介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

【アンケート結果】「混合介護」で使いたいサービスや使ってもいい金額は?

公開日: : 最終更新日:2018/12/06 サービス提供範囲

pixta_19180870_S

自由化の方向で検討されている「混合介護」。介護保険が適用される介護保険サービスと、介護保険が適用されず全額自己負担となる介護サービスを同時に受けられるというものです。
>>混合介護とは?

今までは明確に分けなくてはいけないとされていたため、同時提供には規制がかかっていました。

この混合介護の自由化を、介護家族はどのように考えているのでしょうか? 安心介護では会員を対象に「混合介護に関するアンケート」を実施。150名から回答を得ました。

その結果をお知らせします。

混合介護は「聞いたことがない」(65%)

ニュースで耳にすることが増えた混合介護ですが、認知度はそれほど高くないようです。

「あなたは混合介護を聞いたことがありますか?」と言う質問には、65%にあたる98名の方が「聞いたことがない」と回答しています。続いて多かったのは、「聞いたことはあるが、内容はよく知らない」(29%)で、「聞いたことがあるし、内容も説明できる」は6%にとどまっています。

4割が「利用したい」

続いて「混合介護を利用したいと思いますか?」と言う質問には、40%の人が「利用したい」(16%)、「どちらかと言えば利用したいと思う」(24%)と回答。「利用したくない」(3%)「どちらかと言えば利用したくない」(15%)といった消極的な意見の倍以上の数字となりました。

ただし、最も多かった回答は「わからない」(42%)でした。

混合介護でお願いしたいサービス

混合介護でお願いしたいサービスについて複数選んでもらったところ、下記のような結果となりました。

・お願いしたいものはない:57名(38%)
・ヘルパーの指名:31名(21%)
・同居家族の食事を一緒に作る:28名(19%)
・おせち作りや大掃除など、季節の行事に関わること:20名(13%)
・被介護者以外の部屋の掃除:18名(12%)
・同居家族の洗濯を一緒にする:13名(9%)
・ペットの世話:10名(7%)
・その他:17名(11%)

3人に1人以上が「お願いしたいものはない」と回答しています。5人に1人が「ヘルパーの指名」、「同居家族の食事を一緒に作る」を選びました。

「その他」としてあがったものにはこんなものがあります。

▼生活や日常に関わるもの
ゴミ出し(粗大ごみ含む)など
買い物
草むしり
デイサービスへの送り出し
入院時の衣類交換
通院介助(2名)

▼見守りやレクリエーションに関わるもの
見守り
私が外出する時に介護者をみてほしい
話し相手
被介護者に対する会話や遊び等

▼その他
早朝、夜間の対応
デイサービス定休日に急用時に預けられる
被介護者の旅行などの同行

「わからない」「今は思い浮かばない」が3人でした。

「話し相手」については、ボランティア団体が派遣してくれることもあれば、うまく時間を使って、利用者の方とコミュニケーションを取ろうとしてくれるヘルパーさんもいらっしゃいます。しかし、気兼ねなくお願いできるといった点から、介護保険外サービスとして利用したいという声があるのかもしれません。

混合介護で増えてもいい金額「月1万円まで」6割

「月あたりに増える自己負担がどの程度であれば、混合介護を利用したいと思いますか?」との質問には、3人に1人が「3000円以下」と回答しています。

「1万円以下まで」という回答が6割を占めており、「1万円以上でも使いたい」と答えた8名に具体的な上限金額を聞くと、「1万円」が2名、「2万円」が1名、「3万円」が3名、「5万円」が2名でした。

全体的に「わからない」という回答が多い結果となり、混合介護に関しては、まだまだ認知度が低いことが明らかになりました。

一方で、利用については前向きな意見が消極的な意見を上回っており、期待の大きさが伺えます。

回答者の属性について

▼あなたは主介護者ですか?
はい:77%
いいえ:23%

▼要介護者との関係
親(義理含む):92%
兄弟姉妹(義理含む):1%
配偶者:5%
その他(子、祖父、祖母各1名):2%

▼被介護者の要介護認定について
要支援1、2:6%
要介護1 :15%
要介護2 :17%
要介護3 :20%
要介護4:15%
要介護5 :17%
認定されていない:9%