介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

197,189件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)とは 特徴と探し方

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)とは、通所介護を中心に利用しながら、必要に応じてショートステイや訪問介護、訪問看護を受けることができるサービスです。地域密着型サービスのため、原則としてお住いの市区町村の施設や介護事業所を利用するようになります。

一体的に各種サービスが提供されることにより、柔軟な対応が可能になるので、医療面においてさらなる安心感が得られます。

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)

目次

基礎知識
サービス内容
サービス費用
よくある質問

基礎知識

こんなときにご利用を検討しましょう

  • いつまでも住み慣れた街で暮らしたいとき
  • 複数のサービスのご利用を必要とするとき
  • 顔なじみのスタッフにお世話をしてもらいたいとき
  • 退院直後に在宅生活に戻るのが不安なとき
  • がん末期などの看取り期や病状が不安定なときでも在宅での生活を続けたいとき
  • 医療ニーズの高い要介護者や認知症の方がひとり暮らしを続けたいとき
  • 要介護度や医療必要度が高い方を介護している家族の負担を軽減したいとき

利用対象者

  • 要介護(1~5)と認定された方
    40~64歳までの方については要介護状態となった原因が、16種類の特定疾病による場合が認定の対象となります。
    ※要支援(1~2)の方は対象外となります
  • 原則としてその市町村の住民のみ

費用

ひと月あたり、どのくらいかかるの?

事業所と同一の建物(養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など)以外に住む要介護3の方が、看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)ひと月利用した場合の基本サービス費
img_sinfo_cost_exam

※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)やサービス提供事業者、地域(市区町村)の区分などによって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある方は、自己負担割合が2割になります。 

利用方法

利用するまでの流れ

1. 担当のケアマネジャーにサービスの利用を相談しよう

img_sinfo_step1

まずは担当のケアマネジャーに現状困っていることを伝え、利用を検討してもらいましょう。

 

img_sinfo_step_arrow

2. ケアプランを作成してもらおう
img_sinfo_step2

実際に利用したいサービスの内容や、利用頻度などを決め、
利用したいサービス提供事業者と話し合いましょう。

img_sinfo_step_arrow

3. サービス提供事業者と契約後、サービスの利用開始!

※上記の流れは、サービス提供事業者やご利用者さまの状況によっても異なります

※ これまでの事業者が看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)を行っていない場合、新たな事業者との契約となりケアマネジャーが変わってしまいます 

サービス内容

サービス種類

「看護小規模多機能型居宅介護」で受けられるサービス

利用者や家族の状態にあわせて、「通い」を中心に、「泊まり」や「訪問」といった下記のサービスを、柔軟に組み合わせて受けられます。

  • 通所介護(デイサービス、認知症対応型通所介護、通所リハビリテーション)
  • ショートステイ(短期入所生活介護、短期入所療養介護)
  • 訪問系サービス(訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、夜間対応型訪問介護)

img_sinfo_service01

看護小規模多機能型居宅介護事業所は利用者の主治医と連携を取りながら、医療行為も含めた介護サービスを、24時間365日提供します。

同じ地域密着型サービスである小規模多機能型居宅介護では対応できなかった、医療ニーズの高い利用者の対応が可能です。

サービス費用

サービス費用  計算式

利用費は、ひと月あたり=サービス提供費用±その他費用(各種加算・減算など)です

img_sinfo_cost_calculations

サービス提供費用  一覧

※サービス提供費用は市区町村の区分や利用者が事業所と同じ建物(養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など)に居住しているかどうかによって異なります。ここでの計算はあくまでも目安としてご利用ください。 

要介護度ごとの費用一覧

事業所と同一の建物に居住していない場合

  自己負担額
要介護1 12,341円/月
要介護2 17,268円/月
要介護3 24,274円/月
要介護4 27,531円/月
要介護5 31,141円/月

事業所と同一の建物に居住している場合

  自己負担額
要介護1 11,119円/月
要介護2 15,558円/月
要介護3 21,871円/月
要介護4 24,805円/月
要介護5 28,058円/月

 

※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)や地域(市区町村)の区分などによって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある方は、自己負担割合が2割になります。

その他、減算

末期の悪性腫瘍等により、医療保険の訪問看護が行われる場合の減算
  減算額
要介護1  -925円/月
要介護2  -925円/月
要介護3  -925円/月
要介護4  -1,850円/月
要介護5  -2,914円/月

※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)や地域(市区町村)の区分などによって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある方は、自己負担割合が2割になります。

