介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

227,081件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事
  • 法律・税の相談

訪問介護とは 利用方法と選び方

訪問介護とは、訪問介護事業所のヘルパーがご利用者さまの自宅を訪れ、身体介護や生活援助など、日常生活のサポートをしてくれるサービスです。

img_sinfo_intro

目次

訪問介護の基礎知識
訪問介護のサービス内容
訪問介護のサービス費用
訪問介護のよくある質問

訪問介護の基礎知識

訪問介護、こんなときに!

・自宅での介護(着替えや入浴、排せつなど)の介助をしてほしいとき
・被介護者の家事を手伝ってほしいとき
・出来るだけ自宅で介護したいけど、時間や手が足りないとき

訪問介護の利用対象者は?

要介護(1~5)と認定された方
40~64歳までの方については要介護状態となった原因が、16種類の特定疾病による場合が認定の対象となります。
※要支援(1~2)の方の介護予防訪問介護は、地域支援事業(介護予防・日常生活支援総合事業)に移行します。

訪問介護はどうやって利用するの?

訪問介護を利用するまでの流れ

1. 担当のケアマネジャーにサービスの利用を相談しよう

img_sinfo_step1まずは担当のケアマネジャーに現状困っていることを伝え、訪問介護の利用を検討してもらいましょう。

 

img_sinfo_step_arrow

2. 訪問介護計画書、ケアプランを作成してもらおう

img_sinfo_step2実際に利用したいサービスの内容や、利用頻度などを決め、利用したいサービス提供事業者と話し合いましょう。

img_sinfo_step_arrow

3. サービス提供事業者と契約後、サービスの利用開始!

※上記の流れは、サービス提供事業者やご利用者さまの状況によっても異なります 

訪問介護のサービス内容

身体介護サービス

身体介護サービスとは、ご利用者さまの体に直接触れて行われるサービスです。

img_sinfo_service01

・トイレのお手伝いをしてほしい
・食事中の見守りをしてほしい
・自宅のお風呂に入れてあげたい
・おむつを替えて欲しい
・車の乗り降りの介助をしてほしい
・体位交換を手伝ってほしい など…

※サービスの内容は、サービス提供事業者によって異なります
詳しくはご利用になるサービス提供事業者にお問い合わせください 

生活援助サービス

生活援助サービスとは、ご利用者さまの日常生活をお手伝いするサービスです。

img_sinfo_service02

・洗濯をしてほしい
・食事の用意をしてほしい
・シーツの交換をしてほしい
・買い物をしてほしい
・薬の受け取りをしてほしい  など…

※サービスの内容は、サービス提供事業者によって異なります
詳しくはご利用になるサービス提供事業者にお問い合わせください 

対象外のサービス

以下のような内容は、「訪問介護」のサービスに含まれません。
ただし、サービス提供事業者によっては保険給付外でサービス提供をしている所もありますので、利用時はケアマネジャーやサービス提供事業者によく確認をしてから契約をしましょう。

img_sinfo_service03

・利用者本人以外の家族のお世話
・草むしり、花木の手入れ
・ペットのお世話
・洗車
・来客の対応や留守番  など…
>> ヘルパーにできること・できないこと 4~生活援助の中身とは?<後編>~

訪問介護のサービス費用

サービス費用  計算式

訪問介護の利用費は、1日あたり=サービス提供費用+その他費用(緊急時の加算など)です。

img_sinfo_cost_calculations

※サービス提供費用は市区町村や事業者によって異なります。ここでの計算はあくまでも目安としてご利用ください。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある第1号被保険者は、自己負担割合が2割になります。 

サービス提供費用の目安

サービス種別ごとの費用例

身体介護のみ
20分未満 165円/回
20分~30分未満 245円/回
30分~1時間未満 388円/回
1時間~1時間半未満 564円/回
1時間半以上(30分増す毎) 80円/回
生活援助のみ 
20分~45分未満 183円
45分~ 225円
通院などのために、車の乗り降りの介助が中心の場合
1回 97円
身体介護に引き続き、生活援助をした場合

生活援助20分ごとに、
身体介護の料金に追加

67円/回

※上記は基本的な料金です。費用は時間帯(早朝・深夜)やサービス提供事業者、地域区分などによって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある第1号被保険者は、自己負担割合が2割になります。

訪問介護のよくある質問

Q.メリットとデメリットは?

◎メリット

・自宅という住み慣れた環境なので、ご利用者さまが安心して介護を受けられる
・ヘルパーが自宅で介護してくれることで、家庭環境に合った介護方法を知ることができる

×デメリット

・家に知らない人が入ってくることに対して拒否反応を起こす人もいる

Q.草むしりやペットの世話など、介護保険給付対象外のサービスをお願いする方法はないの?

A.保険給付外のサービスを利用する

サービス提供事業者によっては「保険給付外サービス」として対応してもらえる場合があります。
または、地域の民間サービスでも対応してもらえる場合がありますので、まずは担当のケアマネジャーに「どんなサービスがあるのか」「利用するといくらかかるのか」など相談してみましょう。

img_sinfo_qa01

サービス提供事業者を選ぶときに確認すべき点は?

A.ご利用前とご利用中に下記のポイントを確認しましょう

ご利用前

●サービス提供者について
info_check5
・態度や言葉遣いが丁寧かどうか
・サービスや介護保険、医療についての知識があるかどうか
・周囲で利用している方からの評判が良いかどうか

●契約について
img_sinfo_step3・サービス内容や料金についての説明があるかどうか
・苦情の受付についての説明があるかどうか
・キャンセルの際の対応や料金の説明があるかどうか
・契約書、重要事項などの説明があるかどうか 

ご利用中

●サービス提供者について
info_check6・きちんと時間を守れているかどうか
・時間内に効率的にサービス提供を行えているかどうか
・ご利用者さまの体調に合わせてサービス提供を行えているかどうか
・プライバシーを守れているかどうか
・ヘルパー間の引継ぎがされているかどうか

●その他
・提供したサービスに関する請求書が正しく発行されているかどうか
・ご利用者さまがストレスなくサービスを利用できているかどうか
・サービスを利用したことにより、介護の負担が軽減したかどうか