介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

192,294件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格

結核の薬が認知症を予防する可能性 安全・安価な認知症予防薬誕生なるか【最新研究】

公開日: : 最終更新日:2017/01/27 認知症, 認知症の予防と治療, 認知症の最新研究, 認知症の薬

pixta_17857212_S

認知症の特効薬はまだありません。

そのため認知症の兆候を早くに発見し、予防することが大切だと言われています。

予防には生活習慣の改善や食事などが有効とされていますが、
もしかしたら近い将来、安全で安価な認知症の予防薬が誕生するかもしれません。

結核の薬が認知症を予防する可能性

3月29日に大阪市立大学医学研究科脳神経科学の
富山貴美准教授らが発表した研究によると、
結核の薬であるリファンピシンに、認知症を予防する作用があるそうです。

リファンピシンとは、結核やハンセン病などの薬として
40年間使用されている抗生物質です。

1990年代にも、リファンピシンを飲んでいた患者に
認知症が少ないという報告がされていました。

アルツハイマー型、前頭側頭型への効果を確認

研究チームがアルツハイマー型認知症のマウス、
前頭側頭型認知症のマウスを使って調べたところ、
リファンピシンを1カ月間摂取したマウスに記憶障害の改善が見られました。

アルツハイマー型認知症や前頭側頭型認知症、そしてレビー小体型認知症では、
脳内に貯まったたんぱく質がオリゴマーを形成し、そのオリゴマーが
神経細胞の機能に害を与えることで発症すると考えられています。

今回の実験では、リファンピシンによって脳内のオリゴマーが減少したため、
記憶障害が改善されたと考えられるそうです。

研究チームでは、今後も認知症の予防薬として
リファンピシンの研究を進め、治験につなげたい考えです。

既存の薬のメリット

リファンピシンは、すでに長年使用されており、
副作用や安全性についての情報がそろっています。

また、ジェネリック医薬品も出ているため、安価で購入可能な薬です。

リファンピシンが認知症の予防薬として認められれば、
安全で安価な薬として広く使用されそうです。

(参考)
>>(外部サイト)大阪市立大学「既存医薬品リファンピシンに広い認知症予防効果を確認」(3/29)

>>(外部サイト)朝日新聞「認知症予防、抗生物質効いた 大阪市大などマウスで確認」(3/29)

記事が気に入ったら、いいねを押してください!

安心介護プレスでは、家族介護にまつわる
「お役立ち情報」を様々な切り口からご紹介しています。

この記事が気に入ったらシェアをお願いします。