介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

「 高齢者の口腔ケア・嚥下 」に関する解説・記事

口腔ケアは、口臭の防止につながるだけでなく、細菌や食べかすが肺に吸い込まれてしまうことにより起きる誤嚥性肺炎も防ぐことが出来ます。
ここでは、被介護者の口腔ケアを行うための方法を解説します。

「高齢者の口腔ケア・嚥下」に属する記事一覧

食べる機能が気になる人にふさわしい食事

高齢者になるべく負担をかけずに、より安全に召し上がっていただくためには、普段の食事の様子を観察し、「噛む力」「飲み込む力」「かたさ」などに配 慮した形態の食事(嚥下調整食)を用意するとよいでしょう。

続きを見る

高齢者の食事介助のポイント

高齢者の食事介助のポイントについて解説していきます。 ※嚥下障害のある方の介助には様々なリスクが伴うので無理をせず、慎重に行うことを心がけましょう。適切な全身管理を行う医師の指示に必ず従ってください。 食事時の好ましい姿勢のポイント ...

続きを見る

嚥下障害の基礎知識

①口から食べることは大切です 動物は口から食べ物を摂取することで栄養を取り入れています。わたしたち人間も同じで、基本的には口から食べることで命を維持しています。 食べる機能が低下し、口から食べることが難しくなると、食べる量が減って、低栄養...

続きを見る

舌苔とは 原因・症状・対策

口の中には常に唾液などの水分があります。さらに食物を食べたり飲んだりする器官のため、さまざまな細菌や汚れが発生する可能性が避けられません。 特に何の変化もなく生活していても、知らないうちにトラブルが起こっていることがあるでしょう。 ...

続きを見る

介護者が知っておきたい口腔癌(こうくうがん)とは 原因・症状・対策

口腔癌(こうくうがん)とは 口の中全体を「口腔」と呼びます。 つまり口腔がんとは、口の中にできるがんのことです。 口腔内では、がんが発生する部分によって「歯肉癌(しにくがん)」「口腔底癌(こうくうていがん)」「頬粘膜癌(きょう...

続きを見る

誤嚥を起こしにくい食事の姿勢のとり方

正しい姿勢の食事で誤嚥を防ぐ高齢者の食事で特に注意しなくてはならないことに、誤嚥事故があります。誤嚥とは、食べ物などが誤って喉頭や気管に入ってしまうことです。>>誤嚥とは 原因・症状・対策誤嚥がきっかけで起こる誤嚥性肺炎で亡くなる高齢者の数...

続きを見る

歯周病とは 原因・症状・対策

歯周病とは 歯周病は、歯を支えている歯茎や骨が壊れたり、溶けたりしていく病気です。 歯茎が腫れたり歯が揺れたりすると、最終的に周囲の骨が歯を支えられなくなってしまい、歯が抜けてしまいます。 歯の周りの組織が壊れて結果的に歯が抜ける ...

続きを見る

8020運動とは 認知症予防にも効果的

8020運動とは 「8020運動(ハチマルニイマルウンドウ)」とは、1989年に厚生労働省が80歳になっても、自分の歯を20本以上残すことを目標に掲げた計画です。 なぜ20本なのかという理由は、親不知を除く28本の歯のうち20本以...

続きを見る

誤嚥性肺炎とは 原因・症状・対策

通常、口から入った食べ物は、咽頭から食道を通って胃まで届きます。しかし、嚥下力(飲みこむ力)が弱くなった高齢者では、食べ物が誤って気管に入ってしまう「誤嚥(ごえん)」が起こりやすくなります。この誤嚥によって引き起こされるのが誤嚥性肺炎です。...

続きを見る

洗口液とは 高齢者へのメリットと使い方

洗口液とは 洗口液は「デンタルリンス」や「マウスウォッシュ」とも呼ばれます。 歯磨きの後、口にふくんでクチュクチュと成分を行き渡らせることで、口臭の予防や口腔内の浄化、口の乾燥対策ができるものです。 特に、唾液の分泌が減少して雑...

