介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

「 体を清潔にする方法 」に関する解説・記事

被介護者の身体を清潔にすることは、被介護者の生活を向上させるだけでなく、感染症の予防にも効果があります。
ここでは、様々な状況で被介護者の身体を清潔にする方法を解説します。

「体を清潔にする方法」に属する記事一覧

清拭(体をふく)の方法

頻繁に入浴ができない高齢者が体を清潔に保つためには、 定期的に体を拭くことが大切です。 体を拭くことを「清拭(せいしき)」と言います。 清拭の目的は、ただ単に皮膚の汚れを取るだけではありません。 体を清潔に保つことはもちろん...

続きを見る

寝たまま洗髪する方法

体を拭くことはさほど困難ではないものの、洗髪をするとなると難しく感じる方は多いでしょう。 特に寝たきりの高齢者は入浴も困難なので、洗髪をする機会が少なくなってしまいます。 すると、フケがたまるなど清潔さを保てなくなってしまいます...

続きを見る

高齢者の入浴の注意点と方法

高齢者にとっての入浴は、体の清潔を保つ以外にも多くのメリットがあります。 38度くらいのお湯につかると副交感神経が優位になり、リラックス効果が期待できるでしょう。 また、お湯の中で浮力が働くことによって、関節など痛みから動かすことができ...

続きを見る

陰部洗浄の方法

高齢者の介護においては、入浴時以外での陰部洗浄が必要となります。 高齢になると肌を保護する体の機能も衰えるので、衛生を保つためには意識的に清潔にしなければいけません。 陰部が不潔になると、病気に感染するリスクが高まります。 ...

続きを見る