介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

202,248件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

介護保険タクシー・介護タクシーとは 費用と利用の流れ

介護保険タクシー、介護タクシーとは

在宅で介護する人にとって、高齢者を外出させるための手段の確保は重要です。ただし、公共交通が整っていない地域も多く、さらに車いすでの移動は難しいものです。

そこで利用されているのが、介護保険タクシーや介護タクシー。高齢者や障害者などの移動をサポートするタクシーです。介護保険タクシーは、介護保険指定業者番号を取得している業者によって運営されています。

ケアプランに盛り込まれていれば、通院時乗降介助という訪問介護サービスとして介護保険が適用されます。また、全額自己負担で同様のサービスを受けることも可能です。

ここでは介護保険を使用したタクシーを介護保険タクシー、それ以外のタクシーを介護タクシーとして説明したいと思います。

介護保険タクシーの利用対象者

介護保険タクシーは訪問介護に含まれるサービスですが、利用するには下記条件に合致することが必要です。

  • 介護度が要介護1以上の人
  • 公共の乗り物(電車やバス)に一人で乗車できない人
  • 担当ケアマネージャーが必要と判断し、ケアプランに盛り込まれている人

これらの条件に当てはまり、自宅で生活している人、有料老人ホームやケアハウス、サービス付き高齢者住宅に入居している人が対象です。

なお、特別養護老人ホームや老人保健施設などの介護保険施設などに入所している人は、介護保険を利用した介護タクシーは利用対象外となります。乗降介助は施設の職員にお願いしてください。

介護保険タクシーの利用の流れ

介護保険タクシーを利用する場合、まずはケアマネジャーに相談をして、ケアプランに入れてもらいます。そのうえでケアマネジャーが介護保険タクシー事業者へ依頼。事業者と利用者で契約を結び利用開始です。

通常、介護保険タクシーはケアプランに基づいて利用します。

ただし、介護保険外の利用も可能です。その場合も、同様にサービス事業所へ連絡することとなります。

介護保険タクシーのサービス内容

介護保険タクシーが利用できるケース

介護保険タクシーが利用できるのは、以下のようなケースです。

  • 通院(リハビリや透析、整骨院も含む、鍼灸は含まない)
  • 市町村役場等の手続き
  • 金融機関の手続き、引き落としなど
  • 選挙投票
  • 今後利用予定の通所介護や介護保険施設への見学

介護保険タクシーでお願いできる範囲

介護保険タクシーは、介護関連の資格を持った運転手が、自宅から病院や施設までの移動時に、タクシーへの乗降介助、車を降りてからの自宅や目的地内への移動といったサポートを行うサービスです。

寝たきりの方などの場合は、必要に応じてベッド上での着替え、おむつの交換などをお願いすることも可能です。

介護保険タクシーの事業者のサービス提供時間内に利用ができます。契約の際にはあらかじめ確認しておきましょう。

また、車いすのままでも利用が可能です。リクライニング式の車いすやストレッチャーに対応している車両もあります。

介護保険タクシーの費用

介護保険タクシーは移送を伴う介護ですが、運賃は介護保険の対象になりません。
そのため、移送料金は利用者が負担します。

介護保険タクシーの料金 = 移送運賃 + 介護保険サービス(1割負担、一部2割)

また、上記に加えて迎車料金や待機料金も実費負担となります。

透析といった理由で長期間定期的に利用する場合など、ケースによっては運賃の割引が適用されます。
詳しくはケアマネジャーもしくは介護保険タクシーの事業者にご確認ください。

▼介護保険サービス料金

97円/回

※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算しています。
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)や地域(市区町村)の区分などによって異なります。
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある方は、自己負担割合が2割になります。

介護保険外の介護タクシーについて

介護保険外となる介護タクシーの利用

下記のケースでは、介護保険適用外となりますが全額自費で介護タクシーの利用が可能です。

・特別養護老人ホームや老人保健施設などの介護保険施設などに入所している人
・入院や退院、入院中の一時帰宅、転院、病院から病院への移送など
・買い物
・親戚や友人宅への訪問
・映画館、コンサート会場などへの送迎
・冠婚葬祭
・お墓参り など

介護保険適用以外の介護タクシーは、ケアタクシーやサポートタクシー、福祉タクシーとも呼ばれています。
要介護認定を受けている人のほか、障害がある方なども利用可能です。

介護タクシーにかかる費用

料金=運賃+介助料金 もしくは 1時間ごとの料金

業者によって金額は異なります。上記に加えて迎車料金や待機料金も実費負担となります。

割引対応を行っている事業所もありますので、利用料金については業者選定の際に確認してください。

介護タクシーの探し方

介護保険外で介護タクシーを利用したい場合、インターネットで介護タクシーを検索することもできます。

介護タクシー配車MAP」や「くるのる」などの検索サイトを見てみてください。