介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

ミキサー食、きざみ食のメリットとデメリット、作り方とは

ミキサー食・刻み食とは

ミキサー食・きざみ食とは

高齢者になると噛む力が低下します。個人差はありますが、加齢によって低下する機能の1つです。そのため、通常の食事は食べづらくなります。

噛む力(咀嚼力)だけでなく、飲み込む機能(嚥下機能)も弱まりますので、食べ物などが気管などに入る誤嚥も起こしやすくなるでしょう。
>>誤嚥とは 原因・症状・対策

咀嚼力、つまり食べ物を噛み砕く力が弱い人のための食事形態はいくつかあり、食べやすく調理法を工夫したり、形態を調整したりした食事は「介護食」、「咀嚼嚥下食(そしゃくえんげ食)」と呼ばれています。ミキサー食やきざみ食もその一つです。

ミキサー食

ミキサー食とは、普通食(常食)またはやわらかめの食事をミキサーにかけたものです。粘度の目安はポタージュ程度で、噛まなくてもいいように作られています。

飲み込む力が弱っている方には、片栗粉や増粘剤で粘り気を出しますが、粘りが強すぎると喉に張り付くので注意しましょう。ペースト状にするため、どの食材も見た目が同じようになってしまいます。すると、食欲が湧きにくくなることもあるでしょう。

ミキサーにかける前の料理を見せるなど、食事を楽しめるよう、調理や盛り付けには工夫が必要です。

きざみ食

また、常食またはやわらかめに調理した食べ物を細かく刻んだり、小さくしたりして食べやすくした食事がきざみ食です。刻む大きさは、食事をする人の咀嚼力や嚥下力に合わせます。

ただし、ただ細かく刻んだだけで、飲みこみやすくなるわけではありません。例えば刻んだフライやキャベツのみじん切りには水分がなく、口の中でまとまらずにバラバラになってしまいます。すると、かえって飲みこみにくく、誤嚥の原因にもなるのです。また、いくら刻んであっても、焼き魚などは口の中の水分を奪い取ってしまい、上手く飲みこめません。

つまり、きざみ食を作るときには、ただ食べ物を細かく刻むだけではなく、適度に水分を加えたり、とろみをつけたりするなど、飲みこみやすくする工夫も必要なのです。

噛む力や飲み込む力に配慮した食事には、他にもやわらか食やとろみ食などがあります。
>>介護食(やわらか食、とろみ食)とは

ミキサー食のメリット・デメリット

ミキサー食のメリット

・噛まなくてもよい
・飲み込む力が弱っていても飲みこめる

ミキサー食のデメリット

・ドロドロしているのでまとまりにくい
・飲み込もうと思っていなくても喉に入ってしまうことがあり、誤嚥しやすい
・水分を加えてミキサーにかけるため、少食の人は栄養が十分に摂れない
・見た目が悪く、食感がないので食欲が湧かない

きざみ食のメリット・デメリット

きざみ食のメリット

・噛む力が弱くても食べやすい
・常食を刻んでいるため、見た目に華やかさがあり食欲が湧く

きざみ食のデメリット

・食材が小さく、食材によっては口の中でバラバラになりやすい
・飲みこむ意識がなくても小さな食材が喉に入り誤嚥を招きやすい
・食べ物をすべて刻む手間がかかる
・頬と歯茎の間、入れ歯と歯茎の間などに細かく刻んだ食べもののカスが入りやすいため、行き届いた口腔ケアが必須(口腔内の細菌が増えると、誤嚥性肺炎のリスクが高まる)
>>誤嚥性肺炎とは 原因・症状・対策

食べる方の状態別、ミキサー食・きざみ食の作り方

ミキサー食やきざみ食は、食べる方の状態に合わせて作るようにすることが大切です。

歯または歯茎でつぶせる方

ご飯は柔らかめに炊くか、状態によって全がゆにします。普通食(常食)の大きなものは、食べやすい大きさに切りましょう。

だしで煮たり、汁気を含ませたりすることで、さらに軟らかくします。シチューなどの煮込み料理は、具材を少し小さくしてください。肉類や魚類は刻んでから少し煮込み、とろみをつけるとパサパサ感が減ります。

舌でつぶせる方

ご飯は全がゆにします。柔らかくしてさらに細かく刻み、水分に少しとろみをつけて飲みこみやすくしましょう。

卵は粗めのスクランブルエッグにするのがおすすめです。柔らかめにした食事を細かく刻んでから、出汁やスープなどで煮込むと食べやすくなります。

噛めない方

ご飯は全がゆをミキサーにかけ、ペーストがゆにします。食べ物はミキサーにかけてペースト状にし、水分が多いものは粘度をあげて飲みこみやすくしましょう。

かぼちゃやじゃがいもは繊維質が残らないので、必ずしもミキサーにかける必要はありません。マッシュしただけでもミキサー食になりますし、味もしっかり感じられます。また、具が入っていない茶碗蒸しも、噛めない人には食べやすい料理です。

見た目に工夫を

ミキサー食はどうしても見た目に華やかさがなく、どれも同じようになってしまいます。そのため、例えば細かく刻んだパセリをふりかけるなど、色どりを工夫すると良いでしょう。色味の異なる食材をそれぞれミキサーにかけ、一緒に盛り付けてもいいでしょう。

市販の介護食や介護宅配サービスをうまく利用しましょう

介護者にとって、毎日介護食を用意することは大変な負担です。

また、食べる力が落ちてしまっても、食材をやわらかくして風味や見た目が悪くなってしまった食事は、高齢者にとって不満なことも多いでしょう。

レトルトタイプなど、市販の介護食をうまく食卓に取り入れて、介護の負担を軽くしてみてはいかがでしょうか? また、食卓のバリエーションが増えるので、介護される高齢者にとっても嬉しい変化となるかもしれません。
>>介護食のレトルト商品 種類と選び方

また、ひとり暮らしの高齢者や一人で過ごす時間のあるの方に便利な、高齢者向け食事宅配サービス(宅食・配食サービス)もあります。栄養や噛む力、飲み込む力に配慮したお弁当や総菜を自宅まで届けてくれるサービスです。
>>高齢者向け介護食(やわらか食・とろみ食など)の食事宅配サービスとは

冷蔵や冷凍タイプのものは、毎回決まった時間に配達してくれるため、見守り効果を期待して利用している方もいます。

食事宅配サービスは、全国展開している事業者もあれば、地場のお弁当屋さんが運んでくれるもの、自治体やデイサービスによるものなど、様々なものがあります。様々な選択肢から自分に適したサービスを選ぶために、まずは選択肢を比較し、よく検討してみることをオススメします。

食事宅配サービスを探す

高齢者の食欲を低下させないためにも、うまく利用してみてください。