介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

220,884件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事
  • 法律・税の相談

「 介護保険と介護保険制度 」に関する解説・記事

介護保険制度は、要介護認定を受けた方のサービス利用金額を一部負担し、さまざまな介護サービスを受けることが可能になる仕組みです。ここでは、介護保険がカバーする介護サービスの内容や仕組み、申請方法について解説しています。

介護保険制度の用語解説

介護保険制度とは

介護保険とは何か 介護保険とは、介護が必要な高齢者の治...

介護保険制度で徴収される介護保険料

介護保険料は、40歳以上の人が納める義務を負っています。ここでは、年齢別の徴収方法と金額について解説します。

介護保険制度で受けることが出来る介護サービス

介護保険制度で受けることの出来る介護サービスについて、解説します。

介護保険の負担割合と利用できる限度額(支給限度額)

介護保険を利用して受けるには、金額の限度があります。ここでは、サービス利用限度額について解説します。

要介護・要支援とは – 要介護1~5、要支援1・2の違い

サービスを受ける際に、その状態がどの程度なのかを判定するものです。ここでは、要介護・要支援の段階の違いを解説します。

要介護認定、認定調査の手続きと流れ

介護保険を活用して介護サービスを受けるためにまず必要なのは、要介護認定です。ここでは、要介護認定を受ける方法について解説します。

地域包括支援センターとは

地域包括支援センターとは、介護保険法で定められている組織...

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは 特徴と活用方法

居宅介護支援とは、要介護(1~5)の方を対象に、居宅介護支援事業所のケアマネジャーが介護に関するご相談から手続きなどのサポートをしてくれるサービスです。目次居宅介護支援の基礎知識 居宅介護支援のサービス内容 居宅介護支援のよくある質問居宅介護支援の基礎知識居宅介護支援はどんなサービス?要介護(1~5)の方を対象

居宅介護支援事業所とは

居宅介護支援事業所とは、ケアプランを作成・管理するケアマネージャーさんが所属する場所です。介護認定を受けたら、まずは居宅介護支援事業所に相談しましょう。

ケアプランとは

ケアプランは介護の計画書です。ここでは、ケアプランの作成方法について解説します。

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは

ケアマネジャー(介護支援専門員)の役割 ケアマネジャー...

介護福祉士について

介護福祉士とは 介護福祉士は厚生労働省が所管する国家資...

高額介護サービス費制度とは

介護サービス利用者の費用負担を軽減してくれる「高額介護サービス費用制度」について解説します。

施設系サービス

施設介護は、自宅以外の施設に住みながら介護サービスを受けることが出来ます。
施設介護で利用可能な施設の種類の説明や、各施設を選ぶポイントについて解説しています。

介護施設・高齢者向け施設の種類と選び方

介護施設の種類には何がある? 一言で “介護施設”や”...

有料老人ホームとは 特徴と探し方

有料老人ホームとは、非該当(自立)の方から入居でき、入居した住まいで食事のサービスやレクリエーションを受けることのできる施設サービスです。有料老人ホームは「介護付き一般型」「介護付き外部サービス利用型」「住宅型」「健康型」の4種類があり、ご利用者さまの介護の必要度合いに合わせて選択することができます。

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)とは 特徴と探し方

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)とは、常に介護が必要で自宅での介護が困難と認められた方を対象に、食事や排せつの介護、機能訓練などを行う入所施設です。

グループホームとは 特徴と探し方

グループホームとは グループホームは、認知症(急性を除...

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは 特徴と探し方

サービス付き高齢者向け住宅とは、日常生活や介護に不安を抱く方が、いざ介護が必要になっても住み慣れた地域で安心して暮らせるためにつくられた高齢者向けの賃貸住宅です。

介護療養型医療施設(介護療養病床)とは 特徴と探し方

介護療養型医療施設は、病状が安定しつつもまだ医学管理下での介護が必要という方を対象に、食事や排せつなど日常生活の介護だけでなく、医療的なケア・リハビリテーション等の サービスを提供する施設です。

介護老人保健施設(老健)とは 特徴と探し方

介護老人保健施設(老健)とは、病状が安定期にあり家庭復帰にむけて介護や医療を必要とする方を対象に、介護・医療ケア・リハビリテーションを行う施設です。 また入所施設としてだけではなく、短期入所や通所・訪問リハビリテーションとしての役割も果たします

ケアハウス(軽費老人ホーム)とは 特徴と探し方

軽費老人ホームとは、無料または低額な料金で食事や住環境を提供するなど、日常生活の支援をする施設です。所得や介護度の条件によって「A型」「B型」「ケアハウス」の3種類に分けられます。

養護老人ホームとは 特徴と探し方

養護老人ホームとは、身体的・精神的または経済的な理由等によりご自宅での日常生活が困難な方を対象に、自立した生活を送れるよう社会復帰のための支援として食事や日常生活のお手伝いをする施設サービスです。 要望次第では介護サービスも利用することができます

小規模多機能型居宅介護とは  特徴と探し方

小規模多機能型居宅介護とは、日帰りの施設への通いを中心に、必要に応じて「通い」(デイサービス)・「泊り」(ショートステイ)・「訪問」の3つのサービスを組み合わせて利用しながら、自宅での自立した生活を支援してくれるサービスです。目次小規模多機能型居宅介護の基礎知識 小規模多機能型居宅介護のサービス内容 小規模多機

シニア向け分譲マンションとは

現状では介護が必要なくても、普段あるいは今後の生活に不安を抱...