特別の指示により頻回に医療保険の訪問看護が行われる場合の減算
  減算額
要介護1  -30円/日
要介護2  -30円/日
要介護3  -30円/日
要介護4  -60円/日
要介護5  -95円/日

※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)や地域(市区町村)の区分などによって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある方は、自己負担割合が2割になります。

その他、加算(例)

加算名 自己負担額
初期加算 30円/日
サービス提供体制強化加算(※1) (一)サービス提供体制強化加算(Ⅰ)640円/月
(二)サービス提供体制強化加算(Ⅰ)500円/月
(三)サービス提供体制強化加算(Ⅱ)350円/月
(四)サービス提供体制強化加算(Ⅲ)350円/月
緊急時訪問看護加算 540円/月
特別管理加算 (Ⅰ)500円/月 (Ⅱ)250円/月
ターミナルケア加算 2,000円
退院時共同指導加算 600円/回
認知症加算 (Ⅰ)800円/月 (Ⅱ)500円/月

※緊急時訪問看護加算、特別管理加算、ターミナルケア加算、サービス提供体制強化加算は、支給限度額管理の算定対象外
※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)やサービス提供事業者、地域(市区町村)等によって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある第1号被保険者は、自己負担割合が2割になります。
※(※1)の印が付く項目は、看護小規模多機能型居宅介護サービス(複合型サービス)の提供事業所が、同一建物内に居住する者以外へサービス提供を行った場合の参考価格です。 

よくある質問

Q.メリットとデメリットは?

◎メリット

  • 複数の種類の介護サービスを顔なじみのスタッフから受けることができるため、人見知りしがちな方でも安心して利用できる
  • 各サービスを別々の事業所に頼むのではなく、1ヵ所で対応してもらえる

×デメリット

  • 看護小規模多機能型居宅介護サービス(複合型サービス)の事業所数は、2016年10月末時点で330ヵ所であり、自治体によっては実施していないこともある
  • 1日に利用できる通所サービスの定員は18人以下、泊まりは9人以下となっているため、定員を超えると利用できない 

Q.併用できないサービスはありますか?

A.はい、ほかの事業所のサービスは併用することができません

ただし、介護福祉用具のレンタルなど例外があるので、詳しくはケアマネジャーに確認をしてください。

Q.看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)に変更後、今までの担当ケアマネジャーに引き続き依頼はできますか?

A.いいえ、できません

img_sinfo_qa01

ケアプランの作成については、看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)を行っている事業者に所属しているケアマネジャーが行うことになります。

 

Q.サービス提供事業者を選ぶときに確認すべき点は?

A.ご利用前とご利用中に下記のポイントを確認しましょう

ご利用前
サービス提供者について
  • 態度や言葉遣いが丁寧かどうかinfo_check5
  • サービスや介護保険、医療についての知識があるかどうか
  • 周囲で利用している方からの評判が良いかどうか

 

info_check1立地、施設の雰囲気について
  • 立地条件が希望に合っているかどうか
  • 送迎時間が長くなりすぎない距離か
  • 周辺環境が良いか(緑が多い、交通量が多くない など)
  • バリアフリーの行き届いた施設かどうか
  • 衛生的な施設かどうか(掃除、消毒など)
  • 快適に生活できる環境かどうか(明るさ、室温など)

 

サービスについて
  • info_check7食事について
    • -食事の内容、味が良いか
    • -個人に合わせた対応をしてくれるか
      (例:糖尿病食、きざみ食、おかゆ など)
  • レクリエーションについて
    • -ご利用者さまの趣味や嗜好にあったものがあるか
    • -利用料がかかるのか、かかるとしたらいくらか
    • -頻度はどのくらいか(定期的に行われているか など)
  • 病気など状態に変化が起きたときはどのような対応をしてくれるのか
  • 送迎の有無

 

契約について

img_sinfo_step3

  • サービス内容や料金についての説明があるかどうか
  • 苦情の受付についての説明があるかどうか
  • キャンセルの際の対応や料金の説明があるかどうか
  • 契約書、重要事項などの説明があるかどうか

 

ご利用中
サービス提供者について

info_check6

  • きちんと時間を守れているかどうか
  • 時間内に効率的にサービス提供を行えているかどうか
  • ご利用者さまの体調に合わせてサービス提供を行えているかどうか
  • プライバシーを守れているかどうか
  • ヘルパー間の引継ぎがされているかどうか