介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護のQ&A > 在宅介護 > 介護の方法 > 病気を持つ方の在宅介護

会員登録

ログインはこちらから

専門家に質問する

質問

アルコール性肝硬変末期で余命宣告され、認知障害を発症している妻の弟について



アルコール性肝硬変末期と診断され、最近認知症様の症状が酷くなってきた義弟(43歳 独身)に対してどう対処すればよいのか悩んでいます。

大変長くなりますが、まずは現在までの経緯を説明させてください。なお、上の「介護状況」は100%正確に彼の現状を表せていません。

家族構成:
父 (3年ほど前に死去)
母 (約30年前に死去)
姉 (私の妻。15年ほど前に結婚して上京)
弟 (父の死後上京)

義弟の経緯:
- 義父が酒好きだった影響もあってか、若い頃から酒量は多く、酒癖は決して良くなかったようです。
- 20代前半から義父の会社(家族経営)で勤務
- 10年ほど前に妄想や徘徊が始まり、知人の紹介で精神病院に保護入院。診断名は統合失調症およびアルコール離脱
- 入院中に会社が倒産したため、退院後は基本的に無職かアルバイト
- いくつかの会社に契約社員などの形で就職してはみたものの、ストレス等で統合失調症の症状が再発して退職
- 退院後しばらくは断酒していたが、時期は不明だが飲酒を再開(後からきいた話では義父に勧められたらしい)
- 飲酒再開後にバイク便のアルバイトを始め、出勤時に酒臭いと仕事をさせてもらえないことがあったため、勤務前日は飲まないようにしていた(本人談) (この仕事は上京直前まで継続)
- 義父が亡くなった後、病気のこともあり独りで故郷に置いておくのが不安だとの妻の意向もあって、上京して私の自宅近くに住むことに
- 無職のため住居が見つからず、やむなく私の名義を貸すことで賃貸マンションに入居
- 工場やコンビニなどのアルバイトをしながら正社員で事務職を探すが、うまくいかず
- 工場のアルバイトは「腰痛が出そう」と2〜3回行っただけで辞めた
- コンビニの夜間アルバイトはしばらく真面目に働いていたようだったが、だんだん休みがちになり結局首に(休む口実は「腰痛」でしたが、出勤前に私の家で食事をしている状態をみると、飲酒が原因だったように見えます。振り返ると、この頃からアルコール依存症だった可能性があると思います)
- コンビニを首になった後は結局次の仕事は見つからず(というか依存症の影響だったのか仕事すること自体への意欲が著しく減退していた様子)、今年に入って生活保護を受けるように
- 生活保護を受けるようになって引きこもり傾向が更に強まり、1日中部屋で酒とタバコとテレビだけで過ごすように
- セルフネグレクト状態に近かったと見られ、部屋の掃除や寝具の洗濯等長期間しておらず、タバコ・酒と溜まった汚れの臭いが染み付いて、たまに会うと酷い臭いがしていました。
- 今年夏頃から脚が痛むと訴え始め、診察を勧めても費用を理由に病院には行かず
- その後「食べたものを全部吐いてしまう」などと訴え、妻が「酒の飲み過ぎではないか、少し酒を絶ってみたらどうか」と勧めてようやく飲酒を一時やめてみることに
- それから数日経って、生活保護課のケースワーカーからも脚が痛いなら病院に行けば、と勧められてようやく近所の総合病院の整形外科を受診
- その時点で黄疸が強く出ており、血液検査の結果を見た整形外科の医師が内科に回して肝硬変の診断を受けて緊急入院(期間は2週間)
- 総合病院では詳しい病状は教えてもらえず、近隣の肝臓専門医がいる病院に行くよう伝えられる
- 妻の付添で専門医の診察を受け、アルコール性肝硬変末期であり、妻に余命2週間(本人には余命半年)と告げられる(8月上旬)
- 本人の希望を尊重する形で自宅療養となり、生活保護課から紹介された在宅医療専門医が主治医となって週1日訪問、市から委託を受けたヘルパーが毎日訪問して介助してもらうことに(生活保護を受けていたため費用はすべて地方自治体負担)
- 新しい主治医の見立てでは2週間の余命は短すぎで、長ければ数カ月はもつのではないかとのこと
- 9月中旬に様子がおかしくなり、辻褄の合わないことや、ヘルパーさんとも会話が成り立たずブツブツと独り言を言い始める。この時点では本人にもおかしいという自覚があった模様
- 前述の脚の痛み(アルコール性肝硬変による神経の損傷から来ているらしいとの診断)から歩行困難となっているため、外を出歩くことは止めていたのですが、ひとりで外に出て近所のコンビニに行き、何を思ったか警察を呼んでほしいと店員に依頼して騒ぎを起こしました(上と同時期)
- ヘルパーさんから主治医に連絡があり、主治医の紹介で近隣の精神病院に保護入院措置(9月20日頃〜現在まで。退院は未定)
- 精神病院の医師の話では、まだ若いので肝硬変でも数年生きる例も多いとのこと(女流棋士林葉直子さんの例など)

