介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

「 その後編(手続き、片づけ、法事など) 」に関する解説・記事

「介護の終わり」の終わりについて解説しています。
ご自分の精神的なケアと同時に、事務的な手続きもあります。
がんばって乗り切りましょう。

「その後編(手続き、片づけ、法事など)」に属する記事一覧

大切な人を失った後の喪失感によって起こる変化

介護が終わった後に訪れる”悲嘆(グリーフ:GRIEF)”状態。どんな変化が起こり、どのように対処をするべきなのでしょうか。 介護者メンタルケア協会の橋中今日子さんに伺いました。 看取りを終えた後にやってくる”心の痛み”はとても自然な...

続きを見る

大切な人を失った後の喪失感、痛みから心を回復する方法:グリーフケア

介護が終わった後に訪れる”悲嘆(グリーフ:GRIEF)”は、心身や生活に変化を起こします。 >>大切な人を失った後の喪失感によって起こる変化 変化に対処をしながら進めていく“回復のステップ”について、介護者メンタルケア協会の橋中今日...

続きを見る

ご家族が亡くなった後に必要な手続きと期限の一覧

故人を見送った後、辛い時期ではありますが葬儀や法要の手配と並行して必要な手続きを済ませなくてはいけません。 そんな必要な手続きを一覧にしてみましょう。 手続きの種類 期限 届出先 死亡届 (死...

続きを見る

遺品整理や形見分け、遺品供養について

親などが亡くなった場合、残された家族は故人の身の回りのものを「遺品整理」しなければなりません。また大切なものは「形見分け」をし、「遺品供養」する場合もあります。それらはいつ、どのように進めればいいのでしょうか。遺品整理の目安は四十九日亡くな...

続きを見る

納骨と納骨式とは

遺骨は一般的に四十九日までは自宅に安置され、その後お墓などに納骨されます。その際に行われるのが「納骨式」です。納骨式の時期早い場合には火葬した当日に行われますが、一般的には四十九日法要と一緒に納骨式を行います。ただし、先祖代々のお墓があった...

続きを見る

生命保険に関わる手続きと税金について

亡くなった後、遺された家族が困らないようにと入る“生命保険”。故人が生命保険に加入していた場合、加入先の生命保険会社へ死亡保険金の請求を行います。 請求期限は一般的に3年以内(かんぽ生命は5年以内)となっており、これを過ぎると...

続きを見る

新盆・初盆供養について

お盆とは7月もしくは8月に行われる、ご先祖様を祀る仏教行事です。故人が亡くなり、四十九日を終えて初めて迎えるお盆は「新盆」または「初盆」と呼ばれ、親族や知人などが集まって、手厚い供養が行われます。親族として新盆・初盆供養にはどんな準備をした...

続きを見る

喪中はがきなど、喪中のマナーとは

喪中とは、近親者が亡くなった際に、死を悼んで身を慎む期間のことです。仏式では、四十九日が過ぎるまでの期間、神式では五十日祭、キリスト教なら1カ月後の召天記念日または五十日祭までを「忌中(きちゅう)」と呼びます。「喪中(もちゅう)」は、宗教に...

続きを見る

実家の「空き家」化-デメリットと対処方法について

相続を考えるときに、「実家」が問題になることがあります。「誰が相続するか」ということだけではなく、「どう処分するか」で悩む人も多いようです。結果的に「空き家」状態のまま放置されてしまうことがあります。 2013年に総務省統計局が行った...

続きを見る

一周忌・年忌法要とは

1年に1度やってくる、故人が亡くなった日にちを「祥月命日」と呼びます。最初にやってくる祥月命日に「一周忌」を行い、その後、三回忌、七回忌、十三回忌……と、三と七の付く年の祥月命日に行う法要を、「年忌法要」と呼びます。亡くなった年も入れて数え...

続きを見る