介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 検索結果

会員登録

ログインはこちらから

検索結果

1 2 3 前ページへ

「介護認定」の検索結果

並び順 >>
▼ 新しい順  /  ▲ 古い順

第10回 賢く選んで賢く節約 ~おむつの最適な選び方・使い方~【PR】

提供:花王株式会社 リリーフ おむつを利用している方の中には、その使い方によって月々数万円のおむつ代が掛かってしまうケースもあります。しかし、いくつかのポイントを押さえることでおむつ代を節約し、家計の負担を少なくすることが可能になるケースがあります。今回は、大人用紙おむつ代を抑える節…

カテゴリ: 投稿日時:2019/03/28 08:30:33

【介護初心者向け】福祉用具の選び方

福祉用具の選び方 福祉用具といっても、様々な種類の用具があります。これから利用したいと思っているのであれば、使い方、選ぶポイント、機種などを知っておくとよいでしょう。 福祉用具は、介護認定を受けている場合のみ利用できると思っている方も多いのですが、介護認定を受けていない場合でもレン…

カテゴリ: 投稿日時:2019/01/21 09:22:13

第9回 介護のおむつ代を抑える おむつ給付、おむつ代の助成とは?[PR]

提供:花王株式会社 リリーフ 大人用紙おむつは、介護家族にはとても身近な存在です。排泄の失敗を予防するために使っている人もいれば、寝たきりや認知症のために大人用紙おむつが欠かせない人もいます。 ケアマネジャーが作成したケアプランに基づき、所得に応じて1割から3割の利用者負担で、介護サ…

カテゴリ: 投稿日時:2018/10/25 10:00:18

実際と異なる要介護認定が出たら“不服申し立て”より“変更申請”を

介護保険サービスを利用する際に必要となるのが要介護認定です。 >>要介護認定、認定調査の手続きと流れ 主治医の意見書や訪問調査を経て、要支援・要介護度が決まります。それによって使えるサービスや介護保険が適用される限度額が変わってくるため、「実際通りに認定されるだろうか」と不安を感じ…

カテゴリ: 投稿日時:2017/02/28 09:00:51

【アンケート結果】「混合介護」で使いたいサービスや使ってもいい金額は?

自由化の方向で検討されている「混合介護」。介護保険が適用される介護保険サービスと、介護保険が適用されず全額自己負担となる介護サービスを同時に受けられるというものです。 >>混合介護とは? 今までは明確に分けなくてはいけないとされていたため、同時提供には規制がかかっていました。 この…

カテゴリ: 投稿日時:2017/02/16 09:00:46

介護認定の訪問調査について知っておきたいこと 取り繕い対策や主治医との…

新規で要介護認定を受ける際にも、更新の際にも行われる「訪問調査」。要介護度の判定のため、市区町村の担当職員などが本人の自宅などを訪れる調査です。 安心介護内の投稿でも、訪問調査を前に不安を感じている方からの声が投稿されています。 今回は専門家のアドバイスを中心に、訪問調査で後悔しな…

カテゴリ: 投稿日時:2017/02/01 09:00:50

介護認定の更新審査の簡素化で介護者の負担はどう変わる?

厚生労働省は1月19日、都道府県や指定都市などの担当者を対象に「全国厚生労働関係部局長会議」を開催しました。 あわせて公開された介護保険制度の見直しについての資料から、「要介護認定の更新」に当たる部分をまとめたいと思います。 要介護認定更新の流れ 要介護認定の更新は、有効期間満了日…

カテゴリ: 投稿日時:2017/01/31 09:00:58

ヘルパー、介護職に感じること~介護される立場から①

ご家族や施設を利用されている高齢者の方を「介護する立場」からの意見やアドバイスはよく目にしますが、「介護される立場」の方は実際どのように感じられているのでしょうか? 今回はパーキンソン病で訪問介護を利用されているカズ様に、介護を受ける立場からのご意見をいただいたので、2回に分けてご…

カテゴリ: 投稿日時:2016/12/03 09:00:32

介護認定率に最大約1.6倍の地域差 データの「見える化」でどう変わる?

2016年3月、厚生労働省は、内閣に設置され、関係閣僚で構成される「社会保障制度改革推進本部」の「第7回医療・介護情報の活用による改革の推進に関する専門調査会」で、初めて都道府県別の介護認定率や第1号被保険者における1人当たりの介護費を公表し、自治体によって差が出ているという実態を…

カテゴリ: 投稿日時:2016/11/29 09:00:45

【卒・介護者インタビュー】主介護者の母をサポートするために介護離職も。母…

「介護」と一言で表しても、人それぞれ事情や中身は違います。それでも介護を通じて得た経験や知識は、確実に誰かを救い役に立つことは、安心介護内のやり取りを見ていると実感できます。 人々は介護が終わった時に何を想い、何を伝えたいと思うのでしょうか? 今後安心介護では、介護が終わった方にご…

