介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

「 高齢者の口腔ケア・嚥下 」に関する解説・記事

口腔ケアは、口臭の防止につながるだけでなく、細菌や食べかすが肺に吸い込まれてしまうことにより起きる誤嚥性肺炎も防ぐことが出来ます。
ここでは、被介護者の口腔ケアを行うための方法を解説します。

「高齢者の口腔ケア・嚥下」に属する記事一覧

嚥下障害の食事方法|介護者の注意点

嚥下障害とは、ものを噛んだり飲み込んだりする機能が低下する症状のことです。 正常に飲食が行えないため、栄養不足や脱水に陥る可能性があるばかりでなく、飲食物や唾液などが気管内に入り込んで肺に炎症を引き起こす「誤嚥性肺炎」の原因にもなります。...

続きを見る

やってみよう!嚥下体操

 飲食物を飲み込む動作を「嚥下」といいます。普段私たちが何気なく行っている「嚥下」には様々な器官や神経が関わっており、それらのいずれかに異常が生じると正しく「嚥下」ができなくなります。その状態を「嚥下障害」と呼び、高齢者に多く見られる症状の...

続きを見る

食べる機能が気になる人にふさわしい食事

高齢者になるべく負担をかけずに、より安全に召し上がっていただくためには、普段の食事の様子を観察し、「噛む力」「飲み込む力」「かたさ」などに配 慮した形態の食事(嚥下調整食)を用意するとよいでしょう。

続きを見る

高齢者の食事介助のポイント

高齢者の食事介助のポイントについて解説していきます。 ※嚥下障害のある方の介助には様々なリスクが伴うので無理をせず、慎重に行うことを心がけましょう。適切な全身管理を行う医師の指示に必ず従ってください。 食事時の好ましい姿勢のポイント ...

続きを見る

嚥下障害の基礎知識

①口から食べることは大切です 動物は口から食べ物を摂取することで栄養を取り入れています。わたしたち人間も同じで、基本的には口から食べることで命を維持しています。 食べる機能が低下し、口から食べることが難しくなると、食べる量が減って、低栄養...

続きを見る

舌苔とは 原因・症状・対策

口の中には常に唾液などの水分があります。さらに食物を食べたり飲んだりする器官のため、さまざまな細菌や汚れが発生する可能性が避けられません。 特に何の変化もなく生活していても、知らないうちにトラブルが起こっていることがあるでしょう。 ...

続きを見る

介護者が知っておきたい口腔癌(こうくうがん)とは 原因・症状・対策

口腔癌(こうくうがん)とは 口の中全体を「口腔」と呼びます。 つまり口腔がんとは、口の中にできるがんのことです。 口腔内では、がんが発生する部分によって「歯肉癌(しにくがん)」「口腔底癌(こうくうていがん)」「頬粘膜癌(きょう...

続きを見る

誤嚥を起こしにくい食事の姿勢のとり方

正しい姿勢の食事で誤嚥を防ぐ高齢者の食事で特に注意しなくてはならないことに、誤嚥事故があります。誤嚥とは、食べ物などが誤って喉頭や気管に入ってしまうことです。>>誤嚥とは 原因・症状・対策誤嚥がきっかけで起こる誤嚥性肺炎で亡くなる高齢者の数...

続きを見る

歯周病とは 原因・症状・対策

歯周病とは 歯周病は、歯を支えている歯茎や骨が壊れたり、溶けたりしていく病気です。 歯茎が腫れたり歯が揺れたりすると、最終的に周囲の骨が歯を支えられなくなってしまい、歯が抜けてしまいます。 歯の周りの組織が壊れて結果的に歯が抜ける ...

続きを見る

8020運動とは 認知症予防にも効果的

8020運動とは 「8020運動(ハチマルニイマルウンドウ)」とは、1989年に厚生労働省が80歳になっても、自分の歯を20本以上残すことを目標に掲げた計画です。 なぜ20本なのかという理由は、親不知を除く28本の歯のうち20本以...

続きを見る

高齢者に多い誤嚥性肺炎とは?

誤嚥性肺炎とは、気管内に食べ物や唾液、逆流した胃液などとともに口の中の細菌が流入することによって、肺に炎症を引き起こす病気のことです。誤嚥性肺炎は、物を飲み込む力や反射、気管に異物が入り込んだ際に咳が出る反射などの嚥下機能が衰える「嚥下障害...

