介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  
  •   【発表】2020年1月実績のボーナスポイント付与しました…
  •   【発表】2020年1月のダイヤモンド回答者
  •   安心介護ご利用にあたって

安心介護トップ > 検索結果

会員登録

ログインはこちらから

検索結果

1 2 3 前ページへ

「延命措置」の検索結果

並び順 >> 共感した人数の多い順 共感コメントの多い順 新しい順 古い順

「平穏死」を選びました。誤嚥性肺炎で入院→延命拒否→自宅での看取り

家族の希望を聞かずに、自分の考えに固執する、それも医療のレベルが低いくせに。最後は、余計な水分や延命措置せずに、ドライな体にして、枯れるように行かせるのが、私の家族への希望。この看護師は、医者向けの医...

共感した人数:91 共感コメント数:20 共感カテゴリ:介護をふりかえって
投稿日時:2017/04/17 13:33:47 投稿者:まめ

さよならへのカウントダウン

を告げられ、もう人工透析はやめてもいいんではないかと話がありました。人工透析をやめるということは延命措置をやめるということ。たとえば人工呼吸器をはずすのに近い。脳の萎縮も進んだ今、見えない,話せない、...

共感した人数:87 共感コメント数:13 共感カテゴリ:介護中(別居)
投稿日時:2018/12/03 16:11:32 投稿者:aaya

母の命を絶つ選択

あなたが自分を責めることはないです。私の母は余命宣告を受け延命措置の有無を問われましたが、しないと決めました。今は、回復し在宅介護をしていますがもしその時になっていたら私は延命措置を願っていたと思いま...

共感した人数:56 共感コメント数:11 共感カテゴリ:介護中(同居)
投稿日時:2018/09/05 10:23:34 投稿者:sunsunsun

TVの認知症特集

地域とともに。」とか、それができないから、困っているのにって思います。「自分らしく生きたいから、延命措置はいらない。」なんて、語る、文化人風の方々、、。でもね、認知症はいってくると、本能的な生への執着...

共感した人数:42 共感コメント数:11 共感カテゴリ:介護をふりかえって
投稿日時:2017/02/17 23:35:11 投稿者:かいたろ

介護生活の終わり

デイサービスの方より黄疸の疑いありと言われ検査し結果は胆管癌で余命は1~3ヶ月、手術も不可能で、延命措置は行わず痛みのみ取るとの家族の総意により残った時間を住み慣れた自宅で。日々衰弱してゆく母に沿い出...

共感した人数:39 共感コメント数:0 共感カテゴリ:介護をふりかえって
投稿日時:2014/05/18 15:15:27 投稿者:みちお

胃ろうに決めた私を許してください。

栄養の処置をしてもらいました。寝たきりでしたが、まだ会話もできてしっかりしてました。世間はとかく延命措置に批判的ですが、自分が渦中に置かれたら、果たしてどれだけの人が延命しませんと決断できるでしょうか...

共感した人数:37 共感コメント数:4 共感カテゴリ:介護中(同居)
投稿日時:2016/04/28 09:26:27 投稿者:おまけの子

看取りについて

、在宅主治医、介護施設(ショート、デイの方々)で担当者会議を行いました。母と私、主治医の中では、延命措置はしないとの話はしております。これから何起ころうと救急車を呼ぶ事はしません。ここで言って良いか悩...

共感した人数:29 共感コメント数:12 共感カテゴリ:介護中(同居)
投稿日時:2018/02/25 13:44:03 投稿者:くーなる

終末期に関する意思確認

モコナさんおはようございます。私も健康な今は自分では延命措置は選ばないと言っているけれど、その時が来たらどうなんだろうと。やはり怖いだろうし子供ともう会えなくてなるという事が耐えられるんだろうか、と思...

共感した人数:28 共感コメント数:28 共感カテゴリ:介護中(別居)
投稿日時:2018/11/07 14:03:04 投稿者:リト

つらいです。

宣告をされたときのことを思い出しました。母は十分頑張ったからこれ以上苦しませたくないということで延命措置はしないと家族で決めました。でも、本当は一秒でも長く生きてほしいと思っていました。母は、回復しま...

共感した人数:28 共感コメント数:13 共感カテゴリ:介護中(同居)
投稿日時:2018/06/05 23:01:20 投稿者:azy

結局は……

たと全く同じでした。故実母は、私が、短大卒業間近に、長年の糖尿病の合併症から、慢性腎不全になり、延命措置である『人工透析』を、するかしないかの選択を、医師に迫られていたそうです。当時、私は、短大の卒業...

共感した人数:28 共感コメント数:10 共感カテゴリ:介護中(同居)
投稿日時:2018/09/13 21:46:24 投稿者:こひなた

親が悪い?

