介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

「 介護と栄養補給 」に関する解説・記事

介護を受けている方には、口から栄養を補給で気ないケースがあります。ここでは、栄養補給の方法について解説します。

「介護と栄養補給」に属する記事一覧

免疫力をつける食事とは

免疫力とは 免疫力とは、身体に備わっている病気にならないための防御機能のことです。 外部から入ってきた病原菌やがん細胞などを退治しているのが「NK細胞」と呼ばれる免疫細胞です。 つまり免疫力とは、NK細胞の増減によって強くなったり...

続きを見る

経鼻栄養補給とは メリットや介護方法

経鼻栄養補給とは 経鼻栄養補給とは、消化管を利用して栄養を摂取する「経腸栄養法」の1つです(経鼻経腸栄養法)。細いチューブを鼻腔から通し、胃または十二指腸まで挿入します。挿入したチューブを通じて、水分や栄養、薬などを投与します。 口...

続きを見る

介護の食事のときに使える道具

食事の目的と重要性 “食べる”という行為は体に栄養を取り入れ、それをエネルギーに変え、生命を維持するために最も基本的な日常生活行為です。また、食べ物を目で見る「視覚」、においをかぐ「嗅覚」、耳で聞く「聴覚」、味わう「味覚」などの感覚を...

続きを見る

胃ろう(PEG)とは メリットや介護方法

胃ろう(PEG)とは内視鏡を使って胃に空けた小さな穴のことを「胃ろう(PEG)」と呼びます。嚥下障害や認知症などが原因で口から食べ物を食べられない人、あるいは嚥下性肺炎を起こしやすい人が、直接胃に空けた穴から水分や栄養を摂り、全身状態を安定...

続きを見る

中心静脈栄養とは メリットや介護方法

中心静脈栄養(IVH)とは、口から食事がとれなくなった方が点滴で血管から栄養補給する方法です。「高カロリー輸液療法」、「完全静脈栄養法」と呼ばれることもあります。嚥下機能(飲み込む機能)の障害や病気などによって経口摂取ができなくなった場合に...

続きを見る

腸ろうとは メリットや介護方法

腸ろうとは腸ろう(腸瘻)とは、嚥下障害や認知症によって経口摂取が難しい場合に腸に穴を開け、そこから栄養を直接入れる「経管栄養法」のひとつです。誤嚥や窒息などを防ぎつつ、栄養や水分を摂取できるようにすることで、健康状態を回復させる目的がありま...

続きを見る

経口摂取とは

経口摂取とは 食べ物を口から食べて咀嚼して噛み砕き、飲みこみやすい形状にして飲みこむという、いわゆる一般的な食事によって栄養を摂ることを、医学的な言葉では「経口摂取」といいます。 若くて健康な方の多くは、口から食べることを当たり前と...

続きを見る