介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

室内の段差解消スロープ とは?

 

段差解消スロープとは

室内で使用する段差解消スロープは、主に敷居などの小さな段差などを解消するためのものです。このスロープは室内での車椅子での移動を可能にする、転倒予防によるけがを予防するなどの役目があります。

小さな段差を解消する

高さは15mm程度から80cm程度まで対応し、幅に合わせて切って使用することができるようになっています。また、コーナーに適したものもあるため、段差に合わせて使用することが可能です。

素材について

室内で使用する段差解消スロープは、つまずいても怪我をしにくい柔らかい素材でできたものや、床の色になじむような木目調の物など様々な種類があります。

img_a004009_002_01

引用元:lixil.co.jp

段差解消スロープ設置のメリット

段差を解消することにより、様々なメリットがあります。メリットについて詳しく見ていきましょう。

転倒予防

高齢になると、小さな段差でもつまずき転倒する可能性があります。その段差を解消することにより、転倒の危険性を軽減することができるのです。

車椅子が移動しやすくなる

車椅子を必要とする場合、小さな段差でも移動の妨げになります。段差を解消することにより、行動範囲が広がり、介護者の負担の軽減にもつながります。

寝たきり予防になる

歩行や車椅子などにより、自分の力で移動できると、行動範囲が広がります。行動範囲が広がると自分でできることが増え、結果として寝たきりの予防につながります。

設置の注意点

室内の段差を解消しつまずきを予防するために、段差解消スロープを適切に設置しましょう。

素材を選ぶ

目的に応じた素材の段差解消スロープを選びましょう。例えば、車椅子を使用する場合は、車椅子に対応しているものを選びましょう。他にも、柔らかい素材のものは、つまずいてもけがをしにくいためお勧めです。

段差や幅を合わせる

段差の高さを測り、ちょうど良い高さのものを準備します。少しでも段差があると、つまずきやすくなるため注意が必要です。また、幅も合わせるようにしましょう。

しっかりと固定しましょう

設置した段差解消スロープが動くと大変危険です。動かないようしっかりと固定する必要があります。両面テープやネジなどで固定するものがあるので、取扱説明書をよく読み固定しましょう。

段差解消スロープを設置する場合の費用

介護保険制度を利用して段差解消スロープを設置する場合は、住宅改修と福祉用具貸与が適応になります。利用するための条件として、被保険者証を持ち、要介護認定されていることが必要となります。それぞれにかかる費用について見てきましょう。

住宅改修する場合

住宅改修によって手すりの設置や段差の解消の目的でスロープを設置する場合、住宅改修費の適応となります。支給限度額は20万円までで自己負担は1割(一定以上の所得がある場合は、所得に応じて2割または3割*1)になります。工事にて段差解消スロープを設置する場合の自己負担額は、1カ所1,000円程度となります。 

レンタルする場合

室内用の段差解消スロープは、福祉用具貸与の対象となりレンタルが可能となります。自己負担額はレンタル料金の1割(一定以上の所得がある場合は、所得に応じて2割または3割*1)となり、1つの段差解消スロープのレンタル自己負担額は、1割負担の場合で1月50円程度となります。

(*1)3割負担は平成30年8月から

a_7_11

引用元:healthrent.duskin.jp

購入する場合

段差解消スロープを購入する場合は、介護保険制度の適応外となります。そのため、全額自己負担となるため注意が必要です。購入場所は、福祉用具を扱っているお店やホームセンター、ネット通販などがあります。

>>介護用スロープ の利用方法と選び方
>>介護を行うための住宅環境整備
>>介護用品と福祉用具の違い

>>福祉用具レンタルの無料相談


【この記事の監修者】

中村 静江(なかむら しずえ) /訪問看護ステーションとんぼ