介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

202,144件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

歩行補助杖とは 種類と選び方

歩行補助杖

 

歩行補助杖とは

歩行補助杖とは、一本杖やいわゆる「松葉杖」を含む、体を支えるための棒状の福祉用具のことです。

持ち手が横になったL字型のものや、わき当てが付いたクラッチタイプのもの、さらには複数の脚で支える多脚杖など種類はさまざま。

下半身にマヒなどがある高齢者が歩行する際のバランスを補助するほか、転倒防止にも役立ちます。さらには疲労も抑えられるなど、日常生活の幅をひろげ、多くの場面で使われている福祉用具です。

歩行補助杖の利用方法

一本杖の場合、持ったときにひじの角度が30度程度になると丁度よいと言われています。ただし腰の曲がった人の場合は、曲がった状態で高さを合わせて使いましょう。

これに対して松葉杖の場合は、わきの下に拳一つ分の隙間が空く程度の高さに合わせます。持ち手の部分は一本杖と同じく、ひじの角度が30度程度になるように調整して使ってください。

歩行補助杖の選び方

歩行補助杖は用途により種類が分かれます。
選び方を間違えると膝に負担がかかったり、転倒したりといった事故が起こる可能性があるので、使用する人の状態をよく把握してから選びましょう。
>>杖の種類と選び方

腕の力が十分な方の歩行補助杖の選び方

歩行バランスが良好であったり、腕の力がまだ十分にあったりする人は、一本杖を選ぶとよいでしょう。

木製一本杖

>かいごDB(木製一本杖 (樫L型))

もし歩行バランスだけが悪いという場合には、多脚杖がおすすめです。腕の力を利用しつつ、複数の脚で支えるので安定性をカバーできるでしょう。これら一本杖や多脚杖は、握る部分の種類もC字型やT字型などさまざまです。実際に手にとって、最もなじむものを選んでください。

アルミ製 2段4点支柱杖

>かいごDB(アルミ製 2段4点支柱杖 ショートタイプ)

腕の力が弱い方の歩行補助杖の選び方

腕の力が弱く一本杖や多脚杖の使用が困難な場合は、松葉杖に代表されるクラッチタイプのものを選びましょう。

握り手と床面、そして脇(または前腕)の3点で支えるため、腕の力が弱い人でもバランスを取りやすくなっています。また、杖の動きをコントロールしやすい点も大きな特徴です。

lofstrand crutch

>かいごDB(ロフストランドクラッチ(オープンカフ))

歩行補助杖の購入・レンタル方法

歩行補助杖は福祉用具店などで購入できます。

また、介護保険制度を利用することでレンタルすることも可能です。
レンタル代金の目安は、介護保険を適用して月額100円~200円が目安となるでしょう。尚、福祉用具貸与の対象となる歩行補助杖は下記に限られます。

・松葉杖
・カナディアン・クラッチ
・ロフストランド・クラッチ
・プラットホームクラッチ
・多点杖

介護保険制度を利用して「歩行補助杖」をレンタルする場合、利用を検討している歩行補助杖が対象か否かを必ず確認しておきましょう。
また、購入やレンタルの際には事前にケアマネージャーへ相談してください。
>>福祉用具貸与(レンタル)とは 特徴と活用方法