介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

介護ベッドのレンタル と購入の費用は?

立ち上がる動作や起きる動作を補助するため、使う人が楽になる介護ベッド。自宅でシニアをお世話している人なら、レンタルや購入などで導入を考えたことがあるのでは。気になる介護ベッド(特殊寝台)のレンタル と購入の費用、介護保険が使えるかなど、介護ベッドに関する情報をお届けします。

>>特殊寝台(介護用ベッド・電動ベッド)とは 種類と選び方

介護ベッド(特殊寝台)を使うならレンタル?購入?

介護ベッドのレンタル はできるの?

介護ベッド というと高額なので、購入をためらうかもしれません。しかし安価にレンタルできるなら、暮らしの質を上げるためにも導入したいと思いませんか?レンタルまたは購入について、詳細を確認してみましょう。

介護ベッドのレンタル と購入の費用は? スタンダード
引用:ダスキンヘルスレント

>>福祉用具レンタルの無料相談

介護ベッドのレンタル に介護保険は使えるの?

介護ベッドを導入したいなら、介護保険を使えるかどうか気になるところ。レンタルするにあたり介護保険が使えるかというと、条件付きですが可能です。費用も安価なので、早めに利用を検討してみませんか?

購入もできる?介護ベッド

介護ベッドを購入したい人もいるかと思いますが、シンプルなものなら2~3万円からあります。仕様によって価格は異なるので、どのような機能が必要か、購入する前にケアマネージャーに相談するのも一案です。

とはいえ介護ベッドは高い買い物、そこで注目したいのが、中古介護ベッド販売業者の利用です。新品よりも数万円は安く、洗浄や消毒もされているので安心。または、オークションなどで一般人から買う方法もあります。

介護保険を使って介護ベッドの導入を

気になるレンタル、購入の費用

では 介護ベッドのレンタル 費用は、どのぐらいするのでしょうか?介護保険を利用すれば1割負担で月額1,000円以下から借りられるタイプもあるので、思っていたより安いと感じるのではないでしょうか。

自費でのレンタルだと全額自己負担なので、月額1万円前後してしまいますが、シンプルなタイプならば、自費でも月額数千円で借りられるものがあります。

購入の場合、残念ながら介護保険は適用されません。自費で購入するとなると、高価なタイプだと20万円以上かかることも。ただし不要になった際買取をしてくれる業者もあるので、下取り価格を前もって相談してみては。

>>福祉用具レンタルの無料相談

ベッドの種類とレンタル費用の違い

介護ベッドは種類があり、レンタル費用も異なります。標準タイプなら月額1,000円位からありますが、超低床機能設計や背中を起こす際に傾斜をつけるなど、機能がプラスアルファされると月額1,300円位になります。

また、細かい設定ができるかどうかという機能の有無の他に、インテリアとしての高級感など、デザインによっても価格は変わります。デザインよりもスペック重視なら、使う人にとって何が必要かをヒアリングしましょう。

ベッド導入にあたっての介護認定の制限は?

介護保険を使って介護ベッドをレンタルする場合、対象は要介護度2以上となります。しかし要支援や要介護1であっても、福祉用具を必要としている状態ならば、例外給付申請を行うことで利用が認められることがあります。

>>要介護認定、認定調査の手続きと流れ

介護ベッドを実際に確認する方法

大きい器具だからこそ、サイズ感を確かめたい

介護ベッドは普通のベッドよりもやや大きいので、部屋によってはベッドだけでいっぱいになってしまうことも。そうならないためにも、ベッド販売業者やメーカーの店舗に行き、サイズを確かめボリューム感も確認を。

また、ベッドが使う人のサイズに合わないと、体がずれることにも注意したいもの。それを避けるためには、実際に店舗で使ってみて確認を。心配であれば、ケアマネージャーなどにも選ぶポイントを尋ねてみましょう。

介護ベッドを見ることができる場所とは

介護ベッドを使いたいけれど、部屋が狭いので心配…という人は、ベッドのサイズ感を実際に見てみたいかと思います。では店舗などで介護ベッドを見るには、どこへ行けばよいのでしょうか?

フランスベッド、パラマウントベッドなどの大手販売業者なら、ショールームがあったり提携店舗に実物を置いているので、まずはそこへ見に行ってみましょう。店舗の場所は、業者のホームページにたいてい掲載されています。

結局レンタルと購入、どちらがいいの?

さて、介護ベッドを導入するにあたり、結局のところレンタルと購入のどちらが良いのでしょうか。これはレンタル料金の安さからして、レンタルに軍配を上げざるを得ないでしょう。

レンタルならば、使う人の体に合わなかったり、介護度合いの変化に応じてベッドの種類を変えることも簡単です。レンタルする際には介護保険を利用して、ぜひ費用を抑えましょう。

介護ベッドをレンタルする場合、マットレスや床ずれ防止グッズも合わせてレンタルしましょう

>>体位変換器とは 選び方と使い方 じょくそう防止に効果あり
>>床ずれ防止用具・じょくそう防止用具の種類と選び方

最後に

ここまで説明してきたレンタル費用や購入価格は、あくまで一例となっています。

福祉用具・介護用品を選ぶ際には、福祉用具の専門員(福祉用具専門相談員)や
専門ショップの店員さんに相談したうえで選ぶといいでしょう。

介護保険制度を利用したサービスについては、各市区町村で異なる場合があるので
ケアマネージャーや介護保険担当窓口で事前にご確認すると安心です。

ケアマネジャーのいない方は、地域包括支援センターや自治体の高齢者窓口、
社会福祉協議会に問い合わせをしてみてください。

>>福祉用具レンタルの無料相談


【この記事の監修者】

中村 静江(なかむら しずえ) /訪問看護ステーションとんぼ