現在にいたり、現在は入院1ヶ月ちょっとというところです。この間、自宅にいないため住居に対する生活保護費が大幅に減額され、年内は義弟の収入源である障害者年金と生活保護費を合わせても家賃・光熱費・通信費などを支払うとほとんど残らない状況です。

問題となっている認知障害の症状ですが、入院当初は統合失調症とも思えるような状態だったのが少し落ち着いてきたと思ったら、高齢者の認知症のようにも見える症状に変わってきました。

まず、お金の計算ができない。経済状況は上に書いたような状態ですが、お金が余っていると思っているようで、病院でテレフォンカードを買って主に昔の知り合いや幼馴染に電話をかけまくっているとのことです。病院には義弟の所持金を預けてあって、その中から病院で必要な医療費以外の費用(ベッドのシーツやパジャマなど)を引くほか、お小遣いとして本人が欲しい物(おやつや飲み物等)希望すれば買えるようなのですが、預けたお金をテレフォンカードでほとんど使ってしまい、預けたお金が残っていないと病院から言われたら、自分の口座にお金が残っているはずだからそれを病院に送金してほしいと妻に言ってきました。実際には上に書いたとおりで自由に使えるお金はほとんどありません。

お金が少ないことに関しては、他の入院患者に聞いたらしいのですが病院から勝手にクリーニング代として法外なお金を取られていると思い込んで電話してきたこともありました。病院に確認したら、義弟は一度もクリーニングを利用していないためクリーニングには1円も払っていないとわかりました。

次に、衣類以外に病院に持ち込みを許可された数少ない所持品の携帯電話を普通に使うことが難しくなったようです。姉ちゃん(妻)にしか電話がかけられないと言い張っています。携帯電話会社の機能で通話発信先を限定できるようなのですが、基本的に自分でそのように設定しないと発信先の限定はできないはずです。しかし勝手にそうなった、携帯がおかしい、と言い張っています。テレフォンカードを買い込んだのは、携帯から妻以外の誰にも電話できないからだそうです。

さらに、所持品の管理もできないようです。マンションの鍵をなくす、肝硬変の影響で足がパンパンに腫れているようなのですが、その足で履けるわけもない靴を送ってくれと要求する、すでに病院に送った品を再度送ってくれと要求する、といった具合です。

ほかにも色々ありますが長すぎるので最後にしますが、思いついた衝動が抑えられないようです。妻に1日に何度も何度も電話がかかってきます。妻は、精神的負担が大きいため弟からの電話すべてに出てはいませんが、酷いときは1日に何十回もかかってきます。極端な例では「また明日」と電話を切った直後にもう一度かかってきたこともあるそうです。所持品の管理の話とも重なりますが、同じ話を何度も繰り返す傾向も酷く、短期記憶の衰えが顕著と感じています。そのくせ昔のことはよく憶えていて、昔の勤務先の連絡先を唐突に聞いてきて、退院したら仕事をさせてもらうと言い始めたり(歩行困難について問い質したら車椅子で通うと主張していました。通勤経路すべてバリアフリーではないと思うのですが、そこまでは考えが至らない模様)、さらに昔の義父の会社の取引先の人の名前を出して、何に使うのか目的不明の大きなサイズのカレンダーをもらってくれと言い出したり、脈絡がない要求がよくあります。先日ケースワーカーから妻が聞いた話なのですが、病院内にある新聞広告をみて、大量の芋けんぴを電話で注文したからお金がほしいと話していたそうです。特に芋けんぴが好物だったわけでもないですし、入院中に不要な品であることは言うまでもありません。

このようなエピソードで客観的に認知障害と言えるかどうか、私は医師でも医療従事者でもないので判断できませんが、個人的にはとてもではありませんが退院して一人暮らしを再開することなど無理と感じています。

入院前の状態に戻れば、毎日ヘルパーさん、介護士さん、主治医が訪問してくれますが、24時間常に誰かいるわけではないので一人でいるときの行動には制限がかけられません。その間におかしくなって何か騒ぎを起こせば妻に連絡が来ます。

また、現在は入院中で煙草も吸えませんが、退院してくれば喫煙を再開するでしょう。在宅医療を始めたときに、義弟の友人たちが説得して普通の煙草から電子タバコに替えさせてくれましたが、義父へのお供えといって置いてある煙草も入院前に時々吸っていた形跡があります。賃貸マンションは私名義で借りているので火事でも起こされてはたまったものではありません。

かといってうちに同居は論外です。スペースの問題、受験を控えた子供がいること、何より私が同居を望みません。義弟に対してそこまでする義務も責任もありません。

すっかり長くなってしまいましたが、認知機能が著しく衰えていて一人暮らしができない、かといって同居も無理なので、本音はこのまま死ぬまで入院していてくれるのが一番私達にとって良いのです。しかし、現在入院中の病院では入院は原則1年までという期限があるようで、このまま生きながらえた場合、退院させられる可能性はゼロではありません。生活保護も、6ヶ月以上入院すると住居に対する補助が完全に打ち切られるそうで、そうなると現在の賃貸は維持できず、解約することになります。その後退院となった場合の住居は誰がどうやって探すのかなど、不安の種はつきません。

