介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

高齢者向け介護食(やわらか食・とろみ食など)の食事宅配サービスとは

img_service_1_002

介護食とは

介護食とは、噛む力や飲み込む力に配慮して、食べやすく工夫された高齢者向けの食事です。咀嚼嚥下食(そしゃくえんげ食)とも呼ばれています。
>>介護食(やわらか食、とろみ食)とは

義歯が合わないなどで硬いものが食べにくい、食べものが飲み込みにくい、ムセやすいなどがあると、食事量が少なくなり、低栄養が心配されます。また、食べ物が気管に入ってしまうと、誤嚥性肺炎の原因にもなります。

食事宅配サービスでも選べる介護食(咀嚼嚥下食、そしゃくえんげ食)は、カロリー、タンパク質をしっかり確保するとともに、全体の栄養バランスにも配慮して、管理栄養士が栄養計算しながらメニュー作成をしています。見ためのおいしさも十分に考えられています。
>>高齢者向け食事宅配サービス(宅食・配食サービス)とは

また、食事制限のあるお年寄り向けのお食事もあります。
>>腎臓病や糖尿病など食事制限がある方向けの食事宅配サービスとは

介護食(咀嚼嚥下食、そしゃくえんげ食)の種類

噛む力、飲み込む力が弱い方向けに、さまざまな食形態があります。噛む力、飲み込む力のレベルに応じて、適した食形態の宅配食を選ぶことができます。

やわらか食(ソフト食)

見た目はそのままに、やわらかく工夫された食事です。噛む力が弱い方、飲み込む力が少し弱い方に適しています。

やわらか食(ソフト食)は、噛む力・飲み込む力によって更に4つのレベルに分類されます。食事を食べる方の特性に応じて、噛む力、飲み込む力のレベルに応じた、宅配食が用意されています。

食事のタイプを適切に選ぶことによって、適切に栄養補給を行うことが可能です。

少しやわらかいタイプ

大きいものや固いものが少し食べにくい方向け

歯ぐきでつぶせるタイプ

固いものが食べにくく、ものによって飲み込みづらい方向け

舌でつぶせるタイプ

やわらかくて細かければ食べられる、飲み込みづらいことがある方向け

かまなくてよいタイプ

固形物は食べづらく、飲み込みづらい方向け

とろみ食

誤嚥を防ぐために、とろみをつけて飲み込みやすくした食事です。飲み込む力が弱い方に適しています。

ムース食、ゼリー食

ペースト状にした料理にトロミ剤などでムース状、ゼリー状に固めた食事です。形があり、見ためと味のおいしさに配慮しています。噛む力と飲み込む力が弱い方に適しています。

ペースト食

ペースト状にした料理を、トロミ剤などで飲み込みやすい固さに調整した食事です。噛む力と飲み込む力が弱い方に適しています。

ミキサー食

噛まずにすむようにミキサーにかけた食事です。噛む力が弱い方に適しています。誤嚥の可能性があるため、飲み込む力が弱い方には適していません。

きざみ食

やわらかく調理してから、食べやすくきざんだ食事です。噛む力が弱い方に適しています。誤嚥の可能性があるため、飲み込む力が弱い方には適していません。

咀嚼嚥下力(そしゃくえんげ力)別食事タイプのまとめ

噛む力が弱い方向け

・やわらか食、ソフト食
・ミキサー食
・とろみ食
・ムース食、ゼリー食
・ペースト食
・きざみ食

嚙む力と飲み込む力が弱い方向け

・やわらか食、ソフト食
・とろみ食
・ムース食、ゼリー食
・ペースト食

「きざみ食」「ミキサー食」は、誤嚥の原因になりやすいので避けたほうがいいでしょう。

配送タイプも選べます

食事宅配サービス(宅食・配食サービス)には、主食と惣菜がセットになった「お弁当」か、主食は用意できるという方向けの「惣菜のみ」があります。

また、配送方法には、指定した日の同じ時間に配達してもらえる「常温タイプ」「冷蔵タイプ」、まとめて配送してもらえる「冷凍タイプ」や「レトルトタイプ」があります。
見守りを期待する場合には、「常温タイプ」や「冷蔵タイプ」がお勧めです。

どのタイプがいいのかもあらかじめ考えておきましょう。
>>高齢者向け食事宅配サービス(宅食・配食サービス)の選び方

 食事宅配サービスの探し方

食事宅配サービスは、全国展開している事業者もあれば、地場のお弁当屋さんが運んでくれるもの、自治体やデイサービスが運営しているものなど、様々なものがあります。

様々な選択肢から自分に適したサービスを選ぶために、まずは選択肢を比較し、よく検討してみることをオススメします。

食事宅配サービスを探す