カテゴリ: 投稿日時:2016/11/16 09:00:24

ケアマネ・医師・役所などに相談する際のポイント【アンケート結果】

安心介護ではサイトを利用しているユーザーを対象に「後輩たちに伝えたい家族介護のノウハウ」を教えていただくアンケートを行い、33名から回答を得ました。 その中から、ケアマネジャーや医療機関・地域包括支援センターなどに相談する際のポイントについてのご意見をいくつか紹介します。 とりあえ…

カテゴリ: 投稿日時:2016/11/03 21:00:45

【アンケート結果】介護の相談先について―相談内容や満足度、求めることなど

介護は一人ではできません。そこで必要になってくるのが、「信頼できる相談相手」です。それでは皆さんは、どこにどんな相談をしているのでしょうか。 安心介護では会員の方を対象に、「介護の相談先」についてのアンケート調査を実施し、151名の方から回答を得ました。 その結果をお知らせします。…

カテゴリ: 投稿日時:2016/10/26 21:00:25

40歳以上が高齢期に思うこととは?「一人暮らしが不安」が8割―厚生労働白…

厚生労働省は10月4日、40歳以上の男女3000人を対象にした調査をまとめた「厚生労働白書(2016年版)」を公表しました。 40歳以上の人々は、高齢期についてどう思っているのでしょうか。 8割、高齢期の一人暮らしが「不安」 「老後に一人暮らしをすることになった場合に不安はありますか…

カテゴリ: 投稿日時:2016/10/17 21:00:31

要介護度更新認定の有効期間が最長3年へ

9月7日、2018年の保険制度改革に向けて話し合う介護保険部会が開かれ、要介護度の更新認定の有効期間を最長「36カ月(3年)」に延長することで大筋合意されました。 現在は最長24ヵ月(2年) 現在、要介護度の更新認定の有効期間は原則「12ヵ月(1年)」です。 ただし、心身の状態によ…

カテゴリ: 投稿日時:2016/09/13 21:00:31

【アンケート結果】1割以上が経験している“介護離職”-その経緯と今後につ…

身近な人の介護をきっかけに仕事を辞めざるをえなくなる「介護離職」。年間約10万人が介護離職しているとも言われています。 収入が減ってしまうのはもちろん、社会とのつながりが減ってしまうため、経済面や精神面で苦痛を感じている方が多くいます。また、経験や知識が豊富な従業員が離職してしまう…

カテゴリ: 投稿日時:2016/08/21 21:00:18

厚労省、介護休業の要件緩和へ 気になる新基準は?

7月8日、介護休業取得の要件を緩和する新基準が、有識者会議でまとめられました。介護休業の取得を促し、介護離職を減らすことが目的です 介護休業がとりやすくなるのは、介護者にとっては心強いものです。ではどの程度緩和されたのでしょうか? 詳細を解説します。 これまでの判断基準 これまでの…

カテゴリ: 投稿日時:2016/07/21 21:00:10

介護保険料の滞納による差し押さえ処分、初の高齢者1万人超

介護保険料を滞納してしまい、市区町村から資産の差し押さえ処分を受ける65歳以上の高齢者が、2014年度に初めて1万人を超えました。 実際に財産を処分されたのは6305人 厚生労働省が1741市区町村を対象に調査したところ、滞納をして預貯金や生命保険などの差し押さえ処分を受けた高齢者…

カテゴリ: 投稿日時:2016/07/07 21:00:36

料理で脳と身体を健康に!“お料理デイ”とは?

ある人にとっては趣味であったり、日常的に行う家事だったりする“料理”。調理実習のようにグループでの料理作りを通して、脳や身体を活性化させる取り組みが進んでいます。 「お料理デイ」が登場 火や包丁を使うのに不安が残る認知症の方や高齢の方でも、専門家がつきっきりになって様子を見てくれる…

カテゴリ: 投稿日時:2016/06/28 21:00:11

介護認定者数が初の600万人越え、要介護2までが65%を占める

厚生労働省は6月13日、2014年度の「介護保険事業状況報告」を公表しました。 要介護認定者数、初の600万人越え 要支援や要介護に認定されている人は、前年度より22万人増えて、606万人。2000年の制度開始から初の600万人越えとなりました。 65歳以上の占める要介護認定者の割…

カテゴリ: 投稿日時:2016/06/27 21:00:36

昨年度の相談件数は過去最多 「若年性認知症コールセンター」を利用する人っ…

2009年10月、認知症介護研究・研修大府センターに開設された、全国唯一の「若年性認知症コールセンター」。 どんな人が利用し、どんな相談が寄せられているのでしょうか。大府センターが発表した「若年性認知症コールセンター2015報告書」から、まとめてみたいと思います。 相談件数は年々増…

カテゴリ: 投稿日時:2016/05/28 21:00:38

1 2 3 前ページへ

  介護のQ&A の検索結果を表示(1683件)

  共感広場 の検索結果を表示(810件)

  介護の基礎知識 の検索結果を表示(88件)