介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

> > 第2回 大人用おむつの選び方~気をつけるポイントは?[PR]

第2回 大人用おむつの選び方~気をつけるポイントは?[PR]

提供:花王株式会社 リリーフ

前回、要介護者の状態とおむつタイプについて解説しました。他にも大人用おむつを選ぶときには、「モレない」ことはもちろん、「お肌へのやさしさ」への配慮や、「消臭性能」、「使用状況」に合わせたおむつ選びが大切です。ここでは、気をつけるポイントについて解説していきます。

【目次】
1.通気性があること
2.やわらかいこと
3.抗菌・消臭効果があること
4.尿量と交換頻度に合わせて選ぶこと
5.安心介護で寄せられた「排泄のケアの仕方、汚物の処理」の質問

1.通気性があること

 子供がおむつかぶれするように、大人もおむつをして肌のムレが続けば、同じようにかぶれます。
肌のムレを防ぐためには、通気性があるおむつを使うことが最も大切です。外側の防水シート(バックシート)に通気性素材が使用されているものを選びましょう。通気性素材は、尿はしっかりガードして、おむつの中の湿った空気をどんどん外に逃がしますから、ムレる心配がありません。おむつと尿とりパッドを併用する場合には、おむつだけでなく、尿とりパッドにも通気性があるものを選ぶことが重要です。

おむつ内湿度の比較

first_pct10

通気性のないおむつ(テープ式+尿とりパッド)を使用した場合、
排尿後10分程度で、不快を感じる湿度70%を越え、そのまま高い状態が続きます。

濡れた紙おむつの通気性の比較

first_pct11

通気性シートを使用したおむつ(右)では、おむつ内から排出された湿った空気によって、コップの内側が曇っています。

2.やわらかいこと

おむつの摩擦によって、お肌が刺激を受ける場合があります。やわらかい素材で、肌ざわりがよく、身体にやさしくフィットするものを選びましょう。紙おむつを長時間つけていると、皮膚がかぶれやすくなって炎症を起こしたり、床ずれを招いたりすることがあります。おむつはお肌に優しいかぶれにくいものを選び、時々体位を変えてあげましょう。

3.抗菌・消臭効果があること

排泄後、時間とともに増えてしまう雑菌の繁殖を抑え、ニオイを防ぐ効果があるものがおすすめです。

ニオイの比較

first_pct12

4.尿量と交換頻度に合わせて選ぶこと

夜間など、頻繁におむつ交換ができないときは、尿とりパッドを吸収量の多いタイプ(「夜間用」「長時間用」など)に切り替えましょう。
おむつの交換時にこんな変化に気づいたら要注意です。
・尿や便の量
・下痢をしていないか
・血液が混ざっていないか
・陰部がただれていないか
・床ずれがないか など
異常が見つかった時には、すぐに主治医に相談してください。

5.安心介護で寄せられた「排泄のケアの仕方、汚物の処理」の質問

<排泄のケアの仕方、汚物の処理について教えてください>
https://ansinkaigo.jp/questions/detail/9714

【質問】
寝たきり生活だと排泄はどうするのですか?オムツにさせてしまうのでしょうか?オムツ交換のタイミングはいつ?どうやって気づくのでしょうか?また汚物の処理は普通にゴミとしてオムツを捨てればいいのでしょうか?臭いに対する対策はどうしたらいいのか?もう挙げたらキリかないくらいにわかりません。まずオムツの選び方もわかりません。どうか教えてください。

「タイプやサイズが分からない」「ためしに使ってみたい」、大人用おむつの相談は以下よりお問合せも可能です。

花王リリーフふれあいダイヤル

【関連リンク】
「大人用おむつと排泄ケア講座」

第1回 大人用おむつの選び方~どんな商品を選べばいいの?
第2回 大人用おむつの選び方~気をつけるポイントは?
第3回 尿とりパッドの使い方~おむつ代の節約に
第4回 タイプ別大人用おむつの付け方(パンツタイプ)
第5回 タイプ別大人用おむつの付け方(2Wayタイプ)
第6回 タイプ別大人用おむつの付け方(テープ式)
第7回 大人用おむつ インターネットで買うメリットは?[PR]
第8回 久々の帰省で何か臭う。ニオイの元は失禁かも?チェックと対策[PR]
第9回 介護のおむつ代を抑える おむつ給付、おむつ代の助成とは?[PR]
第10回 賢く選んで賢く節約 ~おむつの最適な選び方・使い方~[PR]
第11回 基本のキ 漏れない、おむつのつけ方[PR]

ぴったり大人用紙おむつ 簡単診断 サンプル プレゼント