介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

福祉用具の利用ルールの解説【PR】

公開日: : 最終更新日:2018/12/17 イベント・セミナー

前回、介護保険制度とレンタルできる福祉用具、購入することができる福祉用具について大まかに紹介しました。しかし、借りたい・買いたいからと言って、誰もがこの福祉用具サービスを使用することができるわけではありません。

ご本人の状態によっては、サービスを利用できない場合もあります。
今回は「どのような方であれば介護保険制度を使って、福祉用具貸与サービスを利用することができるのか」をテーマにご紹介させていただきます。

利用可能なサービスは介護度によって決まる

福祉用具のサービスを利用する基準は、ご本人の介護度によって決められています。一般的に要介護度が低い方は介護が必要なく、その逆に高い方は介助者による介護が必要とされています。
そのため、要介護度が低い方と高い方とでは、借りることができる福祉用具が異なります。

以前は、要介護認定を受けていれば、誰でもどの福祉用具でも借りることができました。しかし、2006年の介護保険法の改正によって、要介護1と要介護2を境に、借りることができる商品が変わってしまい、軽介護度の方に対する福祉用具貸与の制限ができています。

簡単にまとめると、以下の表のようになります。

● 福祉用具レンタルの対象種目

品名 要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
車いす・付属品車いす・付属品
車いす・付属品の選び方など
詳しい情報はコチラ »
× × ×
特殊寝台・付属品特殊寝台・付属品
特殊寝台・付属品の選び方など
詳しい情報はコチラ »
× × ×
床ずれ防止用具床ずれ防止用具
床ずれ防止用具の選び方など
詳しい情報はコチラ »
× × ×
体位変換器貸与体位変換器貸与 × × ×
手すり手すり
手すりの選び方など
詳しい情報はコチラ »
スロープスロープ
歩行器歩行器
歩行器の選び方など
詳しい情報はコチラ »
歩行補助杖歩行補助杖
歩行補助杖の選び方など
詳しい情報はコチラ »
認知症老人徘徊感知機器認知症老人徘徊感知機器
認知症老人徘徊感知機器の選び方など
詳しい情報はコチラ »
× × ×
移動用リフト移動用リフト × × ×
自動排泄処理装置自動排泄処理装置
自動排泄処理装置の内、便吸引機能を有するもの自動排泄処理装置の内、
便吸引機能を有するもの
× × × × ×

車いす・付属品
要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
× × ×
× × ×
特殊寝台・付属品
要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
× × ×
× × ×
床ずれ防止用具
要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
× × ×
体位変換器貸与具
要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
× × ×
手すり
要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
スロープ
要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
歩行器
要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
歩行補助杖
要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
認知症老人徘徊感知機器
要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
× × ×
移動用リフト
要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
× × ×
自動排泄処理装置
要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
自動排泄処理装置の内、
便吸引機能を有するもの
要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
× × × × ×

ただし、ご本人の身体状況によっては、軽介護度の方でも福祉用具を借りることができる場合もあります。これは、「例外給付」と言われ、ケアマネージャーとの相談によって、借りられる場合があります。
(下記条件に該当する方)

● 要支援1・2、要介護1の方の福祉用具貸与の例外給付条件

車いす・車いす付属品

車いす・付属品の選び方など
詳しい情報はコチラ »
  • 次のいずれかに該当する者
  • ・日常的に歩行が困難な者
  • ・日常生活範囲における移動の支援が特に必要と認められる者
特殊寝台・特殊寝台付属品

特殊寝台・特殊寝台付属品の選び方など
詳しい情報はコチラ »
  • 次のいずれかに該当する者
  • ・日常的に起きあがりが困難な者
  • ・日常的に寝返りが困難な者
床ずれ防止用具・体位変換器

