介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

189,921件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

要介護認定、認定調査の手続きと流れ

介護保険制度に基づく介護サービスを利用するためには、要介護認定を受ける必要があります。ここでは、要介護認定を受けるための手順について解説していきましょう。手順に沿って正しく申請を行い、適切な介護サービスを利用してください。
>>介護保険制度とは

要介護認定の手順(1) 市区町村への申請

要介護認定を受けるには、まず自身の居住する市区町村へ申請を行います。

申請窓口は各役所に設置されており、介護保険課などが担当です。窓口が分からない場合には、総合案内などで「要介護認定の申請に来た」と伝えましょう。該当する窓口を案内してもらえます。

申請には所定の申請書のほか、介護保険被保険者証が必要です。
年齢が40〜64歳までの場合には、介護保険被保険者証の代わりに医療保険被保険者証を提出します。なお、申請に本人が出向けない場合には、家族による申請も可能です。また、郵送による受付も行われていますので、必要に応じて各自治体へ確認しましょう。

要介護度区分別 対象の介護保険給付 と 使えるサービスの種類

要介護認定

要介護認定の申請場所

市区町村の窓口 または 地域包括支援センターで申請することができます。
>>介護の相談窓口 – お近くの介護相談・申請窓口を検索

申請先

【市区町村の窓口】
市区町村の窓口

【地域包括支援センター】
地域包括支援センター

要介護認定の申請に必要なもの

「申請書」「被保険者証」「主治医意見書」が必要です。

申請書とは

申請書

◆どこでもらえるの?
・お住まいの市区町村の介護保険課窓口で直接もらう
・地域包括支援センターでもらう
・市区町村のホームページからダウンロードする

◆何を記入すればいいの?
申請者、被保険者の住所・氏名・生年月日・年齢・保険証の番号、 主治医の名前、病院名、住所、などを記入します
※「申請書」の正式名称:介護保険要介護認定・要支援認定申請書

 

被保険者証とは

【65歳以上の方】
介護保険被保険者証

【65歳未満の方】
医療保険の被保険者証

主治医意見書を用意する方法

申請書に主治医の名前・病院名等を記入【主治医がいる人】
申請書に主治医の名前・病院名等を記入するだけ

 

 

 

市区町村指定の医師の診察を受けに行ってから申請書に記入

【主治医がいない人】
市区町村指定の医師の診察を受けに行ってから申請書に医師の名前・病院名等を記入する

 

 

要介護認定の申請方法

申請までの流れ

img_kflow_s4_11. まずは必要なものを用意しておきましょう

【介護保険要介護認定・要支援認定申請書】
申請書はお住まいの市区町村窓口へ直接もらいに行くか、 市区町村のホームページからダウンロードしましょう。

【被保険者証】
65歳以上の方は「介護保険被保険者証」
65歳未満の方は「医療保険の被保険者証」を用意しておきましょう。

【主治医意見書】
主治医の名前、病院の住所など、「主治医意見書」を作成してもらうための必要事項を申請書に記入するだけでOKです。

2. 用意ができたら、申請書に必要事項を記入しましょう

img_kflow_s4_2【記入項目例】
・申請日
・申請者情報
・住所、氏名、電話番号
・被保険者情報 :被保険者番号、住所、氏名、年齢、生年月日、電話番号
・主治医の名前、病院の名前、病院の住所、電話番号
・入院の有無(有:病院名と入院期間)
・調査の伺い希望先
・調査の希望日程
・調査当日の同席者について
・その他、調査に関して事前に伝えておきたいこと(自由記入)

3. 記入が済んだら、申請書を提出しましょう

【どこに?】
お住まいの市区町村の介護保険課窓口、または地域包括支援センター

【持ち物】
・介護保険要介護認定
・要支援認定申請書
・介護保険被保険者証
・印鑑 (申請者がご本人またはご家族以外の場合)

4. 提出をしたら、介護保険資格者証を受け取って完了です

【介護保険資格者証とは?】
申請時に提出した被保険者証は、認定結果が出るまでは市区町村に預けたままになります。その間に被保険者証が必要となった時、被保険者証の代わりとして使うことができるのが介護保険資格者証です。

窓口の住所、電話番号、地図の一覧画面

要介護認定の審査に関するよくある質問

Q:要介護認定を受けるにはお金がかかるの?

A:いいえ、お金はかかりません。
img_kflow_s5_1

Q:申請はメールやインターネットでもできるの?

