介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

ポータブル トイレの処理方法

ポータブルトイレの処理方法とは?

ポータブルトイレの構造

ポータブルトイレは、小さなお子さんが使う「おまる」の大人用と考えるとわかりやすいです。便座の下に排泄物が入る「中バケツ」があります。中バケツには臭い防止のふたがあり、用を足すときはふたを取って使います。

排泄物の処理方法

トイレが済んだあとは、中バケツを取り外して中の排泄物をトイレに流すのが一般的です。その後中バケツを水で流します。ご家庭ではお風呂のシャワーを使うことが多いと思います。

お風呂で洗うのはちょっと…、という方は、ペットボトル等に水を入れて用意しておき、トイレに排泄物を流したあと、トイレ用のブラシと洗剤を使って掃除してそのまま水で流すという方法もあります。

簡単に処理する方法

トイレットペーパーや流せるタイプのペーパータオルを中バケツの底に敷いておくと、汚れがつきにくくなります。流せるタイプでも量が多いと家庭のトイレが詰まる原因になりますから注意しましょう。

また、中バケツの中に前もって少し水を入れておくと、流れやすくなります。 

処理グッズを使用するとさらに便利

ポータブルトイレにセットして使う紙バッグがあります。排泄物をバッグ内のポリマーで吸収し、そのまま丸めて燃えるゴミに捨てることができるので簡単です。

ポータブルトイレ2

引用元:poilet.jp

臭いも残りにくく、水洗いの手間がなくなるため便利です。使い捨てのため、コストがかかるのがネックですが、介護負担を考えると検討してもいいかもしれません。

気になる臭いへの対策

すぐに処理する

部屋にポータブルトイレを置くことに抵抗感を感じる方は多くいます。その最も大きな理由が「臭い」だと思われます。臭い対策で最も大事なのは、排泄物をそのままにせずに、できることなら毎回処理をすることです。

ポータブルトイレを掃除する

臭いがつきやすい中バケツは、毎回キレイに洗っておきましょう。使わない時には乾燥させておくことも大事です。また、漂白剤につけておくのも有効です。

中バケツだけでなく、ポータブルトイレの本体も定期的に掃除をしましょう。飛散した排泄物が臭いの原因となることもあります。トイレ用のペーパータオルや漂白剤につけた雑巾などを使用するとよいでしょう。

消臭剤を使用する

ポータブルトイレは部屋に置くものなので、トイレ用の強い香りの芳香剤ではなく、無臭タイプのものがよいでしょう。用を足した後にすぐに使えるスプレータイプも便利です。

高機能ポータブルトイレの紹介

処理が簡単なラップ式ポータブルトイレ

排泄の度に排泄物を自動でラップにくるんでくれる高機能ポータブルトイレもあります。ラップで密封するため、臭いも気になりません。くるまれた排泄物は、おむつと同じように燃えるゴミとして捨てることができます。

ポータブルトイレ1

引用元:wrappon.com

排泄物を分解するバイオトイレ

微生物の力で排せつ物を分解することができるトイレです。専用のバイオチップを敷き詰めたポータブルトイレに排泄すると、排泄物がバイオチップと撹拌されて、やがて分解されます。

>>ポータブルトイレ (持ち運びトイレ)とは 選び方と利用方法
>>特定福祉用具販売 とは 特徴と使い方
>>ポータブルトイレの使い方

>>福祉用具レンタルの無料相談


【この記事の監修者】

中村 静江(なかむら しずえ) /訪問看護ステーションとんぼ