介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

227,212件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事
  • 法律・税の相談

物盗られ妄想とは 原因と対応方法

imasia_16077345_S

認知症の人には、よく妄想が見られることがあります。

この「妄想」とは、現実にはあり得ないことを真実と思い込むこと。周囲の人がいくら否定をして訂正させようとしても、間違った考えを言い続けます。妄想が見られると、考えを変えることはありません。

その中でも代表的なのが、今回取り上げる「物盗られ妄想」です。

物盗られ妄想とは

物盗られ妄想は、認知症になった人によく見られる被害妄想です。

特徴

物盗られ妄想の特徴には以下のようなものがあります。

・デイサービスやヘルパーを利用しながら在宅介護ができている認知症の人によく見られる
・認知症の初期に見られ、認知症が進行するにつれて減少する
・女性に多い
・過去の出来事に基づいている
・疑いの目がごく身近な人に向けられる
・内容がころころ変わる

認知症になったら必ず出る「中核症状」ではなく、出現に個人差のある「周辺症状」です。そのため物盗られ妄想が全く出ない人もいます。認知症における妄想の出現率は、約15%と言われています。
>>認知症の中核症状・周辺症状(BPSD)

症状

例えば大事な物を取られたと訴える症状です。

そして、盗った人として身近な人が疑われます。自分が置いた場所やしまったことを忘れているだけなのに、「自分が置いていた物がなくなった」と主張し、自分がなくしたとは思っていません。「盗まれたのだ」と考えているので、人を疑ってしまいます。

安心介護に投稿されている物盗られ妄想にはこんなものがあります。

留守の間に財布が盗まれた等の物盗られ妄想と有り得ない自分名義の土地を勝手に売買されてしまった。等の金銭に関わる妄想がひどく自分の中の妄想の話で別居の私(次男)や別居の姉の犯行と決め付けて毎日怒りの電話を掛けてきます。

(引用元)介護のQ&A「認知症の父親の妄想」 

近頃義母は自分で片付けたのをすっかり忘れて、私が勝手に片づけてものがなくなって困ると義姉や周囲に話しているようです。もちろん私は片づけていません。

(引用元)介護のQ&A「義母のものが無くなる妄想について」 

私の夫が毎日家に入って、
薬を盗むとかいたずらすると言います。
以前は父に対して同じ行動でしたが、
父が亡くなりあらためて家の夫に移りました。

(引用元)介護のQ&A「被害妄想の母の入院と送迎について。

統合失調症との違い

妄想が起こる病気に「統合失調症」があります。認知症の妄想との違いは、妄想の内容が固定されていることです。認知症の場合は、妄想の内容がころころ変わります。

物盗られ妄想の原因

認知症の妄想は、その多くがネガティブなものです。

「物が盗まれた」「お金を盗られるのではないか」「自分は家から追い出されるのではないか」など、自分で「こうかもしれない」と思ってしまうと、それが間違いかもしれないとは考えられなくなり、そのまま確信となってしまうのです。このような妄想は、記憶障害や思考力の低下などが重なって起こります。

お金を人に盗られるかもしれないと思って自分で置く場所を変えたのに、移動させたことを忘れてしまう。すると、今度は「お金がない」と訴えます。物やお金の管理ができなくなり、目に見える範囲になくなると「盗まれた」となることもあるでしょう。

また、家族が在宅で介護をしているような場合、自分が何か話しかけたときに「忙しい」「後にして」などと言われると、それを「邪魔者にされた」「のけものにされた」などと感じてしまいます。すると虐げられているという不安が起こり、妄想を引き起こすこともあるのです。

もの盗られ妄想の主な対処方法5つ

1.否定しない

物盗られ妄想が見られる人に対しては、間違いを指摘しないようにすることが大切です。

「盗んだでしょ!」と言われたら、誰でも慌てて「違う!」と否定したくなってしまいますが、否定は逆効果です。

否定せずに、「なくなってしまったのね」と声をかけ、一緒に探してあげましょう。一緒に探すことで、注意がそれることや落ち着くことがあります。

間違いを指摘しても、相手は自分の考えを変えません。否定されることでかえって逆上してしまう可能性もあります。

2.話題をそらす

物盗られ妄想が見られるときは、興奮状態にあることも多いでしょう。

そんなときには、食事の話など別の話をして話題を変えます。孫や趣味のことなど、楽しい話題を振ったり、散歩に出かけたり、小腹を満たしたりすることで、話題をそらして気持ちを落ち着かせましょう。

3.その場を離れる

話題をそらそうとしても興奮状態が治まらない場合、暴言や暴力を受ける可能性があるのでそっとその場を離れましょう。

興奮状態が治まらないようでしたら、ヘルパーさんやケアマネジャーなど第三者に入ってもらうといいでしょう。

4.周囲にあらかじめ伝えておく

本人が「お金を盗む」と周囲に言っていることがあるため、隣人など周囲の人には「もの盗られ妄想」の症状が出ていることをあらかじめ伝え、本人が言い出したら話題をそらしてもらうように伝えておきましょう。

5.専門機関に相談をする

物盗られ妄想が見られた場合、できるだけ早く専門機関に相談してください。

病院で診察を受ける以外に、自治体などの介護相談窓口や地域包括支援センターに、対応を相談するのも1つの方法です。介護認定をまだ受けていないようでしたら、申請をして介護保険サービスを利用しましょう。
>>要介護認定、認定調査の手続きと流れ

物盗られ妄想の予防法と改善策

医師に相談する

気持ちが落ち着く薬を処方してもらうなどの対処方法もあるので、医師に相談してみてください。症状によっては漢方などで改善する場合もあるそうです。

同情する

本人の言葉を否定せず同情してあげるだけで、物盗られ妄想が改善できるかもしれません。

物がなくなって困っている相手に合わせて、一緒に探してあげましょう。「盗った」と言われても「盗っていない」とは言わず、「何かなくなったのですか?」などと声を掛けてあげてください。

話を聞いてあげる

不安な気持ちが原因で、物盗られ妄想を起こしている場合があります。

そのため、話を聞いてあげる機会を増やしてあげると良いでしょう。環境が変わって不安になっているようなこともありますので、忙しいときは「後で聞きますね」などと伝え、時間を作って話を聞いてあげるようにしてください。

主介護者を変える

上記のような対応がいいとは思っていても、なかなか対応するのは難しいものです。

物盗られ妄想は、自分の世話をしてくれる相手に対して出てしまうことがあります。主介護者を変えてみると、それだけで症状が出なくなることもありますし、なによりも介護者自身が落ち着けるようになります。

ほかにもこんな妄想が

認知症で妄想が起こるのは、アルツハイマー型認知症で15~56%、脳血管性認知症で27~60%だと言われています。

その中の4分の3程度に発生すると言われるのが、この「もの盗られ妄想」です。

他の妄想にはこんなものがあります。

・誰かが家の中にいる(3割程度)
・誰かが危害を加えようとしている(3割程度)
・テレビで見たことが家の中に実際に起こった(1割程度)
・ここは自分の家ではない(1割程度)

認知症はご家族の方にとっても辛い病気ですし、介護をしている自分が攻撃されるのは、「頼られている証拠」、「甘えている証拠」だと思ってもやりきれないものがあるでしょう。

ストレスが溜まってしまったら、デイサービスやショートステイを利用して自分の時間を作り、周囲の人や家族会に話を聞いてもらって、ストレスを吐き出すようにしてください。