介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

191,934件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

見当識障害とは

見当識障害とは

家族が認知症と診断されていない時点では、何らかの症状があっても、それを認知症の初期症状と分からないことが多いでしょう。そのため、どのような症状があるのかを知っておくことが大切です。ここでは認知症に見られる初期症状のうち、見当識障害について詳しくご紹介します。

見当識障害とは

見当識とは「今日は何月何日か」「今は何時か」「自分がいる場所がどこか」「目の前の人はだれか」など、自分が置かれている状況の認識のこと。見当識障害とは、「今日は何月何日か」「ここはどこか」「自分は誰と話をしているか」などが認識できなくなる障害です。認知症検査でも、見当識の正確さを判断の基準としています。

見当識障害の原因

見当識障害は、認知症の初期のうちから見られる中核症状です。特に引越しや入院などの環境変化が引き金となって強く現れるとされています。
記憶を思い出しづらい状態で見当識障害が起こると、さらに混乱や不安が大きくなります。

見当識障害の症状と進行

認知症の初期から見当識障害は起こります。初めは認知機能の状態が悪いときに、見当識障害による混乱が現れやすくなります。しかし、認知機能の状態が良いときは障害が見られません。そのため、自身で見当識に弱いと自覚していることもあります。

見当識障害の症状は3つに分けられます。

時間や日付がわからなくなる

初期のころから出てくる見当識障害の症状です。初期の段階では時間や日付を間違えることが多くなります。今日の日付などは障害がなくても間違えやすいですが、今が何月かまで分からなくなる場合、日付を認識できていない可能性があります。長時間待つ、予定に合わせて準備するなども難しくなります。

症状が進行すると、朝昼晩や季節なども分からなくなってくるでしょう。季節に合わない服装をしてしまうことがあります。

場所がわからなくなる

今いる場所がわからなくなったり、通いなれた場所に行くのに迷ったりします。進行すると近所でも迷うようになったり、家の中でもトイレの場所がわからなくなったりします。

人がわからなくなる

アルツハイマー型の方の場合、比較的長く残るのが人の見当識です。それでも認知症の症状が進めば、次第に目の前にいるのが誰かを思い出せなくなります。さらに症状が進行すると、孫を娘などと間違えることや、親しい友人や家族のこともわからなくなってしまうことがあります。

見当識障害の対応方法

見当識障害の症状が現れている人への対応方法にはこんなものがあります。

怒ったり責めたりは避けましょう

見当識障害が現れると、誰かと会う約束を忘れてしまったり、知人を「知らない」と言ったりします。一緒に外出していたのに、迷子になってしまうようなこともあるのです。

このような症状が出ると、近くにいる家族でも怒ってしまうことがあるかもしれません。しかしこうした状態は、病気のために起きています。認識する機能が失われていることを理解してあげる必要があるでしょう。

認知症の相手に怒ったり責めたりすると、よけいに興奮させてしまいます。自尊心を傷つけることにもなり、良いことはありません。例えば「知らない」と言われた知人には、本人のいないところで家族が認知症であることを話してあげましょう。

否定しない

介護者のことを他の家族と間違えたり、自分の年齢を間違えたりしても、否定せずに話を聞いてあげましょう。自宅にいるのに「家に帰る」と言っている場合には、話をうまくそらし、安心できる場所だと思ってもらえるように穏やかに話をしましょう。

見当識障害の症状別の対応方法

時間の見当識障害の対応方法

・会話の中に季節や日付を盛り込むようにしましょう
・午前中にできるだけ日光を浴びる生活をしましょう
・時間がわからずにデイケアなどの支度ができないようであれば、送り出しのヘルパーさんをお願いしましょう
・季節感に合わせた服装ができなくなります。夏に服を着込んでしまうと、脱水症状や熱中症などの原因となります。声掛けをしたり、冬服などをしまったりして、対応しましょう

場所の見当識障害の対応方法

・家の中のトイレの場所がわからなくなってしまっている場合には、部屋をトイレの近くにしたり、寝室にトイレを設置するほか、トイレまでの道順に矢印を設置したりして、視覚的にトイレの場所がわかるようにしてください
・外出する際は外出支援サービスなどを利用して、必ず誰かが一緒についているようにしましょう

>> 徘徊の原因と対応方法

人の見当識障害の対応方法

・家族や大切な人のことを忘れないように、アルバムなどを一緒に見る習慣があるといいかもしれません
・もし相手のことを忘れてしまっても、「味方かどうか」を認知症の方は感じ取ります。視線を合わせて、穏やかに話かけ、信頼関係を保ちましょう。

見当識障害の予防法

見当識障害は、認知症の初期に現れる症状です。そのため、認知症を予防することが見当識障害予防につながります。家庭で取り入れられることとしては「カロリー」「GI値」「抗酸化物質」がキーワードとなる抗認知症食です。低カロリーでGI値が低く、3大栄養素(たんばく質、炭水化物、脂肪)をバランスよく取れる食事を摂るようにしましょう。

また、睡眠を十分にとったり、生活習慣病の治療や予防、適度な運動、脳トレーニング、趣味を持つ、人と交流するなどが認知症予防に効果的です。

見当識障害の改善策

改善策としては、カレンダーや時計を使ってリハビリをすることがおすすめです。

カレンダーに○を付ける

毎朝家族と一緒に、カレンダーの今日の日付に、○印をつけてもらいましょう。そのときに今日の日付を声に出すといいでしょう。

時計を見てもらう

時計はいつも持ち歩いてもらい、「もうお昼だよ」「寝る時間だよ」などと声をかけて見てもらうようにします。部屋に置く時計はアナログのものよりも、日にちや曜日も表示される電波式のデジタル時計がお勧めです。