、深夜は通常の50%割増です
※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)やサービス提供事業者、地域区分などによって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある第1号被保険者は、自己負担割合が2割になります。 

主な加算費用一覧

内容 自己負担額
特別管理加算(1か月につき) (Ⅰ)500円/月
(Ⅱ)250円/月
ターミナルケア加算 2,000円

※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)やサービス提供事業者、地域(市区町村)等によって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある第1号被保険者は、自己負担割合が2割になります。

 

訪問看護のよくある質問

Q.メリットとデメリットは?

◎メリット

・自宅での療養によって、身体状況だけでなく、生活の質の向上にもつながる
・スタッフが医療経験者で構成されているので、病状の急変時にも対応できる

×デメリット

・掃除や買い物などの日常生活に関するお手伝いはできない 

Q.訪問介護と訪問看護の違いは?

A.医療行為を行えるのが訪問看護です

「訪問介護」の主なサービス内容は日常生活の自立支援なので医療行為を行うことができません。 それに対して「訪問看護」では在宅療養を充実させるためのサービスで、担当医の指示に従って診察や処置、医療器具の管理等、医療行為を行うことができます。

img_sinfo_qa01

Q.サービス提供事業者を選ぶときに確認すべき点は?

A.ご利用前とご利用中に下記のポイントを確認しましょう

ご利用前

●サービス提供者についてinfo_check5
・態度や言葉遣いが丁寧かどうか
・サービスや介護保険、医療についての知識があるかどうか
・周囲で利用している方からの評判が良いかどうか

●契約についてimg_sinfo_step3
・サービス内容や料金についての説明があるかどうか
・苦情の受付についての説明があるかどうか
・キャンセルの際の対応や料金の説明があるかどうか
・契約書、重要事項などの説明があるかどうか

ご利用中

●サービス提供者についてinfo_check6
・きちんと時間を守れているかどうか
・時間内に効率的にサービス提供を行えているかどうか
・ご利用者さまの体調に合わせてサービス提供を行えているかどうか
・プライバシーを守れているかどうか
・ヘルパー間の引継ぎがされているかどうか

●その他
・提供したサービスに関する請求書が正しく発行されているかどうか
・ご利用者さまがストレスなくサービスを利用できているかどうか
・サービスを利用したことにより、介護の負担が軽減したかどうか