続きを見る

入れ歯とは 種類と介護者が知っておきたいポイントについて

入れ歯とは 入れ歯とは「義歯」とも呼ばれる人工の歯のことで、失った歯を補ってくれるものです。義足や義手、義眼などと同じように考えられます。 使用されている素材や技術によって、医療保険が適用されるタイプのものと適用されないタイプのもの...

続きを見る

介護にも役立つ液体歯磨きとは そのメリットと使い方

液体歯磨きとは 数年前から広く浸透している液体歯磨きは、名前の通り、歯磨き粉を液状にしたものです。刺激が苦手な方には、ノンアルコールタイプの液体歯磨きもあります。 液体歯磨きは研磨剤を含んでいないため、歯の表面を傷つけたり、歯茎を傷...

続きを見る

高齢者も受けておくべき歯科検診とは

歯科検診とは 歯科検診とは、歯科クリニックなどで虫歯がないか、歯周病の恐れはないかといったチェックを定期的に行う健診です。 また、虫歯や歯周病などの歯科治療を終えた後、治療後の経過を診ることも目的とされています。 歯周病は糖尿病...

続きを見る

誤嚥とは 原因・症状・対策

誤嚥(ごえん)とは 誤嚥とは、本来なら口腔から咽頭、そして食道を通って胃に送られるべき食べ物が、誤って喉頭と気管に入ってしまう症状のことです。 飲みこむ動作は「嚥下(えんげ)」と呼ばれ、誤嚥が見られる場合は、嚥下障害が起こっているこ...

続きを見る

自宅での嚥下のリハビリ(摂食訓練)の方法

嚥下障害のリハビリの目的口から食べ物や飲み物を取り入れ、食道を通って胃に送りこむことを「嚥下」と言います。そして、これらが上手くできないのが「嚥下障害」です。嚥下障害と診断された場合は、積極的にリハビリを行うのが基本です。かかりつけ歯科医院...

続きを見る

嚥下力(えんげ力)のチェック方法

嚥下力をチェックする目的 嚥下障害が見られた場合、まずは実際にどれくらいの嚥下力や嚥下障害があるのかを、正しく評価することがとても重要です。評価することで、嚥下障害の原因や症状などを判断したり、どれくらい誤嚥性肺炎のリスクがあるのかを...

続きを見る

嚥下障害とは 原因と症状

嚥下障害とは 嚥下(えんげ)とは咀嚼した食べ物を咽頭に送り、飲み込むことです。これに対して「嚥下障害」とは、食べ物をうまく飲み込めなくなる障害を表します。 嚥下障害は、嚥下の際に必要な各器官の複雑な運動や、それに関係する神経や筋肉に...

続きを見る

誤嚥と呼吸困難への対応方法

誤嚥とは誤嚥とは、本来なら食道に入るはずの食べ物が気管に入ってしまうことです。>>誤嚥とは 原因・症状・対策健康な人でも起こり得ることなので、高齢者や摂食、嚥下障害がある人ならなおさら注意が必要になります。こんな症状が出ていたら誤嚥かも【食...

続きを見る

ドライマウス(口腔乾燥症)とは 原因・症状・対策

ドライマウスとは、唾液の分泌が少なくなり、口腔内が乾燥した状態が3ヵ月以上続く状態です。日本語名で「口腔乾燥症」と呼ばれます。 ドライマウスは虫歯、歯周病、口臭のを引き起こすほか、摂食嚥下障害の原因になるため、高齢者が気を付けたい病気です。...

続きを見る

高齢者の口腔ケアの目的と方法

体力や抵抗力が弱っている高齢者にとって、口の中の細菌は大敵です。 口腔ケアは、全身の健康や精神面にまで影響を及ぼします。 高齢者にできるだけ長く健やかな状態を維持してもらうため、そして快適に毎日を送るためにも、口腔ケアを習慣にしたい...

続きを見る

認知症の高齢者が歯磨きを嫌がる場合の対処法

高齢者への介護において重要な”歯磨き”。口臭や細菌の繁殖を防ぐためにも、口の中を清潔に保つようにしましょう。また、いい施設かどうかを見極めるポイントとして「歯磨きや口腔ケアがきちんとできているか」をあげている専門家の声も安心介護内には投稿さ...

続きを見る