介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

「 ベッド・寝たきりの介護 」に関する解説・記事

被介護者がベッドや布団に寝たきりになるケースは多いものです。
また寝たきりの状態では、床ずれが発生しやすく、被介護者の生活レベルを下げてしまう場合があります。
ここでは、ベッドや布団に寝た姿勢で、おむつを取り替えたり、床ずれを防止する方法を解説します。

「ベッド・寝たきりの介護」に属する記事一覧

下着・寝巻きを取り替えるときのコツ

在宅介護において、体位変換と同様に大切なのが衣類の取り替えです。 人は、寝ている間でも多くの汗をかきます。そのため、清潔な状態を保つためにもこまめな着替えが必要です。 運動する機会の少ない高齢者にとって、着替えは貴重なリハビリと...

続きを見る

褥瘡(じょくそう)とは 原因と予防方法

褥瘡(じょくそう)とはいわゆる床ずれのことです。 同じ体制で長期間寝たきり・座りきりの状態になった場合、接触部分の皮膚や皮下組織が圧迫されて血行が悪化。その結果、周辺組織が壊死した状態を褥瘡(じょくそう)と言います。 褥瘡(じょ...

続きを見る

体位の変え方

介護において、体位変換は避けて通れない作業のひとつです。 床ずれの予防策としても有効であり、体位の変え方を覚えることは、介護を行う人にとって必須と言えるでしょう。 体位を変えるにあたっては、その種類を覚えておくことが大切です...

続きを見る