A:いいえ、できません。
img_kflow_s5_2

要介護認定の手順(2) 要介護認定の訪問調査

申請書類による受付が完了したら、今度は調査員による訪問調査が行われます。聞き取りにより暮らしぶりや現況について確認され、どの程度の介護が必要かを判断される調査です。なお、調査員は市区町村の担当職員、あるいは委託を受けたケアマネージャーが担うこととなります。
>>ケアマネジャー(介護支援専門員)とは

また、訪問調査に加えて、主治医への意見書作成が依頼されます。ここで確認されるのは、申請者本人の心身の状態です。もし主治医がいなければ、市区町村から指定された医療機関で診断を受けてください。

訪問調査前後の流れ

いつ、どこで行われるの?

要介護認定の申請書を提出した後、市区町村から訪問調査の日時に関する連絡があります。
そこで希望の日時と場所を伝えましょう。

※地域によっては申請書に希望日時を書く欄があります。

訪問調査日に連絡

訪問調査日の連絡

どんな調査をするの?

介護の対象となる方に対する身体機能、認知機能などに関する聞き取りを行います。
また、ご家族には普段の様子などを確認します。

聞き取り調査とは

【介護の対象となる方への聞き取り調査】
「自分の名前を言えますか?」など

【ご家族には普段の様子を確認】
「大声を出すことはありますか?」など

調査前に準備することは?

1. 普段の様子をメモしておこう

調査時、普段はできていないことが出来てしまったり、出来ないことを「出来る!」と言ってしまったりすることがよくあります。

普段はできていないことが出来てしまったり、出来ないことを「出来る!」と言ってしまったりする

普段の状況を正確に伝え、正しく判定してもらうためにも、調査の際はできるだけ同席し間違ったことを 言っても後で訂正できるように普段の様子をメモして把握しておきましょう。
>>家庭で認知症かどうかをチェックするポイント

調査の際はできるだけ同席し間違ったことを言っても後で訂正できるようにしておく

2. 体調管理を気をつけよう

正しく判定をしてもらうためにも、本人の体調が良いときに行うことが大切です
体調が悪かったり、あまりにも普段と様子が違うと、調査日を延期するケースもあるので注意しましょう 。

正しく判定をしてもらうためにも、本人の体調が良いときに行うことが大切です

訪問調査に関するよくある質問

Q:調査には家族も同席した方がいいの?

調査には家族も同席しましょう

A:はい、必ず同席しましょう。

人によっては調査員に対して見栄を張ってしまったり、普段できないことができてしまったりします。正確な要介護度を認定してもらうためにも、必ず家族が同席し、もしも普段と違うことを言っていたりしたら普段の様子を伝えましょう。(※ただし、その場で否定せず、あとで本人のいないところで伝えましょう。)

Q:認定結果が通知されるまでサービスは使えないの?

暫定ケアプラン

A:いいえ、使えます。

地域包括支援センターのケアマネージャーに「暫定ケアプラン」を作成 してもらいましょう。要介護認定が通知される前でも「暫定ケアプラン」にそって1割の自己負担で介護サービスを受けることができます。
>>ケアプランとは

※ただし、サービス利用後に出た通知の結果が「非該当(自立)」であった場合、利用した分のサービス費が全額自己負担になりますので、ケアマネージャーとよく相談してから利用しましょう。 

3)審査

介護認定審査会において、介護の要不要、および要介護状態の判定が行われます。
この際、訪問調査による情報や主治医からの診断書が参考にされ、審査会は医療・福祉・保健に関する有識者によって構成される組織です。

4)認定

介護認定審査会の結果、以下いずれかの区分によって通知が届きます.

  • 非該当(自立)
  • 要支援
  • 要介護(1〜5)

この通知結果により、受けられる介護サービスが異なります。もしこの結果に不満がある場合、都道府県の介護認定審査会へ再考を申し立てることも可能です。ただし、結果が覆るケースは多くないでしょう。

市区町村への申請から結果の通知を受けるまでの期間は、約30日となります。申請先の市区町村によって異なりますので、不安な場合にはあらかじめ問合せておくと良いでしょう。要介護認定を受けたら、その区分に応じてケアプランを作成してもらい、実際の介護サービス利用がスタートします。

ネット上で要介護度のシミュレーションもできますので、不安な方は目安として利用してみてもいいでしょう。
>>要介護認定チェックをやってみる!