介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

「 準備編(終活、遺言・相続、看取り) 」に関する解説・記事

介護が終わった後のことを考えることに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。ですが、その時に備えておくことで介護中も、いざその時を迎えても、さまざまな面で負担を軽減することができます。

ここでは主に終活、遺言、相続、看取りに関する情報をご紹介しています。

「準備編(終活、遺言・相続、看取り)」に属する記事一覧

介護家族にとっての「終活」とは

自分が望む死を迎えるため、そして死を迎えた後に周囲の人が困らないようにするための準備をすることを「終活(しゅうかつ)」と言います。2009年に週刊朝日が造り、広まった新しい言葉です。終活にはこんなものが含まれます。介護や医療の計画を立てる・...

続きを見る

終活カウンセラーが教える!親子で終活を成功させるコツ

どうやって子が親に、終活に興味を持ってもらうように促すか。そしていかに双方ともに納得のいく終活を行うか―。これは難しい問題です。介護を受けるような年齢、身体状態、精神状態になっている方に「終活」に興味を持ってもらうというのは確かに難しい。そ...

続きを見る

エンディングノートとは

エンディングノートとは、いつか迎える終末期や最期のときに向けて、自分の希望や家族に伝えたいメッセージを記しておくノートのことです。 終活を考えたときにまずするべきこととして、終活カウンセラーも「イベントに行く」とともに「エンディングノ...

続きを見る

遺言書とは

「遺言書」とは、死後の財産や身分について書かれた法的な文書のことです。遺産の分割方法を指定することで、遺産に関する意思表示ができます。「金額が少ないから遺言書は必要ない」、「うちはもめないから大丈夫」、「口頭で伝えてあるから」と、遺言書の作...

続きを見る

葬儀社の選び方と葬儀費用について

終活について考えるときに、避けて通れないのが「葬儀費用」です。事前に葬儀会社を決めておかないと、必要なときに慌ただしくなってしまいます。また、あらかじめ決めておかず、病院に葬儀社を紹介してもらうと、病院への紹介手数料がかかる分、葬儀費用が高...

続きを見る

お墓や自然葬など“埋葬方法”の種類

長く一般的に行われてきた「埋葬」といえば、墓地または霊園に納骨して墓石や墓標を建てる方法です。菩提寺があれば菩提寺の墓地に埋葬されます。墓地と霊園の違い寺院の境内にあるものを「墓地」と呼び、宗教法人や公益法人、または自治体が運営しているもの...

続きを見る

自宅での看取り【準備~終わりまで】

介護が必要な家族が、終末期に差し掛かったときに考えなくてはいけないのが、「看取りの場所をどこにするか」です。本人や家族の想いから、「自宅での最期」を選択した場合にどんな心構えや準備が必要になるのでしょうか。準備すること要介護認定の再審査を受...

続きを見る

施設での看取り

家族が終末期に差し掛かったとき、看取りの場所をどうするかは介護者にとっても本人にとっても大きな問題です。施設で暮らしている家族が終末期を迎えた場合に、どんな心構えや準備が必要になるのでしょうか。終末期の「看取り介護」とは医学的に医療の手を尽...

続きを見る

お墓にかかる費用とは

樹木葬や海洋散骨など、本人や家族の希望で様々な埋葬方法が選ばれるようになってきました。>>お墓や自然葬など“埋葬方法”の種類それでも一番選ばれているのは、墓地を購入し墓石を建てるお墓です。一般的なスタイルのお墓を建てるのにはどのくらいの費用...

続きを見る

生前整理と実家の片付け

親が亡くなった時に行う「遺品整理」。しかし長く年を重ねた人ほど、遺品は膨大な数になります。そこで大切なのが、親が亡くなる前に少しずつ「実家の片づけ」を行っておくことです。それにはどんなメリットがあり、どんな方法で行うのがいいのでしょうか。遺...

続きを見る

相続の仕組み

亡くなった人の財産を受け取ることを「相続」といいます。誰がどの程度受け取れ、また相続にはどのような制度があるのでしょうか。それぞれの名称と開始時期まず財産を受け継いた人を相続人、亡くなることで財産を与えた人を被相続人と呼びます。相続は被相続...

続きを見る

相続税について

財産の移転に伴い課税される相続税。多くの手続きが必要なうえ、発生してから10カ月以内に納税する必要があります。相続税が発生する金額相続税を納める必要があるのは、「相続」「遺贈」「死因贈与」のいずれかによって財産を取得した場合です。そして相続...

続きを見る

お葬式までにやることの流れ

やることはたくさんあるのに、なかなか慣れている人なんていないのが、危篤からお葬式までの段取りです。どんなことをどんな順番でするのかを、あらかじめ知っておくといざというときに慌てずに済みますし、それだけで安心できるものです。危篤時からお葬式ま...

続きを見る

喪主・親族が着用する喪服について

一般参列者として葬儀に参加したことがあっても、喪主や親族として初めて葬儀に参列する場合には、服装はどんなことに気を付けたらいいのでしょうか?喪服の種類と着用場面喪服には正式なものと略式なものがあり、喪主や親族は一般参列者よりも格上の喪服を着...

続きを見る

喪主の役割とあいさつ

介護の終わりを迎え、葬儀を執り行う際に決めなくてはいけないのが「喪主」です。喪主になると葬儀社や世話役と連携を取って、葬儀を執り行い、弔問を受け取ります。責任があるだけではなく、短期間でやらなくてはいけないことが多いため、睡眠時間がほとんど...

続きを見る

実家の「空き家」化-デメリットと対処方法について

相続を考えるときに、「実家」が問題になることがあります。「誰が相続するか」ということだけではなく、「どう処分するか」で悩む人も多いようです。結果的に「空き家」状態のまま放置されてしまうことがあります。 2013年に総務省統計局が行った...

続きを見る