介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

187,888件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは

ケアマネジャーとは

ケアマネジャー(介護支援専門員)の役割

ケアマネジャーは正式名称を「介護支援専門員」といい、2000年に「介護保険制度」が導入された際に誕生した資格です。要介護者本人の自立や尊厳を保持して、その人らしく暮らせるように支援します。

介護認定を受けた要介護者やその家族からの相談に応じたり、利用者の希望をヒアリングしたうえで、適切な介護保険サービスが受けられるようにケアプランを作成し、関係機関との連絡や調整を行ったりします。

つまり、ケアマネジャーには「介護が必要な人と介護保険サービスをつなぐ」という大切な役割があるのです。

ケアマネジャーの所属場所

ケアプランを作成してもらうために、ケアマネジャーを探す場合、どうしたらいいのでしょうか?

ケアマネジャーは主に居宅介護支援事業所もしくは介護保険施設、介護療養型医療施設、高齢者住宅などに所属しています。
>>居宅介護支援事業所とは

自宅で生活をしている場合には、地域包括支援センターまたは市区町村の窓口などに問い合わせると、住んでいる地域を担当している居宅介護支援事業所を教えてもらえますので、問い合わせましょう。施設に入所している場合には、その施設に所属しているケアマネジャーにお願いします。

ケアマネジャーになれる人

ケアマネジャー(介護支援専門員)を国家資格と思っている人は多いかもしれません。実際は、各都道府県が管轄している介護支援専門員実務研修受講試験に合格しさらに、87時間の研修を受けることで取得できる資格です。

介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格

●介護福祉士、看護師、医師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、栄養士などの国家資格があり、実務経験が5年以上ある人
●生活相談員、支援相談員、相談支援専門員などの相談援助業務に従事し、5年以上の実務経験がある人
●介護などの実務経験が5~10年以上ある人

ケアマネジャーによって異なる得意分野

ケアマネジャーの受験資格は複数あります。そのため一言で「ケアマネジャー」と言っても、それまでの経歴や所有資格は異なります。

ケアマネジャーによって得意分野が異なるため、「認知症ケアに慣れている人がいい」「持病があるので医療系の知識がある人がいい」など、希望するケアマネ像をあらかじめ考えておき、担当者を決める際には複数の候補と面談したうえで絞り込むといいでしょう。

ケアマネジャー(介護支援専門員)ができること

ケアマネジャー(介護支援専門員)の仕事は多岐にわたりますが、主な業務は以下の通りです。

要介護認定業務

市町村から委託を受け、要介護者の自宅を訪問し、心身の状態を確認します。
また、更新申請に関する書類作成の代行業務を行います。

ケアプランの作成や管理・介護サービス業務

重要なのが、ケアプランの作成です。課題分析(アセスメント)を行い、目標を設定したうえでケアプランは作成されます。
>>ケアプランとは

これなしで介護保険サービスは受けられません。また、ケアマネジャーしかできない仕事であり、ケアマネジャーの最も重要な役割といえます。このケアプランとは、わかりやすく言えば介護サービスのスケジュール表のようなものです。

さらに実際に介護サービスが開始されれば、定期的に要介護者の自宅を訪問し、健康状態やサービスなどをモニタリング。目標が達成できているか、不満はないかなどを評価します。

給付管理業務

支給限度額の確認と利用者負担額の計算を行います。
サービス利用票などを作成し、給付管理票を作成・提出します。

要介護本人や家族からの相談業務

要介護者からだけではなく、要介護者に大きな影響を与える家族からの相談を受けるのも大切な業務です。介護家族は積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

ケアマネジャー(介護支援専門員)ができないこと

一方で、ケアマネジャーにはできないこともあります。
それは、ホームヘルパーが行うような要介護者への身体介護や生活支援などです。

【身体介護】排泄介助、食事介助、着替え介助、入浴介助、洗面介助、体位変換、移動介助など
【生活支援】住居の掃除、食事の用意、洗濯、買い物など

つまりケアマネジャーができるのは、どのような介護サービスを受けるかの計画を立てるところまで。その先の実際に行う介護は、ホームヘルパーの仕事になります。

ケアマネジャー(介護支援専門員)に交代して欲しいとき

得意分野や経験の異なるケアマネジャーは、もちろん個性もそれぞれなので、やはり「合う・合わない」があるのも事実です。
ケアマネジャーにはさまざまな相談にのってもらう必要があるため、合わないと思った時には遠慮なく申し出ることが大切でしょう。

本人に伝えにくい場合は、地域包括センターや市区町村の介護保険課に相談するのもひとつの方法です。
>>ケアマネジャーを選びたいときの相談先

なお、すでに介護サービスを受けている場合は、ケアマネジャーが変更しても、そのままサービスを継続できることがほとんどになります。