続きを見る

洗口液とは 高齢者へのメリットと使い方

洗口液とは 洗口液は「デンタルリンス」や「マウスウォッシュ」とも呼ばれます。 歯磨きの後、口にふくんでクチュクチュと成分を行き渡らせることで、口臭の予防や口腔内の浄化、口の乾燥対策ができるものです。 特に、唾液の分泌が減少して雑...

続きを見る

入れ歯とは 種類と介護者が知っておきたいポイントについて

高齢になると歯を失い、入れ歯を利用する事が多くなります。入れ歯は、一人ひとりの歯や口腔内の状態、予算に合わせて、最適なものを医師と相談して作ります。入れ歯の種類と介護者が知っておきたいポイントについて解説していきます。 目次 入...

続きを見る

介護にも役立つ液体歯磨きとは そのメリットと使い方

液体歯磨きとは 数年前から広く浸透している液体歯磨きは、名前の通り、歯磨き粉を液状にしたものです。刺激が苦手な方には、ノンアルコールタイプの液体歯磨きもあります。 液体歯磨きは研磨剤を含んでいないため、歯の表面を傷つけたり、歯茎を傷...

続きを見る

高齢者も受けておくべき歯科検診とは

歯科検診とは 歯科検診とは、歯科クリニックなどで虫歯がないか、歯周病の恐れはないかといったチェックを定期的に行う健診です。 また、虫歯や歯周病などの歯科治療を終えた後、治療後の経過を診ることも目的とされています。 歯周病は糖尿病...

続きを見る

誤嚥とは 原因・症状・対策

誤嚥(ごえん)とは 誤嚥とは、本来なら口腔から咽頭、そして食道を通って胃に送られるべき食べ物が、誤って喉頭と気管に入ってしまう症状のことです。 飲みこむ動作は「嚥下(えんげ)」と呼ばれ、誤嚥が見られる場合は、嚥下障害が起こっているこ...

続きを見る

自宅でできる!高齢者の嚥下リハビリテーション

「最近、ご飯を食べているとむせたり咳が出たりする」「噛んだり飲み込んだりするのが大変になってきた」などの症状がある方は、飲み込む力が弱る嚥下機能低下のサインです。嚥下機能をアップさせ、嚥下障害を改善するリハビリテーションの方法と誤嚥性肺炎を...

続きを見る

嚥下力(えんげ力)のチェック方法

嚥下力をチェックする目的 嚥下障害が見られた場合、まずは実際にどれくらいの嚥下力や嚥下障害があるのかを、正しく評価することがとても重要です。評価することで、嚥下障害の原因や症状などを判断したり、どれくらい誤嚥性肺炎のリスクがあるのかを...

続きを見る

嚥下障害とは?症状と原因を詳しく解説

「嚥下障害」とは飲食物や唾液を飲み込む嚥下機能が低下する症状のことです。嚥下障害の原因は脳卒中、パーキンソン病、認知症など多岐にわたりますが、高齢になるほど発症率は上昇します。このため、超高齢化社会に突入した日本において嚥下障害を持つ人は年...

続きを見る

誤嚥と呼吸困難への対応方法

誤嚥とは、本来なら食道に入るはずの食べ物などが気管に入ってしまうことです。誤嚥によって気管に異物がつまり、窒息を引き起こすケースがあります。場合によって生死に関わる、危険な状態です。呼吸困難に陥った場合の対処法などをお伝えします。 ...

続きを見る

ドライマウス(口腔乾燥症)とは 原因・症状・対策

ドライマウスとは、唾液の分泌が少なくなり、口腔内が乾燥した状態が3ヵ月以上続く状態です。日本語名で「口腔乾燥症」と呼ばれます。 ドライマウスは虫歯、歯周病、口臭のを引き起こすほか、摂食嚥下障害の原因になるため、高齢者が気を付けたい病気です。...

続きを見る

高齢者の口腔ケアの方法は?誤嚥性肺炎の予防に口腔ケアが重要

高齢者にとって口腔ケアは命に関わるほど大切です。口腔ケアをせずに放置すると、誤嚥性肺炎などの疾患を引き起こします。しかし、口腔ケアがはじめての場合はどうやったらいいか難しいものです。口腔ケアの必要性や注意点、具体的な方法を知って、正しく効率...

続きを見る

認知症の高齢者が歯磨きを嫌がる場合の対処法

高齢者への介護において重要な”歯磨き”。口臭や細菌の繁殖を防ぐためにも、口の中を清潔に保つようにしましょう。また、いい施設かどうかを見極めるポイントとして「歯磨きや口腔ケアがきちんとできているか」をあげている専門家の声も安心介護内には投稿さ...

続きを見る