冷たいと思われるかもしれませんが、正直なところ、今まで私がやってきた自立への援助はすべて踏みにじられていますし、返す返すと口だけになってしまった義父の葬儀代もほとんど返してもらっていない状態なので、これ以上何かしら援助する気は一切ありません。できるだけ自治体の生活保護課に任せてこちらは手を引きたいのですが、そんなことはできるのでしょうか。何か良い方法はあるのでしょうか。妻も、今の家族(私と子供)と弟のどちらかを選べとなったら弟ではなく家族を取る、最期まで弟の面倒を見るのは無理と言っています。

2019年10月21日 12:28

質問者  6zonality8  さん シルバー会員

カテゴリ被介護者の健康管理
希望する回答:こだわらない
投稿回数初心者  はじめての投稿
専門家からの回答受付は終了しました。
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。

コメントを贈る、応援・体験談・アドバイスを贈りましょう

あなたも質問してみませんか?

質問を投稿する

介護の専門家から  13  の回答がついています。

一般会員から 2 の応援コメントがついています。

[ 一般会員のコメントも表示|専門家の回答のみ表示 ]

回答

これまで、辛抱強くとても面倒を見てこられたのですね。
生活保護受給であり、間にケースワーカーが入ってますから、…

2019年10月21日 12:36

回答

本当にお疲れ様です。

2019年10月21日 12:58

回答

もはや在宅は不可能です。
施設か病院が適しているので、…

2019年10月21日 13:28

回答を支持した専門家の人数

1
回答

6zonality8様

2019年10月21日 13:37

回答

ケースワーカーが付いているので、ある程度は任せて良いのではないでしょうか

2019年10月21日 13:37

回答

今まで大変だったことがよく伝わります。
行政の力を借りて、何とか生活できないでしょうか。…

2019年10月21日 13:55

応援・体験談・アドバイス

長期療養病床のある病院で、看護補助をしています。
病院に入院中であれば、医療相談室(患者支援センター)が、職務として担当です。…

2019年10月21日 14:06

回答

こんにちは。この問題はまずケースワーカーにありのまま今のお気持ちをお伝えになられて、相談されたらいいと思います。そして今後の関係ですが、距離を置かれて、毅然とした態度で臨…

2019年10月21日 14:29

回答

まるっきり、もう面倒を見ないと言っても良いと思います。
言う先は、生保担当にです。…

2019年10月21日 15:17

回答

6zonality8様
義理弟様のことでお悩みと思います。退院は難しいのではないでしょうか。病院とよく相…

2019年10月21日 16:39

回答

文面からして
義弟様ですが、…

2019年10月21日 17:20

回答

文面を読みよく状況はわかりました。
「できるだけ自治体の生活保護課に任せてこちらは手を引きたいのですが、そんなことは…

2019年10月21日 19:11

応援・体験談・アドバイス

義理の弟様のサポート大変ご苦労様です。

2019年10月21日 22:56

回答

6zonality8様・・おはようございます(^_^)

2019年10月22日 08:33

回答

大変な状況ですね。

2019年10月23日 07:37

返信

ご返信くださった方みなさん一人ひとりにお礼を申し上げるべきなのですが、まとめての形で失礼いたします。皆さんから参考になる返信、また応援の声をいただき、大変心強く感じること…

2019年11月09日 23:14

専門家に質問する

病気を持つ方の在宅介護についての相談一覧(全82件)

タイトル 質問者 閲覧数 受付状況
回答数 / 応援コメント数
質問登録日
統合失調症の母親の今後 初心者 ユウリ1234 611 募集中
13 / 1
2019年
10月22日
アルコール性肝硬変末期で余命宣告され… 初心者 6zonality8 634 解決済み
13 / 2
2019年
10月21日
退院が決まり在宅で介護することになり… katop 1327 受付終了
13 / 1
2019年
08月12日
胃瘻への判断ができない menko 1007 受付終了
14 / 3
2019年
07月26日
尿道カテーテル、在宅介護 未来の糧 480 受付終了
7 / 2
2019年
07月14日
療養型の病院について なだそうそう 744 受付終了
10 / 5
2019年
07月11日
在宅介護中の病気で介護が出来ない状況… あーさひがさんさんおはよーさん♪ 611 受付終了
11 / 1
2019年
05月27日
在宅 痰の吸引 胃瘻 ママ太朗 529 受付終了
6 / 0
2019年
05月17日
肺気腫の母、在宅介護の介護力を上げる… 初心者 なのなの 703 受付終了
14 / 1
2019年
03月27日
認知症の母の人工透析について 初心者 shu1 696 受付終了
11 / 2
2018年
12月16日
自宅介護がスタートします。 まゆまま 1639 受付終了
14 / 6
2018年
11月28日
術後の介護 ルツ子 589 受付終了
4 / 0
2018年
10月23日
CVカテーテルを使用し在宅介護されて… なだそうそう 581 受付終了
6 / 0
2018年
10月18日
酸素吸入器の借り方や使用難易度を教え… よんじ 713 受付終了
11 / 1
2018年
08月22日
尿路感染症の疑い 愛犬家 1011 受付終了
6 / 4
2018年
07月25日