介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

189,921件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

補聴器とは 5つのタイプの選び方

補聴器

補聴器とは

補聴器は、会話やテレビの音声など、「聴こえにくさ」を改善するための機械です。

聴こえてくる音を大きくするため、「増幅器」とも呼ばれています。補聴器の仕組みは、マイクに入った音波を電気信号に変換し、その信号を大きな音にして耳に伝えるものです。

補聴器の種類とそれぞれの特徴

補聴器は、形状によって大きく5つの種類に分けられます。それぞれの特徴について解説します。

耳掛け型補聴器

耳にかけて使うタイプで、あらゆる聴力に対応できます。操作が簡単で扱いやすい反面、汗が入りやすいという欠点があります。カラーが豊富なので、おしゃれ感覚で装着することもできるでしょう。価格は、片耳10万円以下から30万円以上まで幅広く見られます。

耳穴型補聴器

耳の穴に入れるタイプで、すっぽり収まる小型タイプからはみ出すほど大きなものまでさまざまです。耳穴タイプは耳にきちんと収まることが大切なので、既製のものではなく、耳穴の形状や聴こえの程度に合わせてオーダーメイドで作るのが主流となっています。価格は既製品で1万5千円程度から、オーダーメイドでは10万円から50万円前後まであります。

ポケット型補聴器

補聴器の元祖とも言えるもので、小型ラジオのような型です。本体を胸ポケットに入れてイヤホンをつなぐタイプであり、手元でスイッチやボリュームの調整ができるため操作がしやすいというメリットがあります。その反面、コードが邪魔になったり、衣ずれ音が入ったりすることもあります。価格は3万円ほどから10万円ほどです。

メガネ型補聴器

メガネのつるに補聴器を内蔵させたタイプで、メガネと補聴器の両方の機能を機能を併用できます。

特殊補聴器補聴器

離れた場所に設置されたFM送信機から補聴器に音を送るタイプや、高音域の子音を聴き取りやすくするタイプなど、特殊な用途のために作られた補聴器です。価格は片耳15万円ほどからあります。

補聴器の選び方

補聴器を選ぶ際には、まず専門家に相談してください。聴力に合わせるのはもちろん、それ以外にも以下にあげるようなポイントを抑えることが大切です。

ポイント1. 補聴器を使用する環境

どのような環境で使うかによって、使いやすい補聴器は変わってきます。例えば仕事で会議が多い人と、家などの静かな環境で過ごす人では必要な機能が違うのです。

ポイント2. 補聴器の操作方法

形状によって操作仕方もさまざまです。形状やデザインだけで決めてしまうと、後で使いにくさに困るかもしれません。そのため、購入前に実機を操作してみることが重要です。

ポイント3. 補聴器の価格

補聴器は精密機械であり、決して安いものではありません。そのため、できるだけ安いものを選びたいと思うのは当然でしょう。しかし、聴こえの程度に合った機能が搭載されていないと、思った通りの聴こない可能性があります。

ポイント4. 補聴器のフィット感

特に耳かけや耳穴タイプの補聴器の場合は、フィット感も重要なポイントになります。常に装着しているのですから、違和感があったり、すぐに外れてしまったりするものは避けましょう。

補聴器の購入方法

最後に、購入方法についてご紹介しておきましょう。実際に補聴器を購入する際には、おおむね以下のような流れとなります。

1)聴こえにくいと感じたら、まずは耳鼻科に相談してください。難聴と診断された場合は、補聴器の購入を検討します。
2)補聴器取扱店に行くと、専門の販売員が状況や要望を聞いてカウンセリングしてくれます。わからないことや不安なことは、小さなことでも質問して解決することです。
3)聴力を測定します。専門の機器を用いて「聴こえ」の状態を把握しましょう。
4)聴力や要望に適した補聴器を選定し、調整を行います。
5)実際に装着し、きちんと聞こえるか違和感や不快感がないか確認します。
6)補聴器を付けた状態で聴力を測定し、問題なければ購入となります。店舗によっては購入前に貸出しを行っているところもあり、その場合は自宅で使って問題なければ購入となります。

▼ 関連記事 ▼

記事はありませんでした