介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

194,515件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格

「もしかしたら?」と思ったらやってみよう!動画を見ながらできる長谷川式認知症スケール

公開日: : 最終更新日:2017/02/02 認知症, 認知症の診断方法

pixta_22012886_S

「長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)」をご存知でしょうか? 聖マリアンナ医科大学名誉教授の長谷川和夫先生が作成した、自宅で気軽にできる認知症簡易診断プログラムです。

認知症やMCIは、生活改善などで進行を遅らせることが可能です。そのためには早期診断が重要になります。

親のおかしな言動に気づいたらすぐに診断を受けた方が、介護の後悔が少ないことも、アンケートの結果で明らかになっています。

>>【アンケート結果】認知症を疑ったきっかけと受診までの期間について

また、認知症の人の介護をしているうちに、自分も認知症なのではないかと不安になることがあるかもしれません。そんなときにも長谷川式認知症スケールなら、気軽に確認することができます。

実際にテストを受けてみよう

テストの問題は全部で9問です。紙とペンを用意して、動画を見ながら答えを紙に書いていってください。親などの付き添いをする場合には、口頭で答えを言ってもらって、それを紙に書いていくといいでしょう。

気になる結果が出たら医師に相談を

30点満点で20点以下だった場合に、認知症の可能性が高いと言われています。

ただし、心身が不調のときや乗り気ではないのにやっているときには、点数が低くなる傾向があります。テストの結果が悪かったからと言って、必ずしも認知症であるとは限りません。

あくまでも一つの目安として利用し、気になる結果が出るようなら、かかりつけ医または専門医に相談をしてみてください。

記事が気に入ったら、いいねを押してください!

安心介護プレスでは、家族介護にまつわる
「お役立ち情報」を様々な切り口からご紹介しています。

この記事が気に入ったらシェアをお願いします。