介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

デイケア(通所リハビリテーション)のサービス内容

デイケア(通所リハビリテーション)とは

「通所リハビリテーション」とも呼ばれる「デイケア」は、老人保健施設・病院・診療所などの施設において、日帰りでリハビリテーションを提供するサービスです。利用者が自立した生活を送ることを目的として、「運動器機能の向上」「栄養改善」「口腔機能の向上」などを行います。

「デイケア」のサービス内容

身体機能

・筋力の維持
・体力の維持
・関節の拘縮予防
・褥瘡の予防   
・個別トレーニング指導  など

日常生活機能

・歩行練習
・「寝返る」「起き上がる」などの基本動作訓練
・「入浴」「トイレ動作」などの日常生活動作訓練  など

リハビリテーションを行う専門職

デイケアの施設に在籍しているのは、「医師」「看護師」のほか「理学療法士(PT)」「作業療法士(OT)」「言語聴覚士(ST)」などです。リハビリテーションの専門職は、主治医の指示のもとに「理学療法」「作業療法」「言語聴覚療法」を行います。また、「介護職員」が食事・入浴・排せつなど日常生活上のサービスを提供する施設も多くあります。

理学療法

体操・運動・マッサージ・電気・温熱などの物理的手段を加える療法

作業療法

手芸・工作・日常生活の動作などさまざまな作業活動を手段とする療法

言語聴覚療法

言語訓練・発声訓練・摂食・嚥下訓練などを行う療法

「デイケア」を利用できる方

デイケア(通所リハビリテーション)は、介護保険の居宅サービスです。デイケアを利用するためには、まず要介護認定を受ける必要があります。また、主治医が「心身機能の維持と回復、日常生活の自立のためにリハビリテーションが必要」と認めた場合に、デイケアを利用することができます。

「要介護1~5」の認定を受けている方が、デイケア(通所リハビリテーション)の対象です。「要支援1・2」の認定を受けている方は、「介護予防通所リハビリテーション」の対象者となります。

医療スタッフが多く配置されているデイケアは、麻痺や拘縮、認知症などがある方、医学的な管理が必要な人に向いているでしょう。

また、「理学療法士(PT)」「作業療法士(OT)」「言語聴覚士(ST)」等が利用者の居宅を訪問してリハビリテーションを行う「訪問リハビリテーション」もあります。

相談・申し込み先は、担当のケアマネジャー(介護支援専門員)や事業所、市区町村の担当窓口などです。

>>要介護認定、認定調査の手続きと流れ

「デイケア」での1日の流れ(一例)

①送迎
②健康チェック・リハビリテーション
③昼食
④コミュニケーション
⑤入浴
⑥リハビリテーション・健康チェック
⑦送迎

基本 CMYK

「デイケア」のメリットとデメリット

【メリット】

・リハビリ機器が充実している
・専門的なリハビリテーションが受けられる
・病状が急変したときも医療スタッフが迅速に対応できる
・送迎・食事・入浴などリハビリ以外のサービスも受けられる
・ほかの利用者とコミュニケーションをとることができる
・介護している家族の負担が軽くなる         

【デメリット】

・デイサービスよりも利用料がやや高めになる
・デイサービスよりも食事・入浴などのサービスが簡素な場合がある
・訪問リハビリテーションのような個別対応は難しい場合がある

自分に合った「デイケア」の施設を選ぶために

・リハビリテーション以外の必要なサービスがあるか問い合わせる
・ご家族だけではなく利用するご本人も事前に施設を見学する
・サービス内容や雰囲気が自分に合っているか確認する
・リハビリ機器や医療スタッフが充実しているか確認する
・利用料やその他の費用についての詳細を確認しておく

「デイケア」の利用料(1日あたり)の目安

通常規模の事業所(1ヶ月あたりの平均利用延人数が750人以内)

<利用者負担1割の場合>

1時間以上2時間未満 要介護1 329円
要介護2 358円
要介護3 388円
要介護4 417円
要介護5 448円
2時間以上3時間未満 要介護1 343円
要介護2 398円
要介護3 455円
要介護4 510円
要介護5 566円
3時間以上4時間未満 要介護1 444円
要介護2 520円
要介護3 596円
要介護4 693円
要介護5 789円
4時間以上5時間未満 要介護1 508円
要介護2 595円
要介護3 681円
要介護4 791円
要介護5 900円
5時間以上6時間未満 要介護1 576円
要介護2 688円
要介護3 799円
要介護4 930円
要介護5 1,060円
6時間以上7時間未満 要介護1 667円
要介護2 797円
要介護3 924円
要介護4 1,076円
要介護5 1,225円
7時間以上8時間未満 要介護1 712円
要介護2 849円
要介護3 988円
要介護4 1,151円
要介護5 1,310円

※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成30年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)や地域(市区町村)の区分などによって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある方は自己負担割合が2割または3割(*1)になります。
※ 公的介護保険制度外サービスの費用については一例であり、実際にかかる金額と異なることがあります。 

(*1)平成30年8月から

「デイケア」と「デイサービス」との違い

「デイケア(通所リハビリテーション)」と似た介護保険サービスに「デイサービス(通所介護)」があります。

名前だけではなく、食事や入浴などサービス内容にも似ている点がありますが、大きな違いは「デイケア」の主な目的が「リハビリテーション」であるということです。「デイケア」には必ず医師が在籍しており、専門家によって実施されるリハビリテーションには医師の指示書が必要となります。

一方、デイサービス(通所介護)は日常生活の支援がメインです。デイサービス(通所介護)でも機能訓練を受けることができますが、これは医師の指示書に基づいたものではありません。

どちらのサービスを利用するかは、目的によって異なってきます。また、必要であれば「デイケア」と「デイサービス」の両方を利用することも可能です。

デイサービス(通所介護)とは

デイサービスセンターなどで、食事・入浴・排せつ等の介護や日常生活の支援、レクリエーション、機能訓練などを日帰りで提供するサービスです。自宅にこもりがちな利用者の孤立予防や心身機能を維持、介護する家族の負担軽減などを目的としています。

「認知症対応型通所介護」は認知症の方を対象としており、「療養通所介護」は常に看護師による観察が必要な方(重度要介護者・がん末期患者)が対象です。

なかには、専門的なリハビリや個別リハビリ等を提供する「リハビリ特化型デイサービス(リハビリデイサービス)」もあります。

>>通所介護(デイサービス)とは 

>>認知症対応型通所介護とは