父様を非難するような言葉でお辛かったでしょう。お友達に言われたのかな、と勝手に想像していますが。延命措置はその人の死生観、宗教観、立場により、人さまざまでとてもデリケートなことですが、亡くなったすぐに...

共感した人数:26 共感コメント数:14 共感カテゴリ:介護をふりかえって
投稿日時:2019/03/03 17:05:51 投稿者:m30

命の選択について

は結婚したときにすぐにお互いの意思の確認という事で、弁護士立ち合いのもとに、「何かあった場合には延命措置はとらない」という事を書面に残しました。自分が植物状態などになった時に残された家族に色々な負担を...

共感した人数:26 共感コメント数:11 共感カテゴリ:これから介護
投稿日時:2012/10/03 15:48:06 投稿者:yacco

胃ろうを使って迎える「平穏死」も「尊厳死」もある

胃ろうを単に延命措置と考えていて将来そういう場面が来たら、選ぶのをやめようと思っていました。母は認知症がありますから、相当悪くなっていると思えます。胃ろうも普通になっていき、前より便利になっているんで...

共感した人数:25 共感コメント数:10 共感カテゴリ:介護中(別居)
投稿日時:2017/10/10 18:55:03 投稿者:はるうさぎ

インフォームドコンセント

ますが、今後急変する可能性もあります。またもしもの場合に確認しておかないといけないことなのでって延命措置の話をしてきた!が、そんなこと家族は分かってますよ。もっと希望を持って前向きに考えたいのに、悲し...

共感した人数:25 共感コメント数:6 共感カテゴリ:介護中(別居)
投稿日時:2019/05/28 16:57:45 投稿者:ザンギ

死に方を選んだ利用者さん

あるでしょう。最後を迎える場所を選択するための延命処置というのもあるのだと思うのですよね。だから延命措置を「正しい」「正しくない」で判断しようとするのはムリな話だと思っているのですが、どうしても正悪つ...

共感した人数:23 共感コメント数:10 共感カテゴリ:介護をふりかえって
投稿日時:2011/07/09 22:32:19 投稿者:のぶ

中心静脈栄養を

明日、中心静脈栄養を摂取するための処置をしてもらう。胃ろう栄養が難しくなってきたから。延命措置は選ばないと思うけれど、今年69歳に。私との意思疎通もできる。息子や孫が来るからと言えば満面の笑顔を見せて...

共感した人数:22 共感コメント数:12 共感カテゴリ:介護中(別居)
投稿日時:2019/01/06 18:34:44 投稿者:リト

中心静脈栄養

リトさんこんばんわ状況は違いますが、私の母は現在経鼻栄養です。もうすぐ半年が過ぎます延命措置なので、やっぱり心がチクリと痛みます(元気頃は延命は嫌がってましたので)それでも面会に行きにこりと笑う母を見...

共感した人数:21 共感コメント数:10 共感カテゴリ:介護中(別居)
投稿日時:2019/01/10 12:56:17 投稿者:リト

母さんいいかなぁ ごめんね

が来たのが先週土曜私はその時埼玉在住の娘が3人目を3月に産んだので、産後の手伝いに行っていた。。延命措置はしないと決めていたけど、今帰れない決断がつかない。。。いつも親身になってくれる施設長が「経鼻栄...

共感した人数:21 共感コメント数:1 共感カテゴリ:介護中(別居)
投稿日時:2018/04/22 19:04:26 投稿者:たれまま

今日、金封(不祝儀袋)を買い求めて

を確認して帰宅します。一昨年の夏、母が誤嚥性肺炎で入院したとき、医師から危険な状態であることと、延命措置を使うかどうかの選択を迫られましたが、私一人では判断しかねて遠方に住む姉に電話でたずねたところ、...

共感した人数:21 共感コメント数:22 共感カテゴリ:介護中(同居)
投稿日時:2013/03/26 19:47:06 投稿者:きょうちゃん

姉と弟の険悪な関係

今年1月末に実父がインフルをこじらせ、重篤な肺炎になり、ICUへ救急搬送。危篤状態になったとき、延命措置(人工呼吸器の装着)をするかどうか、家族全員の同意をとってほしいと医者に言われたとき、弟とちょっ...

共感した人数:20 共感コメント数:6 共感カテゴリ:介護中(別居)
投稿日時:2015/04/21 06:05:52 投稿者:シュアフロー

1 2 3 前ページへ

  介護のQ&A の検索結果を表示(36件)

  介護の記事 の検索結果を表示(1件)

  介護の基礎知識 の検索結果を表示(1件)

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう