介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 検索結果

ログインはこちらから

検索結果

1

「流動食」の検索結果

並び順 >>
▼ 新しい順  /  ▲ 古い順

中心静脈栄養とは?

 病気や手術などで一時的に口から食事が取れなくなったり、消化管がうまく機能しなくなったりする場合に、人工的に体に水分や栄養を補給する人工栄養法をとる場合があります。人工栄養法には、胃や腸を使う「経腸栄養」と、血液に直接栄養を入れる「経静脈栄養」の2種類の方法があり、高齢者でも用いられ…

カテゴリー:介護と栄養補給

高齢者に多い誤嚥性肺炎とは?

誤嚥性肺炎とは、気管内に食べ物や唾液、逆流した胃液などとともに口の中の細菌が流入することによって、肺に炎症を引き起こす病気のことです。誤嚥性肺炎は、物を飲み込む力や反射、気管に異物が入り込んだ際に咳が出る反射などの嚥下機能が衰える「嚥下障害」が根本的な原因です。嚥下障害は高齢者に多く…

カテゴリー:高齢者の口腔ケア・嚥下

認知症の食事拒否 6つの原因と対策

認知症の方だけではなく、高齢者の方が楽しみにしているのが“食事”や“おやつ”です。生きていくうえでも食べることは大切です。 お年寄りの中には、日常生活で動くことが少なくなっているため、若い人よりもお腹が空きにくいことがあります。だからといって、食事をとってくれない日が、何日間も続くの…

カテゴリー:認知症患者への対応方法

混合介護とは?

このところ、「混合介護」に関するニュースを見かけることが多くなりました。ここでは充実することでメリットを得られる方がとても多くなると考えられる混合介護についてご説明します。 混合介護とは? 介護サービスには介護保険で認められている「原則として1割負担の介護サービス」と、介護保険では…

カテゴリー:介護保険外サービス

日清オイリオグループ株式会社 「トロミアップパーフェクト」 何にでもと…

今回は「やわらか食」の基準であるユニバーサルデザインフード(UDF)の中の「とろみ調整食品」についてのお話です。UDFでは「区分1~4」とは別に、飲食物にとろみをつける「とろみ調整食品」の基準も設けられています。 インタビューにうかがったのは、食用油の「…

カテゴリー:高齢者の食事の種類, 高齢者の食事と栄養補給

ホリカフーズ株式会社 「おいしくミキサー」シリーズ 味に驚く「ペースト状…

「やわらか食」を開発・販売している企業のお話をご紹介している記事、今回うかがったのは、新潟県を拠点とし長年にわたり、加工食品を手掛けてきたホリカフーズ株式会社です。ホリカフーズは、食肉缶詰や業務用・災害用食品に加え「FFKブランド」としてユニバーサルデザ…

カテゴリー:高齢者の食事の種類, 高齢者の食事と栄養補給

森永乳業株式会社 「やわらか亭」シリーズ 介護を楽にする「ごはんとおかず…

今回、やわらか食のお話をうかがった企業は「ビヒダスヨーグルト」や「クリープ」、アイスクリームの「ピノ」など数多くの身近な乳製品を手掛けてきた森永乳業です。グループ会社で長年、病院用流動食を開発・製造・販売してきた歴史があり、近年では在宅介護の高齢者向け食…

カテゴリー:高齢者の食事の種類, 高齢者の食事と栄養補給

介護食(やわらか食、とろみ食)とは

介護食とは 咀嚼力(食べ物を噛む力)や嚥下(飲みこむこと)の機能に問題があると、口から食べ物を食べられなくなったり、食べ物などが気管に入ってしまう誤嚥を引き起こすことがあります。 >>誤嚥とは 原因・症状・対策 在宅で介護をする場合、高齢者の食べる力をチェックして、噛む力や飲み込…

カテゴリー:高齢者の食事の種類

食べないときの原因と対応

認知症になると、周りの家族からは何が原因なのか分からない症状がよく見られます。急に食べなくなることも、このような問題の1つです。そんなとき、いったいどう対応すれば良いのでしょうか。 食べないとき いつも食事をしている時間に食事を用意しても、食べることを拒まれてしまう。そんな場合には…

カテゴリー:認知症のケアと介護

介護食のレトルト商品 種類と選び方

介護食とは 介護食は「形態調整食」「咀嚼嚥下食(そしゃくえんげ食)」とも呼ばれ、咀嚼や嚥下機能に障害を持つ人がしっかりと栄養を摂ることを目的に、食べ物を調整した食事のことです。 介護食の始まりは1984年、小田原の特別養護老人ホームにて、認知症終末期の人の水分補給として開発された「救…

カテゴリー:高齢者の食事の種類

1

  介護のQ&A の検索結果を表示(72件)

  共感広場 の検索結果を表示(29件)

  介護の記事 の検索結果を表示(0件)