介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

「 高齢者の食事の種類 」に関する解説・記事

高齢者の食事のタイプについて解説します。

「高齢者の食事の種類」に属する記事一覧

日清オイリオグループ株式会社 「トロミアップパーフェクト」 何にでもとろみを[PR]

今回は「やわらか食」の基準であるユニバーサルデザインフード(UDF)の中の「とろみ調整食品」についてのお話です。UDFでは「区分1~4」とは別に、飲食物にとろみをつける「とろみ調整食...

続きを見る

ホリカフーズ株式会社 「おいしくミキサー」シリーズ 味に驚く「ペースト状」[PR]

「やわらか食」を開発・販売している企業のお話をご紹介している記事、今回うかがったのは、新潟県を拠点とし長年にわたり、加工食品を手掛けてきたホリカフーズ株式会社です。ホリカフーズは、...

続きを見る

マルハニチロ株式会社 「やわとろ」おかゆシリーズ -フリーズドライ技術で「おいしさ」「長期保存」「お湯だけで作れる」を実現[PR]

介護に役立つ「やわらか食」について、専門の方々にインタビューする連載記事の4回目となった今回は、マルハニチロ株式会社のお話です。1880年創業のマルハ(旧・大洋漁業)グループ、そして...

続きを見る

森永乳業株式会社 「やわらか亭」シリーズ 介護を楽にする「ごはんとおかずソース」[PR]

今回、やわらか食のお話をうかがった企業は「ビヒダスヨーグルト」や「クリープ」、アイスクリームの「ピノ」など数多くの身近な乳製品を手掛けてきた森永乳業です。グループ会社で長年、病院用流...

続きを見る

キューピーの介護食「やさしい献立」シリーズ 介護の場に「食べる喜び」を[PR]

食事に困っている方のため「食べやすさ」「栄養改善」を目的に作られた「やわらか食」。 4つのわかりやすい区分が特徴のユニバーサルデザインフード(UDF)として「やさしい献立」シリーズ...

続きを見る

高齢者の食事で気をつけるべきこと 管理栄養士 中村育子先生インタビュー[PR]

在宅介護が増える中、介護を受ける方の「食」は大きな問題となっています。「きちんとした食事がとれなくなる」「栄養に偏りが出る」ことによって、体調を崩してしまい、在宅から...

続きを見る

ユニバーサルデザインフード(やわらか食)とは?種類と選び方[PR]

このページでは日本郵便の協力を得て、ユニバーサルデザインフード(UDF)を紹介しています。日本郵便では郵便局にて、やわらか食・UDFを取り扱う「郵便局のすこやか選貨」カタログを展開しています。 ユニバーサルデザインフード(やわらか...

続きを見る

介護食(やわらか食、とろみ食)とは

介護食とは 咀嚼力(食べ物を噛む力)や嚥下(飲みこむこと)の機能に問題があると、口から食べ物を食べられなくなったり、食べ物などが気管に入ってしまう誤嚥を引き起こすことがあります。 >>誤嚥とは 原因・症状・対策 在宅で介護をする...

続きを見る

ミキサー食、きざみ食のメリットとデメリット、作り方とは

ミキサー食・きざみ食とは 高齢者になると噛む力が低下します。個人差はありますが、加齢によって低下する機能の1つです。そのため、通常の食事は食べづらくなります。 噛む力(咀嚼力)だけでなく、飲み込む機能(嚥下機能)も弱まりますので、食...

続きを見る

介護食のレトルト商品 種類と選び方

介護食とは 介護食は「形態調整食」「咀嚼嚥下食(そしゃくえんげ食)」とも呼ばれ、咀嚼や嚥下機能に障害を持つ人がしっかりと栄養を摂ることを目的に、食べ物を調整した食事のことです。 介護食の始まりは1984年、小田原の特別養護老人ホームにて...

続きを見る

柔らかい食事のタイプ解説

食事は介護において、とても大きな割合を占めるものです。 在宅介護をする人にとって、 毎日の食事の用意は大変な負担を強いられることでしょう。 高齢者が家で食事をするためには、 介護者が買い物をして、調理をすることが必要です。 ...

続きを見る