介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

231,639件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格

高齢者でも安心?AIがすべての運転操作をする「自動運転車」への期待

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 その他

pixta_20770423_s

認知機能の低下した高齢者による事故を減らすため、様々な取り組みが行われています。例えば、免許更新時の認知機能検査の強化や運転免許証返納のアピールなど。その多くが、運転からの卒業を促すものです。

ただし、長年運転を続けてきた高齢者にとって、車の運転が「いきがい」「楽しみ」「自立の象徴」など、交通手段以上の意味を持っていることも。
>>高齢者の運転を考える:運転卒業式や介護家族のためのマニュアルについて

来年3月に施行される改正道交法では、「認知症の恐れがある」とされた人には医師の診断が義務付けられ、「認知症」と診断されると免許証停止または取り消しとなります。これに対して日本老年精神医学会は、免許の取り消しや返納後の「生活の質」の保証を訴えています。
>>改正道交法、認知症診断での運転制限に日本老年精神医学会が疑問の声

そんな高齢者の楽しみや自立を奪わず、生活の質も下げない方法が、人の代わりに人工知能(AI)が運転をする自動運転車の利用なのかもしれません。

株式会社ジャストシステムでは、20歳以上の男女1108名を対象に『自動運転車への期待と意識に関する調査』を実施。12月8日に結果を公表しました。

高齢者の自動運転車利用、「賛成」7割

59歳以下の回答者に、高齢者の自動運転車利用についてどう思うかを聞いたところ、下記のような結果となりました。

・「自動運転車」なら高齢者の利用に賛成:26.2%
・身体機能や交通法規理解など、一定基準を満たしていれば賛成:43.6%
・どちらともいえない:16.2%
・どちらかと言うと反対:4.3%
・「自動運転車」でも、高齢者が自動車を扱うことは反対:9.7%

条件付きを含めると、69.8%もの人が高齢者の自動運転車利用に賛成しています。

また、自身が60歳を超えた際に「自動運転車を利用して自身で移動したい」と回答した人は、半数以上の51.2%となりました。

自動運転とは?

賛成の声が多く上がった高齢者の自動運転車利用ですが、そもそも自動運転とはどんな機能のことなのでしょうか。

日産では自動運転を「自動運転とは現在ドライバー(人間)が行っている様々な運転操作を人間の代わりにシステム(機械)が行うこと」と定義しています。
>>(外部)日産「自動運転の定義」

自動車が障害物を感知して衝突に備える「衝突被害軽減ブレーキ」や車間距離を一定に保ちながら、自動で一定速度での走行を車がやってくれる「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」など、すでに普及している機能を「自動運転」ととらえることもありますが、今回の調査結果は、全ての運転操作を人工知能(AI)が行い、自動走行する車についてのものです。

自動運転車でも運転免許証が必要

「自動運転車でも、運転席に座る人は運転免許証が必要だと思うか」という質問には、「必要だと思う」「どちらかというと必要だと思う」を併せて78.3%が「必要」と回答しました。

また、運転免許証の取得や更新時に審査すべきことを複数選んでもらったところ、「一定レベルの交通ルールの取得」(75.8%)が最も多く、「一定レベルの視力や判断力の有無」(72.8%)が続きました。

自動運転車が事故を減らすことを期待しながらも、運転の能力が必要だと感じている人が多いようです。