介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

212,767件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事
  • 法律・税の相談

福祉用具 とは 種類別選び方と入手方法まとめ

 福祉用具 とは

福祉用具 とは

福祉用具 というのは、障がい者の生活・学習・就労と、高齢者や傷病者の生活や介護および介助を支援するための用具や機器です。ここでは、その中でも介護保険制度で利用可能な 福祉用具 について解説していきましょう。

購入やレンタルに介護保険が適用できるケース

次に該当する場合は、介護保険制度によって福祉用具の貸与(レンタル)、あるいは購入が可能です。

・65歳以上の方で介護もしくは介護予防が必要と認められた方
・40~64歳の方で特定の疾病が原因で介護が必要と認められた方

介護認定によって要支援1・2と認定された場合、介護予防ケアプランの中で特定介護予防福祉用具の貸与や購入をすることになります。
また、要介護1〜5であれば、居宅サービス計画の中で特定福祉用具の貸与や購入をすることになります。

福祉用具の種類

ここでは、特定介護予防福祉用具や特定福祉用具を総称して「福祉用具」と呼びます。これらの中には、次のようなものが含まれます。

・移動関連…車いす、車いす付属品、歩行補助杖歩行器スロープ
・ベッド関連…特殊寝台、特殊寝台付属品、床ずれ防止用具体位変換器
・入浴関連…シャワーベンチ、バスボード、浴槽台、すのこ
・排泄関連…ポータブルトイレ、特殊尿器
・その他…手すり認知症老人徘徊感知機器

福祉用具 手すり

>かいごDB(あがりかまちの手すり)、玄関台

なお、要支援1・2および要介護1の方は、介護保険制度によるサービスが利用できない場合があります。そのため、あらかじめケアマネージャーに相談するか、各地方公共団体の介護保険担当窓口に確認しましょう。

福祉用具の選び方

先に取り上げた福祉用具のうち、代表的なものについて選び方のポイントをご紹介します。

車いす

福祉用具 車いす

>かいごDB(【自走用】ベーシックモジュール車いす)

座位が安定し、楽な姿勢が保てることを第一に考えましょう。次に移乗のしやすさや必要な機能をプラスしていくのがおすすめです。

>>介護用車椅子の選び方と入手・レンタル方法

特殊寝台

福祉用具 特殊寝台(介護ベッド)

>かいごDB(自立支援ベッド RUMIEα 背脚2モーター)

利用する方の日常生活動作に応じて、必要な機能の付いたものを選びましょう。例えば、ゆっくりでも自分で歩いて移動できる場合と、1日の大半をベッドの上で過ごす方では必要な機能が違います。

ポータブルトイレ

福祉用具 ポータブルトイレ

>かいごDB(安寿 家具調トイレ コンパクト)

肘掛けの有無でも、タイプによってはそれが移乗の妨げになることもあります。肘掛けはトイレから立ち上がる際には便利ですが、ベッドからポータブルトイレに移るときには固定式だと移乗しにくいのです。また、背もたれや便座は、クッション素材のものが良いでしょう。クッション素材なら、長時間の利用にも負担がかかりにくくなります。
>>ポータブルトイレ(持ち運びトイレ)の利用方法と選び方

福祉用具の購入に関する補助金制度

福祉用具の購入については、要介護度・要支援度にかかわらず年間10万円までを限度額として、介護保険からの補助が受けられます。
これにより、特定の福祉用具の購入に対して自己負担額が1割もしくは2割で済むでしょう。
ただし、所得によって負担の割合が変わるので注意が必要です。