介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

吉野家が高齢者向けの牛丼の具販売へ「昔の味を懐かしんで」

公開日: : 最終更新日:2018/12/06 介護の食事

yoshinoya-main

牛丼チェーンの吉野家が、高齢者向けの牛丼の具「吉野家のやさしいごはん」を発売しました。

「吉野家のやさしいごはん」とは

吉野家が高齢者向けに発売したのは、高齢者の方が弱い力でも噛める「やわらかタイプ」と、舌で摺り潰せる「きざみタイプ」の 2 種類。そしてとろみをつけるための「とろみ生姜」です。

それぞれの栄養成分は以下の通りです。

きざみタイプ(80グラム)

カロリー: 118.3キロカロリー
たんぱく質: 7.9グラム
脂質:6.7グラム
炭水化物:7.0グラム
糖質:6.2グラム
食物繊維:0.8 グラム
ナトリウム:361.9ミリグラム
亜鉛:1.2ミリグラム
カルシウム:9.3ミリグラム
カリウム:203.1ミリグラム
リン:90.7ミリグラム
食塩相当量:0.9グラム

やわらかタイプ(80グラム)

カロリー: 114.8キロカロリー
たんぱく質: 7.9グラム
脂質:6.7グラム
炭水化物:6.0グラム
糖質:5.2グラム
食物繊維:0.8 グラム
ナトリウム:351.4ミリグラム
亜鉛:1.2ミリグラム
カルシウム:7.5ミリグラム
カリウム:198.6ミリグラム
リン:90.7ミリグラム
食塩相当量:0.9グラム

どんな工夫がされているのか、なぜ吉野家が高齢者向けの商品を発売したのかについて、吉野家の広報担当の方にお話を伺いました。

高齢者向けに工夫している点

―食塩0.9 グラムで吉野家の味を再現するのに苦労した点はありますか?

通常の牛丼の2分の1以下の塩分量まで下げておりますが、味は濃く感じるように工夫しています。また、吉野家の味をそのまま維持する事に相当な時間を開発に重ねました。

―塩分と柔らかさ以外で、高齢者向けに意識した点を教えてください

嚥下障害のある方でも大丈夫なように、とろみをつけています。
また、誤嚥性肺炎を引き起こしそうな小さな粒状のものは変えています。

高齢者向けの商品を出した理由

―比較的若者向けのイメージがある吉野家が、なぜ高齢者向けの商品を手掛けたのでしょうか?

吉野家は創業117年目です。現在ご高齢の方々は、召し上がったことは無くても知っていらっしゃることでしょう。
また、倒産から更生時に助けて頂いた団塊の世代の方々に、末永く牛丼を召し上がって頂きたいと思う意義もあります。

―どんな方に食べてもらいたいですか?

弊社の店舗で喫食することが難しくなられた方々すべての方です。
頑張って食べてもらうことで、摂食嚥下のリハビリにつながらないかとも思っています。

一般向けの発売予定について

―当面は介護施設向けとのことですが、一般に向けた販売の展望を聞かせてください

NHKのニュースで取り上げられて以降、予想を超える問い合わせが寄せられています。個人様向けの販売を、想定よりも早く開始できるように現在構築中です。

―どんな介護施設から注文が来ているのかを教えてください

あらゆる介護施設様からお問い合わせいただいております。管理栄養士さんが多いです。また、受託給食関連も多くお問い合わせいただいております。

―牛丼以外で同様の製品化の予定はありますか?

予定はございますが、商品名は差し控えさせてください。

お肉好きだった家族への思い

安心介護には、お肉を思うように食べられなくなった家族を介護している方から、下記のような声が投稿されています。

うちは鶏の手羽元と温野菜の煮物が好きでした。これならお肉を食べなくても野菜に味が染み込んでいるからしっかり食べた気になる、そうです。
(一般会員様からの投稿)
引用元:介護のQ&A「父の世話でストレスが溜まりすぎています

父は頭はクリアなので自分の体が自由にならないことに我慢ならないのではないかと思うのです。
かろうじてできるのは食事くらいです。それも刻み食になりました。
大好きなお肉はもう食べられません。嚥下が困難になってきているのです。
そんな父の姿を見ると不憫でなりません。
(一般会員様からの投稿)
引用元:介護のQ&A「大事にしたい親とそうでない親の差は受けてきた愛情の差

また、お肉が好きだった家族のために、肉料理をミキサーにかけてみたものの食べてもらえなかったという声もありました。

好きなもの、懐かしいものを、おいしく食べてもらいたいという介護家族の思いが実現する、今回の取り組み。多くの企業が実践してくれるといいですね。

2月1日付のプレスリリースによると、当面は介護施設に向けた販売で、年間700万食の販売を目標としているそうです。家族が施設に入っている人は、そっとリクエストしてみてもいいかもしれません。

吉野家の広報さんは「かつて、吉野家でよく牛丼を召し上がって頂いたご高齢のご家族の方がいらっしゃいましたら、是非ご利用いただき、昔の味を懐かしんで頂ければ幸いです」とコメントされています。

一般向けの販売が待ち遠しいですね。