介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

197,395件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

「 認知症の症状 」に関する解説・記事

「認知症の症状」に属する記事一覧

実行機能障害とは

認知症の症状には、脳の変化によって必ず起こる「中核症状」と、環境や性格によって起こる「周辺症状(BPSD)」の二種類があります。 認知症にいち早く気付き、早期診断と早期治療を行うためにも、周囲の人が認知症の中核症状を知っていること...

続きを見る

うつ・抑うつの対応

うつ・抑うつとは うつや抑うつとは、一般的には特に体の異常がないにも関わらず、次のような症状が見られるものです。 ・不眠 ・気分が落ち込む ・やる気が出ない ・無関心 ・食欲不振 ・空虚感 ・自殺願望 など ...

続きを見る

弄便(ろうべん)とは 原因と対処法

弄便とは自分が排泄した便をいじって、壁や床にこすりつける行為のことを弄便といいます。認知症の症状の1つで、中にはおむつを外して体や寝具につけるような行為もよく見られるでしょう。弄便の原因弄便の原因は人によって異なります。多いのは、便を便だと理解できないことや、オムツに排便することに不快感を持っていることな・・・

続きを見る

認知症による幻覚、錯覚の原因と対応

実際には見えるはずのないものが見えた。認知症になると、そんな経験のある方は多いでしょう。例えば「幽霊を見た」というのも、この状態と似ています。単なる勘違いかもしれませんが、当人にとっては「本当に勘違いだったのか」「もしかしたら心の病気なのかもしれない」と感じてしまうでしょう。このような幻覚や錯覚について、・・・

続きを見る

せん妄とは 原因と対応方法 認知症との違いも紹介

せん妄(譫妄)とは、意識障害が起こって頭が混乱した状態を示します。高齢者に多く見られ、15~50%は、入院中にせん妄を経験するそうです。 せん妄の症状と特徴 主な症状 ・幻視や妄想 ・興奮状態(大声を出す、そわそわと動き動き回る...

続きを見る

物盗られ妄想とは 原因と対応方法

物盗られ妄想とは物盗られ妄想は、認知症になった人によく見られる被害妄想です。在宅で介護する際に知っておきたいのは、物盗られ妄想が、デイサービスやヘルパーを利用しながら在宅介護ができている認知症の人によく見られるということ。この物盗られ妄想は認知症の初期に見られる妄想で、認知症が進行するにつれて少なくなりま・・・

続きを見る

徘徊の原因と対応方法

認知症による徘徊とは認知症の症状の1つに徘徊があります。これは家の中はもちろん、外を1人で歩きまわるという行動です。周りから見ると、意味もなく歩き回っているように見えるかもしれません。しかし本人は、ちゃんと目的を持って歩き回っています。家の中では何かを探している場合が多く、外には自分の家や仕事を探しに出掛・・・

続きを見る

見当識障害とは

家族が認知症と診断されていない時点では、何らかの症状があっても、それを認知症の初期症状と分からないことが多いでしょう。そのため、どのような症状があるのかを知っておくことが大切です。ここでは認知症に見られる初期症状のうち、見当識障害に...

続きを見る

理解や判断力の障害

脳の細胞が壊れて認知症になると必ず出る症状を中核症状と呼びます。理解力や判断力の障害は、そんな中核症状の1つです。 >>認知症の中核症状・周辺症状(BPSD) ここではそんな理解力や判断力の障害を見ていきましょう。 理解力や判断力...

続きを見る

記憶障害の種類と対応

記憶障害とは アルツハイマー型認知症で最初に出てくる症状が記憶障害です。 年齢による物忘れと間違われやすいですが、アルツハイマー型認知症による記憶障害には大きな特徴があります。 まず年齢相応の物忘れは、体験の一部だけを忘れ、ヒ...

続きを見る

認知症の中核症状・周辺症状(BPSD)

認知症の症状として分類される中核症状と周辺症状(BPSD) 認知症の症状は「中核症状」と「周辺症状(BPSD)」の2つに分類されます。 中核症状 中核症状は脳の機能が低下することによって起こり、認知症になると誰にでも現れます。 ...

続きを見る