介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 検索結果

会員登録

ログインはこちらから

検索結果

1

「副作用」の検索結果

並び順 >>
▼ 新しい順  /  ▲ 古い順

家族がアルツハイマー型認知症に。どう対応したらいい?

先日、アルツハイマー型認知症で入院中だった朝丘雪路さんが亡くなりました。 アルツハイマー型認知症は、本人も周囲の家族にとっても心身ともに負担を伴います。 介護者である家族は、認知症の本人とどう向きあっていけばいいのでしょうか? 今回は、アルツハイマー型認知症の具体的な症状と、本…

カテゴリ: 投稿日時:2018/05/24 09:39:36

【2017年から】そのレシートは捨てないで!薬代が控除されるセルフメディ…

2017年1月1日から2021年12月31日まで、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)が始まります。これは自分自身の健康を管理し、軽度の身体の不調を自分で手当てする「セルフメディケーション」を進める観点から導入されたものです。 OTC医薬品という医療用から転用された医薬品…

カテゴリ: 投稿日時:2016/12/23 09:00:15

済んでいますか?小児から感染する肺炎球菌。ワクチンの接種は年末までに

12月から1月にかけて死亡者数が多くなる“肺炎”。厚生労働省が公表している人口動態統計では、2015年の死亡者のうち、肺炎で亡くなった方は12万3000人(死因第3位)だと推計されています。 そのうちの95%が65歳以上だということです。 ダブルケア家庭は要注意 “肺炎球菌”による…

カテゴリ: 投稿日時:2016/10/30 21:00:22

高齢者の低体重がアルツハイマーリスクを高める可能性【最新研究】

体重減少が高齢者にとって様々なリスクを高めることはよく知られています。 体重が減ってしまう理由は、いくつかあります。 ・嚥下能力や消化機能の低下、服薬の副作用などの影響による食欲の低下 ・動かなくなることで重たい筋肉が軽い脂肪に変化 ・水分を蓄えていた筋肉量が減ることで体内の水分量…

カテゴリ: 投稿日時:2016/08/23 21:00:16

なぜ必要?抗認知症薬の少量投与を訴える「抗認知症薬の適量処方を実現する会…

昨年9月に設立された一般社団法人「抗認知症薬の適量処方を実現する会」は、抗認知症薬の少量投与の重要性を訴えている団体です。 なぜ抗認知症薬の少量投与が必要なのでしょうか? 同会の活動内容とともに紹介したいと思います。 厚生労働省からの通知も 認知症の進行を遅らせるための薬が「抗認知…

カテゴリ: 投稿日時:2016/08/06 21:00:58

認知症予防薬はすでにあった? 期待したくなる3つの研究

認知症の予防薬や特効薬は存在していません。発症や進行を防ぐため、要介護者の食事や運動などの生活習慣に気を使っている介護者の方も多いのではないでしょうか。 認知症の発症や進行を抑えるのに有効な薬があれば、本人だけではなく、介護家族も負担が軽くなることでしょう。 多くの人が望んでいる認知…

カテゴリ: 投稿日時:2016/06/06 21:00:15

認知症と間違われやすい高齢者の「てんかん」とは?

認知症と間違われやすいものに「てんかん」があります。子どものてんかんとは違った特徴を持つ、高齢になってからのてんかん。安心介護にもてんかんを持つ人の介護者からの声がたくさん投稿されています。 若いころからてんかんを持っている人もいますが、今回は高齢になってから発症するてんかんについ…

カテゴリ: 投稿日時:2016/05/30 21:00:13

家族や医師が交流し情報交換する「レビー小体型認知症サポートネットワーク」…

レビー小体型認知症は、日本全国に少なくとも90万人はいるとされており、アルツハイマー型に次いで多い認知症です。 患者数が多いのにもかかわらず、世の中にはあまり知られていません。 >>レビー小体型認知症とは 原因・症状・対応方法 誤診が多く、理解されにくい認知症 初期では記憶障害の症…

カテゴリ: 投稿日時:2016/05/27 06:00:09

周辺症状(BPSD)に対する向精神薬使用のガイドラインが改訂

徘徊や興奮などの認知症の周辺症状(BPSD)は、薬の処方によってコントロールすることも可能です。 厚生労働科学特別研究事業による調査では、かかりつけ医の半数が周辺症状(BPSD)に対して向精神薬を処方していることが明らかになりました。 向精神薬とは ・メマンチン、ドネペジルなどの抗…

カテゴリ: 投稿日時:2016/04/30 22:00:52

結核の薬が認知症を予防する可能性 安全・安価な認知症予防薬誕生なるか【最…

認知症の特効薬はまだありません。 そのため認知症の兆候を早くに発見し、予防することが大切だと言われています。 予防には生活習慣の改善や食事などが有効とされていますが、 もしかしたら近い将来、安全で安価な認知症の予防薬が誕生するかもしれません。 結核の薬が認知症を予防する可能性 3月…

カテゴリ: 投稿日時:2016/04/05 09:00:46

介護を受ける方に薬を飲んでもらう3つの方法

介護を受けている高齢者の方の中には、 「薬を飲み忘れてしまう」、「薬を飲んだことを忘れてしまう」、 「薬を飲みたがらない」などの問題を抱えていることがあります。 今回はその中の「薬を飲みたがらない」場合に どうしたら薬を飲んでもらえるようになるのかをご紹介します。 薬を飲んでもらう…

カテゴリ: 投稿日時:2015/09/15 09:10:14

高齢者の薬の副作用を防ぐための方法4つ

年齢を重ねると高血圧、糖尿病、認知症など 慢性疾患のための薬を飲む機会も増えてきます。 しかし、高齢者の体は薬を分解・排泄する機能が弱まっており、 強く効きすぎたり副作用が起こる危険性や、 薬を吸収する力が弱くて効果が表れにくいこともあります。 また、複数の薬を複数の薬局で貰い受け…

カテゴリ: 投稿日時:2015/08/03 09:08:41

費用効果も?“かかりつけ薬局”のメリットとは

“かかりつけ医”という言葉はよく耳にしますが、厚生労働省では現在、“かかりつけ薬局”の推進に力を入れています。 複数の病院にかかっている人は、それぞれの病院で処方箋をもらい、その病院の近くにある薬局で調剤してもらうことが多いと思います。 複数の薬局で薬をもらうのではなく、“かかりつ…

カテゴリ: 投稿日時:2015/07/10 15:19:04

【漫画】認知症、早期診断の目安は初期症状“記憶力低下” ~ 愛犬の名前は…

認知症の方との会話は、混乱してしまうことや分かり辛くて面倒くさいと感じることもありますよね。しかし、認知症の方同士だと、時にはこんなに楽しそうな会話が成り立つようです。 認知症?物忘れ? アルツハイマー病の初期症状の一つに、名前が出てこないなどの「記憶力の低下」があります。ただし、…

カテゴリ: 投稿日時:2015/04/28 16:23:17

1

  介護のQ&A の検索結果を表示(471件)

  共感広場 の検索結果を表示(325件)

  介護の基礎知識 の検索結果を表示(16件)