介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

187,539件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

介護保険制度とは

介護保険制度

介護保険とは何か

介護保険とは、介護が必要な高齢者の治療や介護などにかかる費用を社会全体で支援する保険制度のことです。市区町村が保険者となって運営を行い、40歳以上の人が加入者、つまり被保険者となってサービス事業者が提供する介護サービスを利用できます。

日本で介護保険制度が誕生したのは2000年4月1日。以前からあった社会福祉制度では、高齢者介護を配偶者や家族だけで支えきれない状況が危惧されていました。そこで、社会全体で支えていこうという考えのもと、抜本的な改革に向けて議論が始まったのです。精度導入にあたっては、1995年から介護保険制度を導入していたドイツをモデルにしたといわれています。ただし、新しい保険料の負担について世論の反発を考慮し、半年間は徴収を行いませんでした。10月からようやく半額を徴収し始め、2001年10月になって全額徴収が開始。これは制度の維持のため、5年ごとに見直しされています。

介護保険料を負担しているのは誰?被保険者は?

介護保険料を負担しているのは、40歳以上の国民。そして被保険者は、第1号被保険者と第2号被保険者に分かれます。

第1号被保険者

第1号被保険者は、65歳以上の人すべてです。保険料は多段階設定となっており、年金から天引きされることがほとんどとなります。金額は各市町村によって異なりますが、収入が低く、生活が著しく困難な場合は減免されることもあります。原因を問わず、寝たきりや認知症など介護支援が必要と認定されれば、サービスを受けることが可能です。

第2号被保険者

これに対して第2号被保険者は、40歳以上65歳未満の医療保険加入者です。特定疾病が原因で介護支援が必要と認定された場合に、サービスを利用できます。特定疾病とは、初老期における認知症や脳血管疾患、末期がんなど、老化が原因とされる病気のこと。現在のところ、16種類の病気が指定されています。

介護保険はどのようにして利用するか

介護保険を利用するためには、所定の手続きが必要です。まず、住んでいる市区町村の窓口で要支援または要介護の申請を行います。職員またはケアマネージャーが訪問し、対象者の心身の状態を確認するため、聞き取りなどの認定調査を実施。かかりつけの医師に意見書の作成を依頼します。
そのようにして言えられた資料を元に、全国一律のコンピューターによる一次判定が行われます。さらにその結果を主治医の意見書と合わせて二次判定を行い、市区町村が要介護度を決定。申請者に結果が通知されるとケアプランが作成され、ようやく介護保険を利用したさまざまな介護サービスを受けることが可能となります。