介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

202,439件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

ポータブルトイレ(持ち運びトイレ)とは 選び方と利用方法

ポータブルトイレ

 

ポータブルトイレとは

ポータブルトイレは、トイレまで行かなくても寝室などで排便できる便器です。

主にトイレまで移動することが困難、あるいは歩行が不安定な高齢者に使用されます。
また、杖などを使用して歩行できる場合でも、夜間のトイレ動作は日中と比べて室温が下がっているため、時間がかかると体温を低下させてしまうリスクを伴います。このことから夜間にだけポータブルトイレを利用している人も多くいます。

このポータブルトイレには体の状況に合せていくつかの種類があり、大きく「ベッドの側面に設置するタイプ」と「寝室に置くタイプ」とに分けられます。

材質も一般的なプラスチック製のものから、居室に設置しても違和感の少ない木製型など多様です。

ポータブルトイレの選び方

ポータブルトイレの種類と特徴をご紹介します。

標準型

本体と汚物を受けるバケツ、バケツのふた、便座、外ぶたで一体型になっているプラスチック製のタイプです。
背もたれや手すりがついているものもあります。

比較的立ち座りが容易にできる人に適応しており、身体機能としては高いレベルが必要なタイプです。

《メリット》
・軽量で移動させやすい
・掃除がしやすく使いやすい
・比較的値段が安い

《デメリット》
・かかとを引くスペースがないタイプも多く、立ち上がりにくい
・軽量なので不安定に感じることも

ポータブルトイレ標準型

>かいごDB(安寿 ポータブルトイレSP)

木製いす型

「家具調」とも呼ばれている、ポータブルトイレです。立ち座りの動作が難しくなっている人でも使うことができます。そのため、多くの人に適応するポータブルトイレと言えるでしょう。

ただし、メンテナンスを行う介護者がいない場合は、他のタイプより傷みが早いので注意が必要です。

《メリット》
・重量があり、安定している
・見た目も居室にマッチしやすい

《デメリット》
・プラスチック製のものよりも掃除がしにくい
・重いので移動させにくい

家具調ポータブルトイレ

>かいごDB(安寿 家具調トイレ コンパクト)

金属製コモード型

横移乗によっても使用できますので、端座位の取れる人は使用可能です。

《メリット》
・座面の高さを簡単に調節でき、立ち上がりやすい
・左右のアームが稼働するので便利
・掃除がしやすい
・持ち運びが簡単
・座面より脚部の基底面が広いので、安定感がある

《デメリット》
・居室に見た目がマッチしない

金属製コモード型ポータブルトイレ

スチール製ベッドサイド設置型

ベッドサイドに設置して、横移乗で使用できるポータブルトイレです。
設置するときは、マットと座面の高さを揃えるようにします。

《メリット》
・手すりが片方なく、横移乗しやすい

《デメリット》
・重量があり、キャスターは付いていますが細かい移動が難しい

また、脱臭機能が付いたタイプや、排泄物を完全密封するタイプのラップ処理式のポータブルトイレなどもあります。希望に応じて、このようなタイプの利用を検討するのも1つの方法でしょう。

スチールベッドサイド型ポータブルトイレ

ポータブルトイレの利用方法

ポータブルトイレは通常のトイレと違い、本人のみが使用します。

そのため、高さなどが調節できるようになっているものがほとんどでしょう。座面の高さやアームレストの位置など、本人の体に合わせて細部まで調整して使うようにしてください。

また、ポータブルトイレはあくまで「トイレ移動のリスク」を減らすことを目的としています。自立のためにも、日中はなるべくポータブルトイレではなく、通常のトイレまで歩くようにすることが大切です。
>>ポータブルトイレの使い方

ポータブルトイレの購入方法

ポータブルトイレは、福祉用具店などで購入できます。また、特定福祉用具販売の対象種目のうち、ポータブルトイレは腰掛便座として介護保険の対象となっている用具です。
>>特定福祉用具販売とは 特徴と使い方

厚生労働省の公示では対象を次のように定めていますので、購入前に確認しておくようにしましょう。

・和式便器の上に置いて腰掛式に変換するもの(腰掛式に交換する場合に高さを補うものを含む)
・洋式便器の上に置いて高さを補うもの
・電動式又はスプリング式で便座から立ち上がる際に補助できる機能を有しているもの
・便座、バケツ等からなり、移動可能である便器(水洗機能を有する便器を含み、居室において利用可能であるものに限る)

購入の際には事前にケアマネージャーへ相談してください。

出典:厚生労働省 介護保険の福祉用具に係る告示及び解釈通知