介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

227,082件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格

あの磯野家がゴミ屋敷に?カツオくんが主人公の「実家の片付け」入門書

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 終活

pixta_23500586_s親世代の介護をしている人の中には、将来的に「実家の片付け」に直面するという人も多いのではないでしょうか。しかし、何から始めていいのかわからずに先送りにしてしまうことや、片づけの意見が合わずに、親や義親とケンカになってしまったり、気まずくなってしまったりすることがあります。

今回はそんな一筋縄ではいかない“実家の片付け”について書かれた『カツオが磯野家を片付ける日~後悔しない「親の家」片づけ入門~』(864円・税込)を紹介したいと思います。

(画像出典元:一般社団法人実家片づけ整理協会プレスリリース)

(画像出典元:一般社団法人実家片づけ整理協会プレスリリース)

実家の片付けアドバイザーとして活動をされている渡辺亜矢さんが書かれた本です。

あの磯野家がゴミ屋敷に

本のタイトルになっているカツオは、あの『サザエさん』のカツオくんです。時が流れて、40代に突入したカツオくんは係長になっています。

波平さんが亡くなり、久しぶりに実家に帰ってきたカツオくん。そして初めて実家がゴミ屋敷になっていることに気づき、唖然としてしまいます。そこで四十九日を実家で行うため、片づけを決意するのです。

しかし、片づけについての価値観がフネさんと合わず、なかなか前には進みません。

波平さんが亡くなったところから始まるのもかなりの衝撃ですが、フネさんが片付けられなくなっていたり、サザエさんが生活に疲れていたりと、他人の家事情ながらかなりショッキングな設定です。

また大阪に住むお母さんが認知症を患い、マスオさんは遠距離介護の真っ最中。ワカメちゃんは義両親の介護と子育てに向き合う、ダブルケア中のキャリアウーマンです。

同級生たちが大活躍

そんなカツオくんを助けるのが、花沢不動産の2代目として空き家ビジネスも手掛けている同級生の花沢さんです。

さらに実家片付けアドバイザーとなった早川さんが、「ゴミ屋敷になる理由」や「家族ができるサポート」、「片付け方」、「生前整理のコツ」などを教えてくれます。

相続も関わる「実家の片付け」

また、ファイナンシャルプランナーとして活躍する中島くんは、具体的な数字とともに相続について解説。カツオくんをサポートします。

実家の片づけから相続の話を通して、最終章は生前整理について書かれています。

「波平さんが亡くなる前にするべきだったこと」という形で紹介されていますが、改めて実家の片づけは子どもだけではなく、親と一緒に考えることなのだと実感させられました。子世代だけではなく親世代も一緒に読むといいかもしれません。

最初は荒んでいた磯野家も、実家の片づけを通して一家だんらんを取り戻していきます。読み物としても楽しめますし、2、3時間でサクッと読めるので、これから実家の片づけを考えている方は、手軽な入門書として手に取ってみてもいいかもしれません。

実家の片付けに関する記事

安心介護では、実家の片付けに関する記事を公開しています。併せて参考にしてみてください。

>>生前整理と実家の片付け
>>実家の「空き家」化-デメリットと対処方法について