介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

220,884件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事
  • 法律・税の相談

体位変換器 とは 選び方と使い方 じょくそう防止に効果あり

体位変換器

体位変換器 とは

体位変換器とは、寝たきり状態の人の体の下に棒状や板状、くさび状の用具などを差し込み、テコの原理などにより摩擦を減らすことで、少ない力でも体を動かせるようにする用具です。寝返りなど、姿勢変換の介助を容易にすることを目的としています。
体位変換器の形状は多様です。そのため介護者の状況、そして高齢者の身体機能を考えたうえで選定するようにしましょう。

体位変換器のメリット

高齢の家族を在宅で介護している人にとって、自分では思うように動けなくなった高齢者の動きをサポートすることはとても大変な重労働です。中でも褥瘡などの防止に繋がる定期的な姿勢変換は、そんな中の1つではないでしょうか。
体位変換器は、姿勢変換の介助を容易にする福祉用具です。要介護者を在宅で介護している人にはとって、非常に重要な用具と言えるでしょう。

体位変換保持パット  大2個組からだの横向けや姿勢保持、寝返りの補助に

>かいごDB(体位変換保持パット  大2個組)

ナーセント クッションシリーズ アップニー(2個1セット)

両膝の屈曲による横倒れ防止に

>かいごDB(ナーセント クッションシリーズ アップニー(2個1セット))

ナーセント クッションシリーズ ロール Mサイズ

円背・関節の拘縮で快適な姿勢保持が困難な方に

>かいごDB(ナーセント クッションシリーズ ロール Mサイズ)

体位変換器の利用方法

体位変換器を利用するときには、「人は同じ姿勢を長時間にわたってとり続けることはできない」という点に注意することが大切です。体位変換器を使って姿勢を変えても、その姿勢を長時間とり続けることはできません。
このことを踏まえて、効果的に体位変換器を利用してください。例えばベッド上で背上げ姿勢を取る場合も、寝ている位置によって圧迫の程度が変わってきます。そのため、適切な位置に寝ているかを確認しましょう。

「バナナターン」の利用方法

ここでは、体位変換器の1つである「バナナターン」を利用した利用方法を取り上げておきます。「バナナターン」は体のラインに沿った使いやすい形状の体位変換器で、両端にグリップが付いていおり、体位変換が行いやすいデザインになっています。「バナナターン」を要介護者の背中などに敷いたら、介護者はグリップを持って変えたい向きの方向へ引っ張ります。すると、バナナターンを支えにして向きが変えられるという仕組みです。

バナナターン

バナナターン使用例

引用元:ダスキンヘルスレント

>>体位交換器の購入・レンタルをご検討の方はこちらから(相談無料)

体位変換器の選び方

体位変換器を選ぶ前には、まず要介護者の状態をチェックしておくことが重要です。その人の状態に合った体位変換器を選ぶことで、介護者の介助を楽にすることができます。以下に2つのチェック項目を挙げておきますので、参考にしてください。

1)体動と感覚系の状態について

きちんとした動作でなくても、腰を浮かせられる、あるいは少しだけならば動かせるといった体動の可能性と、感覚系の障害を確認します。

2)骨突出があるか

骨突出がある人は、その部分に圧集中が起こりやすくなっています。

要介護者の状態をチェックしたら、利用者の状況に応じたものを選びます。まずは、どのような目的で体位変換器を利用するのかを考えましょう。「おむつ交換をするため」「横向きの姿勢にしたい」など、どのように体位変換させたいかをハッキリさせておいてください。そうすることで、介護者に適した体位変換器の利用が見えてくるはずです。目的を明確にすることでこそ、選ぶべき体位変換器が分かります。要介護者の状況に合っており、かつ、介護者がどのように体位変換したいのかという目的に適切な体位変換器を選びましょう。

体位変換器の購入方法

在宅で介護する人が体位変換器を購入する場合、介護保険制度の居宅サービスの1つとして「特定福祉用具」の販売対象となっています。要介護認定を受けたうえで、まずは利用についてケアマネジャーに相談しましょう。
体位変換器は床ずれ防止用具などと共に、介護支援用具を販売している会社、あるいはショップなどで購入することが可能です。自治体では介護支援サービスでレンタルも行っていますが、民間の介護用品を取り扱う企業でも同様にレンタルサービスがあります。目的や予算などにあわせ、購入あるいはレンタルでの利用を検討してください。

>>体位交換器の購入・レンタルをご検討の方はこちらから(相談無料)