介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

「 高齢者と食の関係 」に関する解説・記事

食は高齢者にとって生活の質を高めるための、非常に重要なものです。
ここでは、高齢者と食の関係性について解説致します。

「高齢者と食の関係」に属する記事一覧

高齢者・被介護者に適切な栄養バランスとは

人間が健康に生きていくためには、栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。基本栄養素は46種類あり、栄養素の働きから、3つの食品グループに分けたものを三色食品群と呼びます。 必要不可欠な3種の食品グループ、三色食品群 体を作る栄...

続きを見る

高齢者の水分補給の重要性

水分補給は、年齢に関わらず非常に大切なものです。 そのため、高齢者に対しても常に注意しておきましょう。 人間は成人の場合、水分が体重の50~70%を占めています。 この水分量は加齢によって減少し、高齢者の場合は50%程度と言われ...

続きを見る

高齢者の脱水症状に注意|原因を知って正しい予防を

高齢者は体内の水分が少ない上に、のどの渇きを感じにくいので水分をあまりとらず、食べる量が減って食事で水分をとることも少ないなどから、脱水症状になりやすい傾向があります。特に暑い夏は、高齢者の場合は暑さがわからず、脱水となることが多くなります...

続きを見る

高齢者に起きる「低栄養」とは?

高齢になると、活動量が落ちて自然に食べる量が減る上に、病気や孤独など様々な要因で食欲がわかず、さらに食事の量が減ることが多くなります。食事を一食とらないことがときどきある程度なら特に心配はありませんが、長期間に渡って食事の量が減ると「低栄養...

続きを見る

高齢者の食事の特徴と注意点

食事は体力と生命維持のための栄養摂取であると同時に、高齢者にとっては大きな楽しみの1つです。介護者にはその準備が毎日の負担になるでしょう。しかし、すべての人にとって楽しみである食事を、一緒に楽しめるように工夫したいものです。食事の際の基本的...

続きを見る