介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

「 トイレの介護方法 」に関する解説・記事

介護を受ける方にトイレに行ってもらって、排泄をしてもらうのは大きな労力を要します。
ここでは、足腰が弱まっている場合の移動方法や、移動が難しくなった際のポータブルトイレの使い方、トイレを清潔に保つ方法などを解説します。

「トイレの介護方法」に属する記事一覧

介護家族が知っておきたい排泄障害が起こる理由と対策

排泄介助は、在宅で介護をしている人の多くが負担に感じているものです。とくに失禁や頻尿などの排泄障害は、介護を受けている本人にとっても、自尊心が傷ついたり、家族に対して申し訳ないという感情を抱いてしまったりと、軽い問題ではありません。今回は排泄障害が起こる理由とその対策についてまとめます。

続きを見る

トイレに間に合わないときの対策

介護の中でも、手がかかるもののひとつが排泄介助です。 実際に在宅介護をしている人の多くが、排泄介助を「大変だ」と感じています。 >>トイレを使った排泄介護の注意点と方法 他の介助とは異なり、排泄は1日に数回という頻度で行われます。 ...

続きを見る

トイレを清潔に保つ方法とにおい予防

自力で排泄してもらうことは大切ですが、大変なのはトイレの掃除です。 思うように体が動かないため、便器や便座、周りの壁や床などが汚れやすく、またにおいも気になるところでしょう。 「消臭したい」、「清潔に保ちたい」という気持ちはあっても、や...

続きを見る

要介護の高齢者をトイレまで移動する方法

介助があれば自力で排泄ができるという高齢者の場合、できる限りトイレで排泄させてあげることが大切です。介護で大切なのは、「できることは自分でやってもらい、できないことだけ手を貸す」こと。トイレへの移動の介助も例外ではありません。 >>トイレ...

続きを見る

ポータブルトイレの使い方

高齢者が寝たきりにならないための有効な道具に、ポータブルトイレがあります。 自力で歩ける場合は、できる限りトイレで排泄させてあげることが大切です。手すりや杖、歩行器などを利用しましょう。 >>トイレまでの移動方法 介護者の目が届きにく...

続きを見る