訪問・通所系サービス

在宅介護で活用可能なサービスは、お住まいの場所まで伺う「訪問サービス」と、施設などに通う「通所サービス」に大きく分けられます。
ここでは、介護保険内外の訪問系サービスと通所系サービスについて、解説します。

訪問介護とは 利用方法と選び方

訪問介護とは、訪問介護事業所のヘルパーがご利用者さまの自宅を訪れ、身体介護や生活援助など、日常生活のサポートをしてくれるサービスです。

訪問入浴介護とは 利用方法と選び方

訪問入浴介護とは、専門のスタッフがご利用者さまのご自宅へ専用の浴槽を持参し、脱衣から入浴後のバイタルチェックまで、ご利用者さまの入浴をサポートするサービスです。以下のような場合に有効です。 ・自宅の浴槽が狭くて入浴が難しいとき ・なんとか家のお風呂に入れてあげたいけど、介助の方法がわからないとき ・寝たきりなので入浴の方法が難しいとき

夜間対応型訪問介護とは 利用方法と選び方

夜間対応型訪問介護とは、夜間にご利用者さまのご自宅を定期的に訪問し、おむつの交換やトイレの介助などをしてくれるサービスです。(※夜間:およそ19~22時) また、ご利用 者さまのご自宅にケアコールを設置することで、怪我や様態の変化などの緊急時にも訪問してもらうことができ、老老介護のご夫婦や一人暮らしの方に安心の サービスです。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは 利用方法と選び方

定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは、 一日複数回の「短時間の定期巡回訪問」と、ご利用者さまからの通報により応対・訪問を行う「随時訪問・随時対応」とを組み合わせたサービスです。「必要なタイミング」で「必要な量と内容」のケアを提供することができるサービスです。

訪問リハビリテーションとは 利用方法と選び方

訪問リハビリテーションとは、主治医が「訪問リハビリテーションサービスの利用が必要」と認めた方を対象としたサービスで看護師や理学療法士など、主治医の指示に合わせて専門家がご自宅を訪問し療養上のお世話や診療の補助を行います。

訪問看護とは 利用方法と選び方

訪問看護とは、主治医が「訪問看護サービスの利用が必要」と認めた方を対象としたサービスで看護師や理学療法士など、主治医の指示に合わせて専門家がご自宅を訪問し医学的なお世話や処置を行います。

通所介護(デイサービス)とは 特徴と探し方

通所介護(デイサービス)とは、日帰りで施設に通い、食事や入浴など日常生活上の介護や機能訓練等を受けることのできるサービスです。 施設で他の利用者と接することで引きこもりや孤立を防ぎ、また介護をする家族にとっても負担を軽減することができます。

リハビリ特化型デイサービスとは 利用方法と選び方

リハビリ特化型(機能訓練特化型)デイサービスとは、介護保...

デイケア(通所リハビリテーション)のサービス内容

デイケア(通所リハビリテーション)とは 「通所リハビリ...

認知症対応型通所介護とは 特徴と探し方

認知症対応型通所介護とは、日帰りで施設に通い、他の利用者と共同生活をしながら、認知症に対応した介護や機能訓練をすることのできるサービスです。少人数制なので、家庭的な雰囲気の中、手厚くサービス受けることができます。

お泊りデイサービスとは 費用と利用の流れ

お泊りデイサービスとは お泊りデイサービスとは、通所介護で...

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)とは 特徴と探し方

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)とは、短期的に(連続して30日間まで)施設へ入所し、医学管理の下で日常生活の介護や機能訓練などを受けることのできるサービスです。 「数日家を空けなけれ ばならない」「介護者が体調を崩してしまった」など、一時的に自宅での介護が困難とされる場合でも、安心して被介護者を施設に預けることができます。

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)とは 特徴と探し方

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)とは、通所介護を中心に利用しながら、必要に応じてショートステイや訪問介護、訪問看護を受けることができるサービスです。一体的に各種サービスが提供されることにより柔軟な対応が可能になるので、医療面でさらなる安心感が得られます。

短期入所生活介護(ショートステイ)とは 特徴と探し方

短期入所生活介護(ショートステイ)とは、 短期的に(数日~1週間程度)施設へ入所し、日常生活の介護や機能訓練などの介護を受けながら施設での生活を送ることのできるサービスです。 例えば、 「数日家を空けなければならない」「介護者が体調を崩してしまった」など、自宅での介護が一時的に困難とされる場合でも、安心して被介護者を施設に預ける ことができます。

居宅療養管理指導とは 利用方法と選び方

居宅療養管理指導とは、医師や看護師などの専門家が定期的にご利用者さまの自宅を訪問し、医療器具の管理や病状の管理などの往診をしてくれるサービスです。担当医またはケアマネジャーとよく話し合い、ご利用者さまの病状やご要望に合ったサービスを受けましょう。

介護保険タクシー・介護タクシーとは 費用と利用の流れ

介護保険タクシー、介護タクシーとは 在宅で介護する人にとっ...

介護者の介護力を高めてくれるレスパイトサービス

“レスパイト”や“レスパイトケア”、“レスパイト入院”とい...