介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 検索結果

会員登録

ログインはこちらから

検索結果

1

「副作用」の検索結果

並び順 >>
▼ 新しい順  /  ▲ 古い順

「変性症膝関節症」とはどんな病気?|要介護認定の特定疾病

加齢とともに多くなる疾患に「変性症膝関節症」があります。膝の変形と痛みがあるのが特徴で、厚生労働省によると、膝痛を自覚している人は約1,000万人、潜在的な患者数は3,000万人ともいわれています。 多くの人がかかる可能性がある変性症膝関節症を学んでみましょう。 目次 「変形性膝…

カテゴリー:高齢者の心と体, 高齢者と高齢化の基礎知識

認知症の食事拒否 6つの原因と対策

認知症の方だけではなく、高齢者の方が楽しみにしているのが“食事”や“おやつ”です。生きていくうえでも食べることは大切です。 お年寄りの中には、日常生活で動くことが少なくなっているため、若い人よりもお腹が空きにくいことがあります。だからといって、食事をとってくれない日が、何日間も続くの…

カテゴリー:認知症患者への対応方法

舌苔とは 原因・症状・対策

口の中には常に唾液などの水分があります。さらに食物を食べたり飲んだりする器官のため、さまざまな細菌や汚れが発生する可能性が避けられません。 特に何の変化もなく生活していても、知らないうちにトラブルが起こっていることがあるでしょう。 そうしたトラブルが起きているかどうかを見極めるポ…

カテゴリー:高齢者の口腔ケア・嚥下

うつ・抑うつの対応

うつ・抑うつとは うつや抑うつとは、一般的には特に体の異常がないにも関わらず、次のような症状が見られるものです。 ・不眠 ・気分が落ち込む ・やる気が出ない ・無関心 ・食欲不振 ・空虚感 ・自殺願望 など 認知症によるうつ・抑うつ 認知症によるうつや抑うつでは、初期段…

カテゴリー:認知症の症状

認知症による暴力・暴言の原因と対応

暴力・暴言とは 認知症になると物を投げたり壊したり、殴りかかるなどの暴力行為が出ることがあります。あるいは突然大声を出して怒ったり、暴言を吐いたりするような症状です。 中には、投げたものが介護者にあたって大けがをしたというケースもあります。また、デイサービスや介護施設で暴力をふるい…

カテゴリー:認知症のケアと介護

メマリー(メマンチン)とは

アルツハイマー型認知症は、認知症の中でも多く見られるものです。 症状が進行すると、介護者を含めた周囲の人に大きな負担が生まれるでしょう。ここでは、アルツハイマー型認知症の治療に用いられる薬「メマリー(メマンチン)」について解説します。 メマリー(メマンチン)とは メマリー(メマンチ…

カテゴリー:認知症の薬

認知症による幻覚、錯覚の原因と対応

実際には見えるはずのないものが見えた。認知症になると、そんな経験のある方は多いでしょう。例えば「幽霊を見た」というのも、この状態と似ています。 単なる勘違いかもしれませんが、当人にとっては「本当に勘違いだったのか」「もしかしたら心の病気なのかもしれない」と感じてしまうでしょう。 こ…

カテゴリー:認知症の症状

徘徊の原因と対応方法

認知症による徘徊とは 認知症の症状の1つに徘徊があります。 これは家の中はもちろん、外を1人で歩きまわるという行動です。周りから見ると、意味もなく歩き回っているように見えるかもしれません。 しかし本人は、ちゃんと目的を持って歩き回っています。家の中では何かを探している場合が多く、外…

カテゴリー:認知症の症状

傾眠とは 原因と対策、注意点について

高齢者でよく見られる状態に“傾眠”または”傾眠傾向”があります。これは「うとうと」としている状態です。そっとしておくと眠り込みますが、深い眠りではないので、大きな音などで目が覚めます。しかし、しばらくするとまた眠ってしまいます。 傾眠は、認知症などの高齢者にとってはよくある症状です。…

カテゴリー:高齢者の心と体

リスパダール(リスペリドン)とは

認知症の方に処方されることも多い“リスパダール(リスペリドン)”は、ベルギーに本社のある製薬会社ヤンセンファーマが、1984年に開発した薬です。 1996年4月には、日本でも統合失調症に用いる薬として承認されていますが、それ以外の精神症状でも処方されており、認知症の方に処方されるこ…

カテゴリー:認知症の薬

帰宅願望や夕暮れ症候群(夕方症候群)の原因と対応・対策

帰宅願望、夕暮れ症候群とは 介護施設や自宅にいるお年寄りが夕方になると「家に帰りたい」と言い出したり、実際に施設や家を出て行ってしまうことがあります。 これは帰宅願望と言う症状であり、「夕暮れ症候群」、「夕方症候群」などとも呼ばれています。 認知症の症状には必ず起こる中核症状と、…

カテゴリー:認知症患者への対応方法

レビー小体型認知症とは 原因・症状・対応方法

レビー小体型認知症は、患者数が特に多い「三大認知症」とされている認知症です。「三大認知症」にはほかに、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症があります。 最も多いのがアルツハイマー型認知症で全体の50%、レビー小体型認知症は2番目に多く、20%を占めます。 レビー小体型認知症の原因…

カテゴリー:認知症の種類

認知症と間違えやすい病気

認知症は、さまざまな症状が見られます。そのため、他の病気と間違えやすい場合もあるでしょう。 >>家庭で認知症かどうかをチェックするポイント 認知症と区別がつきにくいこともありますが、いずれも治療によって改善されることが多いので、正しい診断と早期発見が大切です。それぞれの病気ごとに原…

カテゴリー:認知症の種類

アリセプト(ドネペジル)とは 利用者の声もご紹介

アリセプトは認知症の治療に広く使われています アリセプト(ドネペジル)は認知症の治療薬の1つで、エーザイ株式会社が開発・販売しているものです。 アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の進行を抑制します。 この薬は、古くから認知症の治療に使われてきました。そのため、国内外ともに大…

カテゴリー:認知症の薬

ドライマウス(口腔乾燥症)とは 原因・症状・対策

ドライマウスとは、唾液の分泌が少なくなり、口腔内が乾燥した状態が3ヵ月以上続く状態です。日本語名で「口腔乾燥症」と呼ばれます。 ドライマウスは虫歯、歯周病、口臭のを引き起こすほか、摂食嚥下障害の原因になるため、高齢者が気を付けたい病気です。 また、全身の乾燥状態ともかかわっており、…

カテゴリー:高齢者の口腔ケア・嚥下

1

  介護のQ&A の検索結果を表示(466件)

  共感広場 の検索結果を表示(323件)

  介護の記事 の検索結果を表示(14件)