介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > 開福々子さんの日記

開福々子さんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2017年09月28日 協力者(味方)を増やせ

投稿者:開福々子 レギュラー会員

『今や、介護の事を知らないのをいい事に義弟夫婦はケアマネにマインドコントロールされている。』

そんな事を言わせてしまう、ケアマネはいかがものかと思う。

でも、義弟嫁はともかく義弟は、根っこは私達と同じなのだと思う。
『お義父さんとお義母さんの事を思っている』
お義母さんが倒れて、お義父さんの認知がひどくなる中
これからどうなって行くのか、二人で過ごせるのか…不安で心配で…

例のケアマネは
『隣に住んでいるよし見で、お義父さんとお義母さんの様子を見てあげるから』
と義弟の弱いところをつついた。
それは、安心だ、助かる、なんて親切なケアマネさんだと思うよね。
私だって普通ならそう思ったことだろう

しかし、『住宅改修』の件に対して、病院側を無視をした、あの強行な態度や言動
義弟夫婦に私達の悪口
私の病院選びに対しての、ダメ出し
お義父さんの要介護認定に対しての口出し
その他諸々

あまりにもケアマネの業務を逸脱しており、家族の問題に踏み込み過ぎている。

それを言ったら喧嘩になる。
ケアマネが、ケアマネが、ケアマネがって信者のようになっている義弟夫婦に何を言っても通じない。私達も義父と義母の事を考えると強く言えない。
まるで、例のケアマネに姑と舅を人質に取られたみたいだ。

はぁ〜二人の介護問題だけでも頭が痛いのに、さらに問題を抱えていて精神的に疲れる。
私の仕事にも差し支えるようなった。やばい

さて、解決策はあるのだろうか?

行政に相談する?

多分あのケアマネ態度から、すぐに外れしてくれるだろう。下手をするとケアマネ業務の停止命令?
しかしケアマネ信者の義弟夫婦には恨まれるだろうね。マインドコントロールされている人を強引に引き離すと更に問題が生じる事になる。必ず亀裂を生むだろう。

それは、どうしようもなくなった時の最終手段だ。(地域包括支援センターには事情を軽く相談はしている)

『義母が、あのケアマネは嫌です。かえてください』って言ってくれればすぐに解決するのだが…
気が弱い義母は言えないようだ。
しかも、認知がすすんでいる。

私だけでは解決ができない。
義弟夫婦は、ケアマネをバックにして態度がでかい。

だったら、こちらも協力者(味方)を増やそう。

ちょうど、主人の叔母、母の妹からの電話があった。
『お義父さんが、お義母さんが再婚するって言ってきたでぇ』
ぶはっ、おとうさーん、あなた、叔母さんの所にも行ったんですか〜〜
どうやら義父は義母の他の兄弟の所にも行っているらしい。知らなかった〜〜

『義父さんの事、あのままほっておくんか?』
お怒りの言葉。

いえいえ、ちゃんと要介護認定の申請出してます!!
(良かった、出してて〜〜)

『そうなんや、良かった。義父の様子を知らないと思ってたわ。ちゃんとしているねんな。心配しててん』

はい!!心配してくださってありがとうございます。

『お義母さんな、(義弟)に財産取られるって心配していたで、お義父さんがそう、話をするからな。』
となどなど、お義母さんは私には遠慮して言えないことでも、姉妹に言えるようだ。

そして、この機会にこの叔母に私達の味方になって貰おう!と考えた。

なんと、義母は10人と兄弟が多い。
この人に、ネットワークになって貰って、今の現状を発信して貰おう。
そして、ケアマネが義父さんがもっと悪くなってから申請しろとか要介護認定にも口出したり、リフォームの事、義弟夫婦の事を説明する。

『リフォームの事はおかしいと思っててん。義弟夫婦がやってた事なんや』

そして、色々とご助言頂けるように、これからもよろしくお願いしますと頼んだ。

さて、お義母さんのお兄さん夫婦にも今までのお義父さんの事を含めて、お詫びとお礼の電話を入れよう。ついでに今までの現状を話そう

そして、お義母さんの友人にも連絡を入れている。
その方は、お義母さんが入院している当初から、仲良くなり、色々なご助言をいただいている、お義母さんの友人グループのボス的存在だ。
とても、お義母さんより年上とは思えないシャキシャキしているお方だ。
その方から、他の友人達に今の現状を発信してもらおう。
どんどん、ネットワークを広げようと思う。

認知症を、恥ずかしがってはいけない。
説明して、理解していだだいて、
協力を仰ぐのだ。

向こうがケアマネで対抗するなら
こっちは親戚一同、お義母さんの友人達だ!

どちらが強いかな?

2017年09月28日 09:48

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

まだコメントがありません
とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。