介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

「 直後編(葬儀など) 」に関する解説・記事

介護のその先に避けては通れない、最後の大仕事が葬儀です。

ここでは葬儀について考えておかなければならないことをまとめています。

「直後編(葬儀など)」に属する記事一覧

ご家族が亡くなった後に必要な手続きと期限の一覧

故人を見送った後、辛い時期ではありますが葬儀や法要の手配と並行して必要な手続きを済ませなくてはいけません。 そんな必要な手続きを一覧にしてみましょう。 手続きの種類 期限 届出先 死亡届 (死...

続きを見る

お葬式までにやることの流れ

やることはたくさんあるのに、なかなか慣れている人なんていないのが、危篤からお葬式までの段取りです。どんなことをどんな順番でするのかを、あらかじめ知っておくといざというときに慌てずに済みますし、それだけで安心できるものです。危篤時からお葬式ま...

続きを見る

葬儀から初七日までの流れ

故人が亡くなられた後、最初に行われる法要が「初七日法要」です。亡くなられた方は7日ごとに計7回、生前の罪状などを裁く審判を受けます。初七日法要はその最初の審判の日に、故人の冥福を祈り、仏様を供養するために行われるものです。7回目の最後の審判...

続きを見る

喪主・親族が着用する喪服について

一般参列者として葬儀に参加したことがあっても、喪主や親族として初めて葬儀に参列する場合には、服装はどんなことに気を付けたらいいのでしょうか?喪服の種類と着用場面喪服には正式なものと略式なものがあり、喪主や親族は一般参列者よりも格上の喪服を着...

続きを見る

喪主の役割とあいさつ

介護の終わりを迎え、葬儀を執り行う際に決めなくてはいけないのが「喪主」です。喪主になると葬儀社や世話役と連携を取って、葬儀を執り行い、弔問を受け取ります。責任があるだけではなく、短期間でやらなくてはいけないことが多いため、睡眠時間がほとんど...

続きを見る

葬儀・告別式とは

通夜が明けた翌日に行われるのが葬儀・告別式です。最近では予算の都合や本人の希望により、通夜を行わず遺体が搬送された日に、葬儀・告別式を行う場合や、通夜も葬儀・告別式も行わずに火葬式のみを行うことがあります。本来、葬儀は故人を弔う宗教儀式で、...

続きを見る

お通夜とは

お通夜とは本来、遺族や親族、そして個人と近しい人たちが集まり、夜通し線香とろうそくの灯を絶やさないように見守りつつ、故人を偲び、遺体に付き添うものでした。最近では一般弔問客も迎え入れ、1~2時間程度でお通夜を行い、「通夜ふるまい」をして終わ...

続きを見る

仏壇・位牌とは

古い家には当然のように仏間があり仏壇が設置されていたものですが、2013年7月に発表された調査では、仏壇がない家庭が6割にのぼることが明らかになりました。そもそも仏壇や仏壇に安置する位牌とはどんな意味合いを持っているのでしょうか?位牌とは葬...

続きを見る

四十九日法要とは

亡くなられた方は7日ごとに計7回、生前の罪状などを裁く審判を受けます。その最初の審判の日に行うのが「初七日法要」です。最後の審判の日には四十九日法要を行います。>>葬儀から初七日までの流れ一連の法要は、遺族が祈ることで故人が生前に行なった善...

続きを見る