介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護日記 > 長男の介護さんの日記

長男の介護さんの介護日記

会員登録
はじめての方へ

ログインはこちらから

日記を投稿する

公開

2017年07月07日 後は母の生きる執着心のみ

投稿者:長男の介護 レギュラー会員

入院して今日で一週間、最初の3日位は
意識もあり辛うじて誰が見舞いにきたか
分かってくれたし話しもできた。
4日目は危篤が続いて
語りかけても、身体をさすっても反応
してくれなくなった。
瞳孔反応もない。
危篤も2回目。
それ以降、息は浅いがしているだけ。
たまに動いて、ベッドの柵をつかむ。
でも昨日は動きさえなかった。
先生や看護師さんからももう助からない
とは言い切っていない。
低空飛行が続いて、うまくいけば
回復するかもしれないと言ってる。
でも、なるべくそばにいてあげて
ください、何かあればすぐ連絡しますと
いうからには長くないのかなぁと感じた。
ネットで調べてみた。
動きは、せん妄ってやつなのかな?
終末期の状態と一致する。
一気に現実を実感して寝られなくなった。
後は母の生きる執着心のみ。
つい一週間前まで、介護してたのが
すごく過去のことに感じた。
自分は介護が増えても後2年位は
生きてくれると予想していた。
こんな形で終わってほしくない。

2017年07月07日 03:40

あなたの感想を投票しましょう

この日記へのコメント

長男の介護さんからの返信(2017/07/07 08:14) レギュラー会員

コメントありがとうございます。
SPO2は87から90位、たまに70まで急に
低下する時もあります。
気管に穴を開けない人工呼吸器が
あるんですね。
早速聞いてみます。

浮釣木さんからのコメント(2017/07/07 07:16) ゴールド会員

長男の介護さん、おはようございます。

お母様、心配ですね。
昨日の日記に、チアノーゼとありましたが、お母様のSpO2はどのくらいですか?
酸素は吸われていると思いますが、人工呼吸器を使ってみるのも良いのではないかと思いました。
NPPVといって、気管挿管しないで、マスクを付けて人工呼吸をするものです。
私の母は、これを使ってチアノーゼが無くなりました。
主治医に聞かれてはいかがでしょうか?

最初 << 1 >> 最後

とじる

※ 会員登録する前に、利用規約個人情報保護方針をご確認ください。

既に会員の方はこちらからログインください。