床ずれ防止用具・体位変換器の選び方など
詳しい情報はコチラ »
  • ・日常的に寝返りが困難な者
認知症老人徘徊感知機器

認知症老人徘徊感知機器の選び方など
詳しい情報はコチラ »
  • 次のいずれにも該当する者
  • ・意思の伝達、介護者への反応、記憶・理解のいずれかに支障がある者
  • ・移動において全介助を必要としない者
移動用リフト
(つり具の部分は除く)
  • 次のいずれかに該当する者
  • ・日常的に立ち上がりが困難な者
  • ・移乗が一部介助又は全介助を必要とする者
  • ・生活環境において段差の解消が必要と認められる者
車いす・車いす付属品
  • 次のいずれかに該当する者
  • ・日常的に歩行が困難な者
  • ・日常生活範囲における移動の支援が特に必要と認められる者
特殊寝台・特殊寝台付属品
  • 次のいずれかに該当する者
  • ・日常的に起きあがりが困難な者
  • ・日常的に寝返りが困難な者
床ずれ防止用具・体位変換器
  • ・日常的に寝返りが困難な者
認知症老人徘徊感知機器
  • 次のいずれにも該当する者
  • ・意思の伝達、介護者への反応、記憶・理解のいずれかに支障がある者
  • ・移動において全介助を必要としない者
移動用リフト
(つり具の部分は除く)
  • 次のいずれかに該当する者
  • ・日常的に立ち上がりが困難な者
  • ・移乗が一部介助又は全介助を必要とする者
  • ・生活環境において段差の解消が必要と認められる者

※全ての条件に当てはまらなければいけない場合とどれかに当てはまればよい場合があります。

また、その他にも、医師の「医学的な所見」によって、国の示した状態像であると判断された場合は、例外給付の対象と見なされます。
医師からの主治医意見書、又はケアマネージャー等からの依頼により「医学的な所見」を述べていただいた場合、福祉用具の貸与が認められる場合もあります。

● 福祉用具貸与の例外給付の対象とすべき状態像

該当項目
疾病その他の原因により、状態が変動しやすく、日によって又は時間帯によって頻繁に表に示す状態像に該当する者 パーキンソン病の治療薬による ON・OFF 現象
疾病その他の原因により、状態が急速に悪化し、短期間のうちに表に示す状態像に至ると確実に見込まれる者 がん末期の急速な状態悪化
疾病その他の原因により、身体への重大な危険性又は症状の重篤化の回避等医学的判断から表に示す状態像に該当すると判断できる者 ぜんそく発作等による呼吸不全、心疾患による心不全、嚥下障害による誤嚥性肺炎の回避

条件に該当すれば必ず借りることができるということではありません。
ご自身で判断をせず、「もしかしたら自分が該当するかも」と思われる方は、まずは担当のケアマネージャーにご相談ください。

福祉用具を利用するにあたり注意したいケース

利用する場所が施設の場合

使用する場所(サービス)によっても使用できない場合がありますので注意して下さい。
例えば、グループホームや介護付き有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)に入居されている方は、福祉用具貸与のサービスを使うことができません。
※介護付き有料老人ホームには、一般型特定施設と外部サービス利用型特定施設の2種類があります。また、施設の方針で備品の準備が部屋ということもあるので、福祉用具レンタルを検討される方は、入居先への確認をして下さい。

同じ種類の商品をレンタルする場合

また、同じ品目の商品を2つ借りるためにも、適切な理由が必要です。
明らかに2つは不必要と思われる商品(例えば、電動ベッド)は使用することができません。

ただし、適切な理由がある場合は、認められるケースもあります。
例えば、車いすでの移動を行わなければいけない方が屋内用と屋外用で使い分けたいといった場合には、2台借りることができます。
何かの理由があって、同じ商品を2つ借りたい場合は、ケアマネージャーやお住まいの地域にある介護保険の窓口に相談してみてください。

付属品のみレンタルするケース

その他によくある質問として、「付属品だけ、借りることができるか」ということがあります。
この場合は、要介護度が2以上で(または、要介護度が低いが必要な理由が認められる場合)、かつご自身で車いすや特殊寝台を持っている場合に借りることが可能です。

基本的には、付属品はそれぞれの品目と一緒に使用することが条件となっており、本来の用途と違った利用目的で借りることはできません。

よくある例としては、「リビングなどで椅子に座るとお尻が痛いから、車いすのクッションを借りたい」というケースがありますが、この場合は借りることができません。車いすのクッションは車いすと一緒に使用しなければいけません。

介護保険を利用する要介護度や身体状況、周囲の環境住によって、借りることができたりできなかったりと、利用できるサービスの内容が変わってきます。
福祉用具のサービスを使用したいと思ったときは、まずは担当のケアマネジャーやお近くの福祉用具貸与事業所に相談をしてみるのがいいでしょう。

今回のポイント

  • ● 基本的には、要介護度によって借りることができない品目があります
  • ● ただし、介護度が低くても例外的に借りることができる場合があります
  • ● お住まいの場所によって、借りることができない場合があります
  • ● 同じ品目を2つ借りる場合には、借りるための理由が必要です
  • ● 分からないことは、福祉用具の専門家やケアマネージャーに遠慮なく聞きましょう

PAGE TOP ↑